« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

奥山の桜

方広寺奥山半僧坊へ出かけた。(3月30日)
まちなかは選挙戦のさなか、一歩山門を入ると別世界。らかん坂で一人羅漢さんをスケッチする人、半僧坊真殿で座禅を組み瞑想にふける女人、奥山公園の池の水面に映る桜に筆をはこぶ人など静かに時を刻む空間があった。 (写真をクリックで拡大)
A_dsc04265  B_dsc04269
C_dsc04272 D_dsc04281 E_dsc04282
F_dsc04297_2 G_dsc04289_2 H_dsc04278_2 
J_dsc04329
まもなく桜も満開の時をむかえ、花見の人々で賑やかになることだろう。

帰路、龍潭寺と井伊谷宮に寄った。
K_dsc04346 L_dsc04343
           龍潭寺の桜                     龍潭寺の桜
N_dsc04352 M_dsc04350_1 
          井伊谷宮の桜                井伊谷宮のシャガの花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

散策路の桜

今年の桜の開花は静岡が日本一早いと報道された。その後訂正され、ようやく3月24日に開花宣言が出た。これでもいつもより4日早いとか・・・ (写真をクリックで拡大)
A_dsc04251 B_dsc04247_1
         市営球場脇の桜                球場脇の満開の大島桜

C_dsc04259 D_dsc04254
          四ツ池の桜                    四ツ池の山吹

3月28日現在、四ツ池公園の桜は3分咲き程度だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

カタクリの花

このところ春らしくなり、浜北の万葉の森に出かける回数も増えてきた。買い物帰りにぶらっと寄ってみたら、入口近くのしだれ桜の美しいピンクの花、鮮やかな柳の新芽、また可憐な小さなスモモの白い花が目に入ってきた。 (写真クリックで拡大)
A_dsc04191  B_dsc04193
C_dsc04188_1 D_dsc04190 E_dsc04085

公園内のカタクリの花の数も多くなり、翁草も白髪に変ってきた。また、珍しいアミガサユリを見ることもできた。
H_dsc04174_1 I_dsc04178_1
F_dsc04182 G_dsc04186

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

摩訶耶寺

浜松市三ヶ日町にある摩訶耶寺を訪ねた。この寺は真言宗に属する静岡県下最古の名刹の一つである。 (写真をクリックで拡大)
A_dsc04125

B_dsc04126 C_dsc04128
       摩訶耶寺の山門               総ケヤキ造りの本堂の全景

本堂の格天井には法橋関中の筆になる極彩色の花鳥が配されている。
D_dsc04134_1 E_dsc04137 F_dsc04136
         本堂の格天井の花鳥図                 本堂内の仏像

摩訶耶寺庭園は昭和43年の調査によると1240年頃の造園と推定され、静岡県の名勝に指定されている。
G_dsc04138 H_dsc04140 I_dsc04142

また、国の重要文化財に指定されている木造千手観音立像と木造不道明王立像が安置されている。
仏像三体には、時を超えた美しさと癒しを感じた。 (画像は寺のパンフより)
Butuzouabc
      千手観音像          阿弥陀如来像         不動明王像

三ヶ日に、このような名刹として10指に入る古寺があることを知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

普門寺

静岡県と愛知県の県境、豊橋市雲谷の山の中腹に真言宗の古刹、船形山普門寺がある。奈良時代に行基が開山したという。 (写真をクリックで拡大)
B_dsc04039 C_dsc04047

A_dsc04038_2 船形山は標高250m~450mの山々が連なる弓張山地(湖西連峰)にあって、このあたり一帯は豊橋自然歩道として縦横の登山道が整備されている。
この普門寺から上るルートもあり、山頂にはカタクリの群生地がある。

   

D_dsc04061_2 E_dsc04057_1 F_dsc04055_1
     本堂(観音堂)            大師堂            普門寺の大杉    

仁王門の前のマンサク、山桜が美しかった。
G_dsc04069_1 H_dsc04065_1
I_dsc04071 J_dsc04075

2月10日に訪れた、真言宗の古刹、赤岩寺とは湖西連峰を挟んで南側に位置する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月14日 (水)

ショウジョウバカマ

葦毛湿原に春の花が咲き始めた。(3月13日)
(写真をクリックで拡大)
A_dsc04030 B_dsc04020 C_dsc04036
D_dsc04035 E_dsc04021 F_dsc04033

ショウジョウバカマが地面から顔をのぞかせるように蕾を出し、次々と咲いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

春蘭

万葉の森にもようやく春がやってきた。清楚な春蘭、オキナグサ、スミレや庭梅等が咲いていた。 (写真をクリックで拡大)
A_dsc04005
                        春蘭

B_dsc04001 C_dsc03998
          オキナグサ                                                   福寿草

D_dsc03997 E_dsc04008_1
            スミレ                            庭梅

暖かくなり花の数も増え、散策も楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

月ヶ瀬梅林

三重との県境に奈良県の三大梅林として知られる「月ヶ瀬梅林」がある。
月ヶ瀬の中央には五月川が流れ、両岸に梅樹が立ち並ぶ。 (写真をクリックで拡大)
A_dsc03904 B_dsc03907
            五月川                       帆浦梅林

五月川沿いの山に月ヶ瀬梅林がある。細い坂道を歩いていくと周辺は梅がいっぱい、
梅の木の間から眺める五月川の流れは、しばし時を忘れさせる。

C_dsc03911 D_dsc03913 E_dsc03915
       姫若の梅                     

近くの真福寺境内には月ヶ瀬梅林の始まりと云われる「姫若の梅」と言う古木があった。この時期まだまだ美しい梅が楽しめそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

お水取り

古都に春の訪れを告げる奈良・東大寺のお水取りに出かけた。前日までの暖さが、一転して真冬に戻り、寒さが身にこたえる一日であった。
陽の落ちかけた奈良公園を南大門より大仏殿・大鐘を横目に2月堂へ。途中可愛い鹿の出迎えをうけた。 (写真をクリックで拡大)
1_dsc03919_1 2_dsc03929_1 
3_dsc03934_1 4_dsc03932_1 

午後7時、二月堂の舞台に10本のたいまつが次々に登場。火の粉が欄干から降り注いで闇を照らすさまに感動した。
B_dsc03945_1
お水取りは、752年以来途絶えたことがなく、今年は1256回目。同寺とその末寺から選ばれた練行衆(こもりの僧)11人がたいまつを道明かりに二月堂へ上り、人の世の罪深さを本尊の十一面観音にわび、平和と安寧を祈るとのこと。無病息災をもたらすたいまつの火の粉をあびる為、沢山の人達がお堂の下に陣取っていた。

C_dsc03957_1 D_dsc03956
E_dsc03989 F_dsc03968

3月1日から3月14日まで行われるお水取りが終わると、いよいよ春だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »