« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

東京ディズニーランド

1歳8ヶ月の孫娘のおともで、久しぶりに「東京ディズニーランド」へ出かけた。息子たちが小さい頃は幾度もディズニーランドへ連れてきたものだ。息子も親となって、わが子にも楽しい思い出を残したいのだろう。 (写真をクリックで拡大)
B_r0011892_2 C_r0011938_2 

クリスマスも間近で楽しいパレードはクリスマス・ヴァージョン。何度見ても飽きないものだ。
E_dsc06855 F_dsc06823 G_dsc06825
K_dsc06968 I_dsc06834 J_dsc06959

次から次へと登場するディズニー・キャラクター達が夢の世界へ誘ってくれた。孫と一緒の2日間、ディズニーランドで幸せなひと時を過ごすことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

晩秋の四ツ池

いよいよ秋もおわりに近づき、一気に冬の気配となり、四ツ池公園の木々も紅く色鮮やかになってきた。 (写真をクリックで拡大)
R0011824 Dsc06777 Dsc06776
池には鴨が楽しそうに群れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

ホソバリンドウ

晩秋の葦毛湿原。枯草の多くなった湿原に、まだ色鮮やかな草花が咲いていた。
濃い青紫色のホソバリンドウがことのほか美しかった。 (写真をクリックで拡大)
1_dsc06762_3 2_dsc06760_4
         
茎の先に多数の紅紫色の花を付けたヤマラッキョウも、あちらこちらに咲いていた。
3_dsc06758_2 4_dsc06746

もう終わりかなと思っていたキセルアザミも、凛と花を付けていた。また、真っ白に咲いていたイワショウブが鮮やかな赤に変わっていた。夏の終わりに星屑のような輝きを放っていたシラタマホシクサも枯葉色のなかで白く輝いていた。
7_dsc06750 5_dsc06756 6_dsc06754
    キセルアザミ            イワショウブ          シラタマホシクサ

春から秋にかけ、変わらぬ優しさで迎えてくれた湿原の花たちも、そろそろ冬支度を始める頃だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

湯殿山

訪れたのは、半月程前、山の木々が少し紅く染まりはじめた頃だった。
大鳥居からは、バスに乗り換えて参拝。 (写真をクリックで拡大)
A_dsc06611 B_r0011550

バスの終点からは、石段の参道。この辺りから、参道に「撮影禁止」の文字が並ぶ。神域・霊場・霊域ということで、この先は、撮影禁止であった。
D_r0011539 C_r0011544 C2_dsc06599

本宮に到着すると、まず、裸足になるように言われ、受付で、お守りと人形(ひとがた)をいただき、御祓いを受け裸足のまま、奥へ進むと、いきなりご神体があった。ご神体は黄褐色の巨石で、その上を温泉が流れており、裸足には、心地良かった。
E_dsc06598 F_dsc06597

「語るなかれ」「聞くなかれ」という、神秘的な山も11月初めで閉山とのことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »