« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月28日 (金)

桜のころ(静岡浅間神社・・・)

桜の開花状況が気になる時季になった。静岡に出かけ、浅間神社境内から賤機山にかけての桜を見てきた。少し早すぎたかな・・・ (写真をクリックで拡大)
B_dsc00251 C_dsc00240_12 A_dsc00248
        浅間神社、神部神社、両本殿前の石段脇に咲く枝垂れ桜

C5_dsc00280 C3_dsc00268 C4_dsc00283
     賤機山古墳            麓山神社         大歳御祖神社         

帰路、駿府公園によってきた。ここはほぼ満開に近く、お掘りに映える桜が美しかった。
E_dsc00316 E2_dsc00332 E3_dsc00338_2
      お堀り             駿府公園             日本庭園

今年の桜も、まもなく満開・・・。春爛漫の季節の到来だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

初生衣神社

天竜浜名湖線三ケ日駅近くで、摩訶耶寺や大福寺に行く途中、うっかりすると見落としてしそうな小さな神社がある。だが、800年余の長い間、伊勢神宮に絹布奉献の歴史を有する古社だ。 (写真をクリックで拡大)
B_r0012747 A_r0012739
       初生衣神社入口                        

資料によると、当初、三河大野(現在の新城市大野)でとられた繭を、渥美半島の伊良湖神社で生糸を紡ぎ、織られ伊勢神宮へ奉献されていた。
その後(1155年)、神服部(カンハトリ)氏がここ三ヶ日町岡本に移住し、初生衣神社(うぶぎぬじんじゃ)を設け、大野の生糸は、神服部氏により絹布に織られるようになった。
C_dsc00074 F_dsc00086_2
         境内の参道                        本殿

D_dsc07584 E_dsc07583
           織殿 

毎年4月には御衣祭(おんぞまつり)が行われ、地元の織物業者らが参列して業界の発展を祈願するそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

カタクリの花

うららかな春の陽気に誘われて、万葉の森に出かけた。一昨日からの雨も上がり暖かい日となり、一気にカタクリの花が咲きはじめた。 (写真をクリックで拡大)
D_dsc00196_2 E_dsc00177_2
         カタクリの花                     カタクリの花

公園の片隅には菜の花が咲き、蜂が飛び交かっていた。馬酔木 (アセビ)もびっしり花を付け、ミツマタも咲いていた。
F_dsc00183_2 G_dsc00190_2 H_dsc00205_2
        菜の花                                       馬酔木                                  ミツマタ

翁草も、良い天気に誘われてか、花がパッチリ開き、春蘭、アミカサユリも咲いていた。公園入口では、早咲きの枝垂れ桜も満開だった。
I_dsc00193_2 J_dsc00186_2 K_dsc00188_2
                 翁草                                  花を開いた翁草                                   春蘭
L_dsc00206_2 B_dsc00202_3 M_dsc00204_2
          アミガサユリ                                   枝垂れ桜                       不動寺のミヤマツツジ

不動寺のミヤマツツジも花をつけ、境内の桜の開花も間近のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

ハルリンドウ

4ヶ月ぶりの葦毛湿原に立ち寄った。湿原では、小さな「ハルリンドウ」が一輪、散策路から大分離れた位置に咲いていた。また、「ショウジョウバカマ」の淡いピンクの花があちこちで見られた。 (写真をクリックで拡大)
Dsc00140b Dsc00154h
          ハルリンドウ                ショウジョウバカマ

Dsc00139x
                    葦毛湿原内の散策路

ハルリンドウとショウジョウバカマ見て、葦毛湿原に春の訪れを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

春の花

春の彼岸に入り、気温も急に上昇。四ツ池公園の花も一斉に咲き、散策が楽しい時季となった。 (写真をクリックで拡大)
A_dsc07808
                         桃の花

B_dsc07796 C_dsc07781
         ネコヤナギ                         マンサクの花

毎年繰り返される自然の営みが見る者の心を癒してくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

ベルサイユ宮殿

フランスでの最後はベルサイユ宮殿の見学。
1662年、パリのルーブル宮殿を嫌ったルイ14世は、パリ郊外べルサイユの地で新宮殿の建設に着手。贅の限りを尽くした宮殿は50年後に完成。宮殿内では連日豪華な舞踏会が催され、宮廷文化が花開いたと云う。そんな華やかな時代が伺える宮殿内の絵画、調度品には、圧倒された。
A_r0013225
                    ベルサイユ宮殿

C_r0013224 D_r0013282 B2_r0013228
      正面ゲート          ブルボン家の紋章            石畳の広場

E_r0013234 F_r0013239 G_r0013242
      見学入口               見学路                 礼拝堂

