« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月24日 (水)

舘山寺フラワーパーク

大寒に入っても寒い日は続かず、今日も暖かな一日となった。久しぶりに舘山寺フラワーパークへ。

冬桜が可憐な小さな花を付け美しい。また、沖縄のカンヒザクラの実生から育成された、舘山寺桜も開花。(写真をクリックで拡大)
A_dsc03578 B_dsc03581_1
           冬桜                            舘山寺桜

園内には数多くの花が育成されているが、自然に近い状態で咲いている水仙菜の花につい目がいってしまった。
C_dsc03587 D_dsc03584
            水仙                          菜の花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

梅一輪

 梅一輪 いちりんほどの暖かさ   服部嵐雪
 (写真をクリックで拡大)
C_dsc03539
 2日前の蕾が、ようやく開花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

小さな梅の木の蕾が膨らんできた。昨年よりも早く開花しそうだ。
寒さの中で凛とした蕾に何ともいえない美さを感じる。
春が待たれる。
(写真をクリックで拡大)

C_dsc03530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

初詣

今年も豊川稲荷へ初詣に出かけた。何時ものように本殿には大勢の人が参拝していた。
「稲荷」と称するが神社ではなく寺院であり、正式には寺号は妙厳寺(曹洞宗)と云う。でも、本殿の正面参道に立派な石造りの鳥居が立っているのを見ると豊川稲荷の略縁起は神だろう。
(写真をクリックで拡大)
A_dsc03512 B_dsc03515
         豊川稲荷大本殿                大祭に灯のともる大提灯

参拝をすませ、奥の院へ。奥の院に通ずる参道の両側に祈願の千本幟が立ち並び、その奥に弘法堂、景雲門等の堂塔があった。
C_dsc03523 D_dsc03516
             景雲門                        弘法堂

E_dsc03518 F_dsc03521
         奥の院本殿                   本殿の梁の登龍・下り龍

明治初頭の神仏分離の嵐が吹き荒れるまでは、神と仏とがどんな姿で共存して来たのだろうかと、ふと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »