« 二川中継所 | トップページ | 小国神社 »

2006年1月 3日 (火)

赤池山白華寺

正月3日初詣をかね、同じ町内(浜松市上島)の赤池山白華寺へお参りに出かけた。
朱の鮮やかな薬師堂のなかは天井から「赤池山」と書かれた大きな提灯が吊り下がり、格天井には、美しい花鳥図が描かれている。
このお寺は天竜川を渡る旅人や周辺の住人の安全を守るために建立された。昔の天竜川の流れは広大で、磐田(岩田)から浜松北部にかけては海であり、渡海の旅人の安全を脅かしていたという。当初は真言宗の寺であり六ヶ寺を有していたが明治時代に黄檗宗に改宗された。
薬師堂の横には東征で有名な坂上田村麻呂将軍と“赤蛇”との間にできた子どもの話など、寺の由来が記されている。
写真をクリックで拡大
O_DSC01152 TY_DSC01151  T_DSC01143

|

« 二川中継所 | トップページ | 小国神社 »

コメント

上島地区にこのようなお寺のあることは知りませんでした。
今は天龍の水も涸れて、海のような天龍は想像に難いが、昔は渡海と言われるほどだったのですね。
寺はカラフルで格天井の植物の画も綺麗ですね。

投稿: Alps | 2006年1月 5日 (木) 08:46

コメント有難うございます。
坂上田村麻呂将軍と赤蛇伝説のあるお寺で
す。この白華寺の近くの有玉神社には赤蛇が
田村麻呂将軍に残したといわれる"玉”が伝
わっていて、この機縁から「有玉(ありたま)」
という地名が起こったと云われています。
また、白華寺は盛岡にある大慈寺(原敬の菩
提寺)の住職が兼ねています。

投稿: HK | 2006年1月 6日 (金) 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/7979851

この記事へのトラックバック一覧です: 赤池山白華寺:

« 二川中継所 | トップページ | 小国神社 »