H_r0013248 I_r0013253 J_r0013256
     天井パノラマ             鏡の回廊           回廊からの中庭

N_r0013263_2 L_r0013261 M_r0013266_2

O_r0013267 P_r0013274
             庭園                      とんがり帽子の庭

やがてブルボン王朝の財政が悪化し、民衆は疲弊していく。そしてルイ16世の代となった1789年、フランス革命が勃発し、ベルサイユ宮殿はその終焉を迎えた。

フランス革命後、1793年以降、宮殿の調度品の大半は競売に掛けられ四散しまった。ところが、1883年、フランス最後の国王ルイ・フィリップが「フランスの全ての栄光に捧げる」美術館として整備することを決め、以後復元された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

ルーブル美術館

ルーブル美術館はパリにある国立博物館で、バチカン美術館と並びヨーロッパ最古の美術館のひとつ。
入り口は逆さのガラスピラミッドが地下に刺さる不思議な空間だった。
A_r0013121 B_r0013122
      逆さのガラスミラミッド                  ルーブル宮殿の眺め

美術館内は撮影可(フラッシュNG)で、ガイドの説明に従い絵画や彫刻を鑑賞しながら写真を写すことができた。
D2_r0013143_8 D_r0013136_4

            ミロのビーナス                                    ミロのビーナス                 

F2_r0013157_2 C_r0013132_3

                    サモトラケのニケ                          タニスの大スフィンクス

O2_r0013201 P_r0013212 S2_r0013214

    モナリザの肖像            カナの婚宴       ナポレオン1世の戴冠式

M_r0013197_2 Q_r0013216 S_r0013219

      聖母戴冠             オダリスク           戦場の自由の女神

「ミロのビーナス」、ダビンチの「モナリザ」などの名作・名画が揃い、1度や2度訪れただけではとても鑑賞しきれないほどの素晴らし美術館だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

セーヌ河岸

ローマからパリへの移動は、朝4時起床と朝早かった。空路は天気に恵まれ、アルプスの山々がはっきり見え、一時間ほどで空港に到着。
パリに着くと簡単な市内観光。
Q_p1000543 O_r0013102
   放射状に広がるパリの道路                    パリの街 
 
セーヌ川クルーズだ。「パリのセーヌ河岸」は、フランスにあるユネスコ世界遺産のひとつ。ノートルダム寺院などの中世の建築群、エッフェル塔などの近・現代建築群も観光名所になっている。
A_senu_not_2 B_nortor_t_2 
      セーヌ川の眺め                          ノートルダム寺院

C_p1000564 F_p1000603 I_r0013017
K2_r0013049 K3_r0013046 J_r0013037_2
                    セーヌ川河岸の文化遺産群

また、セーヌ河岸は、フェゾー規制により歴史的な景観を損なう建造物の建築を禁止されており、町をあげて、この美しい景観を後世に残そうとしている。

セーヌ川クルーズを終え、ショイヨ宮からエッフェル塔を眺めた。
M_r0013071 Ysoiyob
         エッフェル塔                   ショイヨ宮殿のモニュメント                

その後、バスでコンコルド広場を通り、エトワール凱旋門を眺め、パリの新興市街地のホテルへ向かった。
S_r0013289_2 S_r0013291_2 N_r0013085_2
        コンコルド広場                        コンコルド広場                    エトワール凱旋門 

パリ市内観光は一日では、とても無理。また後日訪れたいものだ。

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

ローマ市内観光

ローマの最後は、コロッセオ。ローマ帝政期に造られた円形闘技場で現在ではローマを代表する観光地になっている。コロッセオは、コロシアムの語源ともなっている。
B_p1000390_2 
        コロッセオ・・・ローマ帝政期に造られた円形闘技場

コロッセオの隣には高さ25mのコンスタンティヌス帝の凱旋門があり、ローマに数ある凱旋門の中でも最大。
A_p1000369 C_p1000404
   コンスタンティヌス帝の凱旋門          ティトゥス帝の凱旋門

315年に建築されたもので、コンスタンティヌス帝(272~337年)が、312年に行われたローマ北端のムルヴィウス(ミルヴィオ)橋の戦いで、皇位を争うマクセンティウス帝(278~312年)を敗死させてローマに凱旋したことを記念したものだとのこと。東側には、ティトゥス帝の凱旋門がみえる。

         トレビの泉
D_p1000442トレビの泉へ。ローマにある最も巨大なバロック時代の泉で、ローマでも有数の観光名所として賑わっていた。
ポーリ宮殿の壁と一体となったデザインで、中央に水を司るネプトゥヌス(ポセイドーン)が立ち、左に豊饒の女神ケレス(デメテル)、右に健康の女神サルース(ヒュギエイア)が配置されている。後ろ向きにコインを泉へ投げ入れると願いが叶うという言い伝えがあり、再びローマに来ることができるように、一枚だけ投入れてきた。  
       

