« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

小国神社の紅葉

遠州森町小国神社のモミジは境内の宮川沿いに、美しさを競っていた。
(写真をクリックすると拡大)
F_sc03455 D_dsc03430 E_dsc03459
今年は、黄色いモミジが、ことのほか映えていた。
A_dsc03462 B_dsc03433 C_dsc03451
水面に映る紅葉と落ち葉はまるで絵模様のようだった。
H_dsc03439 G_dsc03435

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

二俣城址の秋

戦国時代に今川、武田、徳川の争いの舞台となった二俣城。城址内は静かに、ゆく秋を惜しむかのようなたたずまいであった。
(写真をクリックで拡大)
A_dsc03292 B_dsc03295
C_dsc03299 D_dsc03294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

鳳来寺山

鳳来寺山の紅葉を見に出かけた。今が見ごろ。
真っ赤な葉、黄色の葉が見事なグラデーションを作り上げていた。
(写真をクリックで拡大)
A_dsc03283 B_dsc03232
C_dsc03227 D_dsc03236
C2_dsc03264 D2_dsc03276

東照宮にいたる参道から眺めた鐘楼と、近くで見た鐘楼
E_dsc03280 F_dsc03268 G_dsc03271

東照宮の入り口に、「東照宮は、日本の三東照宮の一つであり、松平広忠の夫人、伝通院於大の方が、鳳来寺薬師如来に祈願して、家康が生まれたと伝えられ、その因縁により3代将軍家光が造営した」としるしてあった。中には葵のご紋入りの石灯篭が(近隣の藩主から寄進されたもの・・・)
H_dsc03247 I_dsc03249

奥の院の岩壁には人影が。 眼下には麓の集落が・・・
J_dsc03281 K_dsc03282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

モミジバフー

近くの公園の木々もようやく色付いてきた。モミジバフーが赤くなり、みどりの木葉との淡いコントラストが美しい。
(写真をクリックで拡大)
A_dsc03211 B_dsc03210

今年の紅葉は遅れているとのことだが、ようやく身近な風景も秋らしくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

葦毛湿原(11月)

11月の葦毛湿原の様子です。
湿原の草花はめっきり少くなった。注意深く散策路を進めると、小さな白い花を発見。初めて見る「ウメバチソウ」だ。その名の由来は、花姿が菅原道真の家紋に似ているからという。
また、「ヤマラッキョウ」があちらこちらで紫色の花を咲かせていた。
(写真をクリックすると拡大)
A_dsc03196_1 B_dsc03190
          ウメバチソウ                    ヤマラッキョウ

よく見ると、「スイラン」や「マアザミ」もひっそりと花を付けていた。
C_dsc03202 D_dsc03204
          スイラン                        マアザミ

まもなく秋の終わりとなる湿原は、枯れ草が目だってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

日本三景 松島

みちのく二日目の旅の締めくくりは、宮城県仙台市太白区にある秋保大滝(あきうおおたき)だ。
「日本の滝100選」に選ばれ、国の名勝に指定されている。轟音をたてて流れ落ちる様は豪快。
(写真をクリックで拡大)
1_dsc03020 2_dsc03022 3_dsc03023
        秋保大滝         秋保大滝不動尊       二日目の宿 佐勘

3日目のスタートは松島湾めぐり。天気に恵まれ、湾内の景色は素晴らしかった。
Xa_dsc03029_1 Xb2_dsc03061 Xb_dsc03064_1
   海から見た五大堂        鎧島(よろいじま)        兜島(かぶとじま)

Xc_dsc03034 Xc2_dsc03059 Xd_dsc03051
       湾内の島            湾内の島            湾内の島
 
3日目の最終は伊達家の菩提寺である瑞厳寺を拝観。
A_dsc03075 B_dsc03078 C_dsc03087_1
      参道           参道脇の洞窟と仏像            中門

D_dsc03084 E_dsc03088
         本堂(国宝)                 御成門(国重要文化財指定)

初めてのみちのく旅、楽しく過ごすことができた。次回は今少し的を絞った旅にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

中尊寺

みちのく、2日目後半は平泉・中尊寺へ向かう旅だ。

中尊寺は850年、天台宗東北大本山。山号を関山といい慈覚大師によって開かれた。
そして12世紀のはじめ、奥州藤原氏の初代清衡公が前九年・後三年の合戦という東北地方で長く続いた戦乱で亡くなった人々の霊を慰め、仏国土を建設のため、多くの堂塔伽藍を造営した。
争いのない平和で平等な社会を作りたいとを願っていた藤原清衡公を思い、境内を見学した。
(写真をクリックで拡大)
拝観のスタートとなる月見坂と藤原三代の霊廟であり、中尊寺の信仰の中心・金色堂
1_dsc03011_1 A_dsc02978 B_konjiki454
    月見坂の上り口         金色堂新覆堂          金色堂(HPより) 

経堂、新覆堂建設の際、現在地に移築された旧覆堂そして法要儀式が行われる本堂
C_dsc02980_1 F_dsc02987 H_dsc02998
      経蔵              金色堂旧覆堂                         本堂

平泉で非業の最期を遂げた源義経と弁慶の木造が安置されている弁慶堂と1343年に鋳造された梵鐘を収めた旧鐘楼
Dsc03004 N_dsc02996 K_dsc03010
       現在の鐘楼            旧鐘楼                               弁慶堂

金色堂の脇に建つ芭蕉の「五月雨の降のこしてや光堂」の句碑。   
D_dsc02984 E_dsc02983
         松尾芭蕉の象                                                    句碑

きわめて限られた時間のため、十分見学できなかった。何時の日か再度ゆっくり訪れたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

浜名湖ガーデンパーク(2)

秋の陽ざしを浴びながら浜名湖ガーデンパークをのんびり散策した。
草花を撮りながら園内を一周。木々も次第に色付き、美しくなってきた。
(写真クリックで拡大)
A_dsc03152 B_dsc03161 C_dsc03150
       運河沿いの木々も色付き始めた              モネの池とススキ

D_dsc03140 E_dsc03170
        白いシュウメイギク                ピンクのシュウメイギク

F_dsc03148 G_dsc03156_1
         紫色の美しい花                   何の花かな???

H_dsc03168 I_dsc03163
          イソギク                     ホワイトミルカ

花博当時の賑わいはウソのよう。次第に秋らしくなった園内を散策する人の姿も、まばらだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »