« 小国神社 | トップページ | 蝋梅の花・アメリカヤマボウシ »

2006年1月12日 (木)

二川宿本陣

今日(1月12日)豊橋からの帰路、二川にある復元・改修された二川宿本陣と本陣資料館を見てきた。

本陣は江戸時代に大名・公家・幕府役人などの身分の高い人々が宿泊したり休憩する施設であり、参勤交代制度が始まったころから整備された。
大名の宿泊施設として利用されるようになると建物が書院造で門と玄関を備え、上段の間を有する広大な規模となった。
二川宿本陣の経営は後藤家・紅林家そして馬場家へ代わり明治維新まで続いた。

明治になり本陣が廃止となり、馬場家も以降は醸造業を営むようになったと云う。
また、馬場家から土地と建物を寄付された豊橋市は改修復原工事により主屋・玄関棟・書院棟・土蔵等を江戸時代の姿に復原し、併せて関連資料を展示する二川宿本陣資料館を建設した。「本陣間取図」

二川が江戸時代には東海道53次の、江戸日本橋から数えて33番目の宿場町として栄えた往時の姿を見たおもいである。
写真をクリックで拡大
a_DSC01250 b_DSC01232 c_DSC01234
     二川宿本陣               表門               式台

d_DSC01237 e_DSC01226 f_DSC01240
       玄関               上段の間              東土蔵

|

« 小国神社 | トップページ | 蝋梅の花・アメリカヤマボウシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/8129194

この記事へのトラックバック一覧です: 二川宿本陣:

« 小国神社 | トップページ | 蝋梅の花・アメリカヤマボウシ »