スペイン広場のオベリスク
F2_p1000455_5 次は、スペイン広場だ。映画「ローマの休日」で、 オードリー・ヘプバーン扮する王女がジェラートを 食べたシーンでもおなじみの場所。今は、広場での飲食は禁じられており、ローマの休日のシーンのようにジェラートを食べる事はできない。
広場からは、トリニタ・デイ・モンティ階段、通称 「スペイン階段」が延び、トリニタ・デイ・モンティ教会へと続く。教会は、フランス国王ルイ12世の命により1585年に完成しました。また、間近にあるスペイン大使館からこの名で呼 ばれている。
 
E_p1000461 F_p1000464_2 F3_p1000454  
   スペイン広場        トリニタ・デイ・モンティ教会     スペイン大使館

ここで、2時間ほどの自由時間があったので、スペイン広場からオペリスクの見える距離にあるポポロ広場へ向かった。
ポポロ広場には、高いオペリスク、双子の教会、噴水があり、観光客で賑わっていた。
I_p1000479 H2_p1000473 I2_p1000478  
 ポポロ広場のオベリスク       ポポロ広場                双子教会 

ポポロ広場から、スペイン広場に戻るときに通りを間違えてしまった。現地の人にたずねても、言葉が通じず焦った。中国人の若い二人連れの女性が親切に道案内してくれ、事なきを得た。言葉の通じない国で、観光の大変なことを痛感した。

J_p1000491_2  ローマ観光の最終は、カンツォーネ
 ディナーだった。期待とは少し違い
 街中のレストランで簡単なイタリア
 料理を食べながら、現地の方の歌う
 カンツォーネの鑑賞した。
 歌声は素晴らしかった。

 

    夕食はカンツォーネディナー

翌日からは、花の都パリの観光が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

バチカン美術館

バチカン美術館は世界最大級の美術館だ。開館前に既に長い行列ができていた。
A_p1000074_3 B_p1000081_3
       美術館入口前の行列                  旧出口上の彫刻
             

混雑する入口から長いエスカレータを昇って辿り着いたところがピーニャの中庭。
ピーニャとは松ぼっくりのこと。写真中央の松ぼっくりの大きな置物は1、2世紀頃のローマ帝国の時代に噴水に使われていたそうだ。
B_r0012946_8 C_r0012940_8 D_p1000098_6
       ピーニャの中庭                     ピーニャ(松ぼっくり)             キアラモンティ美術館
 
   
古代ギリシャ、ローマの彫像が展示されているキアラモンティ美術館を横に見て、八角形の中庭へ出た。ここではルネッサンス期に発掘された彫刻が陳列されていた。あの有名な「ラオコーン群像」も見る ことができた。
E_p1000106_3 F_p1000109_2 G_p1000107
         八角形の中庭                    ナイル川の像           ラオコーン群像

中庭から屋内に入るとミューズの間、円形の間、十字の間へと続き、古代の彫刻が展示されていた。
H_p1000113 I_p1000118 K_p1000120
     トルソ像             演奏する女性            円形の間      

J_p1000115_2 L_p1000132 M_p1000128_2

  ムーサたちの間の天井      コンスタンティアの棺     ギリシャ十字の間の床

2階に上がると燭台のギャラリーだ。天井に描かれた絵画、装飾が美しい。さらにタペストリーのギャラリーへ続く。ここは薄暗く、壁面いっぱいにキリストを題材にした大きな織物が掛けてあった。
Q_p1000150 R_p1000171_2

    燭台ギャラリーの天井                 タペストリーのギャラリー 

薄暗いギャラリーから一変し、黄金色の天井装飾を施した地図のギャラリーへ。両壁には1580年頃のイタリアやその周辺の地図があった。
N_p1000188_2 O_p1000183_4
                  地図のギャラリー                                            地図のギャラリー

地図のギャラリーを抜けると、ラファエロの間へ続き、そして礼拝堂へ・・・

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

バチカン市国

2月末に世界一小さな国、バチカン市国へ行って来た。世界中に信徒をかかえるローマ・カトリック教会の総本山として名高いバチカン市国。 (写真をクリックで拡大)

G_p1000333 H_p1000322 I_p1000332
   サンピエトロ大聖堂          オベリスク          聖人像

B_p1000264 D_p1000282
        祭壇と天蓋                     栄光の司教座                                    

C_p1000258_2 E_p1000269 Z_p1000278
   嘆きのピエタ像           ペテロの像              聖女の像        

V_p1000225_2 W_p1000227
   署名の間の「アテネの学堂」                                  署名の間の天井

システィーナ礼拝堂は残念ながら撮影禁止であった。
荘厳なサンピエトロ大聖堂の内部は、数々のフレスコ画や彫刻が印象的であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »