2018年7月16日 (月)

細江神社「祇園祭」 2018

地震の神様として親しまれている浜松市北区細江町の細江神社の例大祭「祇園祭」は15日が最終日。  (写真をクリックで拡大
A1_dsc04319b A2_dsc04321b
赤い衣装の女子児童4人が笛と太鼓の音色に合わせ、優雅な舞を奉納。
A3_dsc04332bh
神事の後、揃いの姿の青年や地元住民が曳舟橋近くの都田川の河岸まで運び、
B1_dsc04372hb
D1_dsc04399hb E1_dsc04402hb_2

神事後船で海上渡御に出発.。神職がおはらいをしながら海上を進む。
F1_dsc04431hb
ご神体を載せた船が奥浜名湖を渡り、地震、津波からの地域の安全を祈願する海上渡御が執り行われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

旧三井家下鴨別邸(重要文化財)

二日目の朝も降り続く雨。三千院見学を諦め、帰路に。

途中、下鴨神社に隣接する旧三井家下鴨別邸に立ち寄った。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc04293hb
玄関棟
B1_dsc04306hb
主屋の観覧は1階部分と庭園だけで、2階・3階(望楼)は非公開
C1_kyumituikebhb
御座敷からは、苔地の庭に広がる濃い緑がきれい。
D1_dsc04303hb
E1_dsc04297hb
水屋と中庭
F1_dsc04300b F2_dsc04302b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

エクシブ京都 八瀬離宮へ

京都旅行の日(7月6日)は、各地で大雨。新幹線も浜松駅で大幅な遅れ。
約束済みだったので、とにかく京都までと新幹線に飛び乗った。
A0_dsc04228hb_4
正規時刻に対し100分遅れで京都着。
京都も雨は降りつづき、まず「世界遺産・二条城」見学へ。
続いて本日の宿泊場所である「エクシブ京都 八瀬離宮」へ。
A2_dsc04289b B1_dsc04290b_2
ホテルは濃い緑に囲まれ比叡の眼下に広がる静かな自然の中に建つ。
B3_dsc04279bh
夕食は、「鉄板コース」
C1_dsc04268hb_2
D1_dsc04269b_2 D2_dsc04270b
朝食は、「和食」
E1_dsc04282hb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

世界遺産二条城

以前からの計画で、義理の兄夫婦の招待で京都エクシブへの一泊旅行。
 
午前中は、京都観光。京都駅からほど近い世界遺産「二条城へ」
 
二条城は、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所のため築城。
写真をクリックでk拡大
A1_dsc04231hb
外堀の隅には、東南隅櫓、西南隅櫓(重要文化財)が残る。
B1_dsc04257b B2_dsc04258b

唐門(重要文化財)は、豪華絢爛な極彩色の彫刻を飾る。
C1_dsc04252hb

1867年、15代将軍慶喜が{大政奉還」の意志を表明。
D1_dsc04250hb_2

二の丸庭園、寛永3年後水尾天皇行幸のため小堀遠州のもとで改修
E1_dsc04246hb
二条城は平成6年、ユネスコ世界遺産に登録された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

梅雨の晴れ間、ハス色鮮やかに

梅雨の晴れ間を利用して、浜名湖ガーデンパークでウォーキング。
東西運河沿いの入り江では、ハスやスイレンが色鮮やかに咲いて。
写真をクリックで拡大
A1_dsc04209hb
B1_dsc04200b B2_dsc04204b
B4_dsc04182hb
水の庭に珍しい黄金ユリが目を引いて。
C2_dsc04196hb
色鮮やかなグロリオサも咲いて
D1_dsc04178hb_2
紫陽花の小径の紫陽花も美しく咲いている。
E1_dsc04223hb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梅雨の晴れ間に(四ツ池公園)