« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

都田川の桜

都田川堤防沿いの桜が、きれいになった。今週末の姫様道中の飾りつけも進んでいるようだ。 (写真をクリックで拡大)
A2_dsc01454
堤防西側をのぼり、曳舟橋を東側堤防へ進んだ。
B2_dsc01468 B1_dsc01478
        西側堤防の桜                    曳舟橋から見た桜

さらに東側堤防をくだり、澪つくし橋を通り堤防を一周した。
C2_dsc01488_3 C2_dsc01496_2
         東側堤防の桜                 山頂に見える国民宿舎
D1_dsc01516_2
D2_dsc01522_2
          
山の上に風車が・・・                近くを走る天竜浜名湖線
E1_dsc01511_2 E2_img_1095_2
        澪つくし橋                   澪つくしは旧細江町の町章

今週末まで、桜が散ってしまわなければ良いのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

桜とメジロ

四ツ池公園の桜も五分咲きとなり、桜の花の間をメジロが飛び交い、見る者の目を楽しませてくれている。  (写真をクリックで拡大)
A_dsc01392
B_dsc01420 C_dsc01422
D_dsc01421 F_dsc01424
G_dsc01425 H_dsc01426

春爛漫の季節は、もうそこまで来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

フラワーパークの桜

春の訪れとともにフラワーパーク入口のウナギイヌもカラフルになった。いつしか梅の木には、小さな実が付いていた。 (写真をクリックで拡大)
A1_img_1053 A2_dsc01365
開花の早かった桜が、寒の戻りで足踏みしている。
D1_dsc01376 E1_img_1084
E2_img_1083 D2_img_1079

B1_dsc01384 B2_dsc01385

桜の木の根元には、チューリップなど色とりどりの花が咲いている。
C1_img_1066

園内はライトアップもされ夜桜も楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

久遠寺のしだれ桜

京都の知恩院、南禅寺と合わせて日本三大門の一つとされている身延山三門。その三門の正面に見える石段は菩提梯と言い、石段の数287段、高さ104m、三門と久遠寺本堂を結んでいる。境内には、本堂、祖師堂などの数多くのお堂やお寺がある。
(写真をクリックで拡大)
A1_img_0953 A3_img_0965
       身延山三門                         菩提梯
      
境内に樹齢400年を超えるしだれ桜が2本がある。
1本は祖師堂の前を彩るように薄紅色に咲く大きな桜・・・B1_dsc01215

もう1本は、来客殿の前で大きな枝を支えられ咲いている桜・・・B2_dsc01268
雨に濡れて咲く桜は、ことのほか美しい・・・
C1_dsc01223 C2_dsc01247
D2_dsc01277 D1_dsc01227 E1_dsc01282

しだれ桜が満開したと聞き、早速身延へ。毎年、満開の時季を見逃していたが、念願かない、素晴らしい桜を見ることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

橘神社

豊橋の石巻西川町にある「西川城址 かたくり群生地」に至る国道362号線沿には、古い史跡が残っている。三ヶ日町本坂にある橘逸勢を祀った橘神社もそのひとつ。
(写真をクリックで拡大)
C1_img_0872_2 D2_img_0894_2
        橘神社入口                      境内の逸勢桜

逸勢は三筆と呼ばれた書の名人であったが、政変に巻き込まれ、伊豆へ配流の途中、街道沿いのこの地で亡くなった。京から父の後を追ってきた娘は、父の供養のため尼となり、この地に留まったという。逸勢の死後、謀反の疑いは晴れ、娘は父の遺骸とともに京に帰った。その墓の跡に神社が建っている。
D2_img_0879 D3_img_0877 D4_img_0886
        筆塚                鳥居               拝殿

本坂トンネルを抜け豊橋嵩山地区に入ると、民家の大きなモクレンと菜の花畑が目にとまった。
B1_img_0865 A1_img_0853

また、嵩山地区には徳川家康の側室、2代将軍秀忠の生母西郷局(お愛の方)の実家(西郷氏)の菩提寺・正宗寺がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

かたくり山

豊橋にある通称「かたくり山」では、かたくりの花が満開となった。
浜松から三ヶ日経由本坂トンネルを抜けて程ないところ、石巻西川町に「西川城址 かたくり群生地」がある。
(写真をクリックで拡大)
A2_img_0833_2
農家の方の所有地で、50年も前に、自生しているかたくりの花を見つけ、少しずつ斜面に株分けしていったという。
B1_dsc01117 B2_dsc01139 
C1_dsc01129_2 C3_dsc01166_2 

かたくり山からの景色
D2_yamazat

天気も良くカメラを片手にたくさんの人が訪れ、里山の春を楽しんでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

桜開花

午前中の雨も上がり、四ツ池公園では、桜が部分的に開花し春の日ざしに輝いていた。
(写真をクリックで拡大)
市営球場脇の桜
A1_dsc01088
四ツ池公園散策路の桜                   
B1_dsc01087 B2_dsc01095 B3_dsc01096

まもなく満開・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

吉田城跡の桜

昨日のローカルニュース(愛知のTV)で、豊橋公園の桜が開花したと報じていた。早速、その状況を知りたく彼岸の墓参りを兼ね出かけた。 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc01083 A2_img_0754
 豊橋公園正門(歩兵第18連隊正門)             二の丸御殿跡の桜

二の丸御殿跡には、ところどころで桜が開花し、初々しい姿を見せていた。
B1_dsc00994 B2_dsc00999 B3_dsc00987
B4_dsc00984 B5_dsc00982


春の草花が、城跡の石垣の上に咲いていた。
C1_dsc01053 C2_dsc01037 C3_dsc01080

吉田城・北御多門跡の石段を下り豊川のほとりに出る。
D1_img_0798 D3_img_0792 D2_img_0791
   吉田城鉄櫓          北御多門跡の石段            腰曲輪跡

腰曲輪跡から北を見ると、川沿いにきれな花を付けた木が・・・
F1_img_0810 F2_img_0809

豊川と朝倉川の合流点付近では白い桜(?)が川面に映え美しい。
E3_dsc01010
                       朝倉川

静かな佇まいの吉田城跡も、一週間もすれば花見の人達で賑うことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

春のガーデンパーク

春の陽気に誘われ、久しぶりに浜名湖ガーデンパークを訪れた。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc00874_2

スモモの花が満開となり、一瞬さくらと見間違えてしまった。
A2_dsc00936_2 B1_dsc00882 B2_dsc00877
    モネの庭             ベニバスモモ             スモモ
C1_dsc00899 C2_dsc00909_2 C3_dsc00945
   クリスマスローズ       クリスマスローズ           ネコヤナギ
D2_dsc00954_2 D1_dsc00950_2 F1_dsc00944  

     シデコブシ            シデコブシ         モネの池とシダレ柳

モネの庭では、初めてチューリップの原種を目にした。花の中心部が青く、幻想的な色が美しかった。
E1_dsc00971 E2_dsc00958
      チューリップの原種                 チューリップの原種
F2_dsc00917

気温も高く汗ばむほどであったが、浜名湖から吹く風が心地よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

湿原の春

葦毛湿原にようやく春の花が咲き始めた。ショウジョウバカマとハルリンドウの開花だ。
 (写真をクリックで拡大)     
湿原のあちらこちらで淡いピンク色のショウジョウバカマが顔を出し、訪れる人に微笑みかけていた。
B1_dsc06660
B3_dsc06636_2 B2_dsc06586_2
                   ショウジョウバカマ

ハルリンドウは、開花したばかり。散策路から離れた位置に咲いていて、やっと見つけることができた。
A1_dsc06643
A3_dsc06597 A2_dsc06605
                      ハルリンドウ

ハルリンドウは秋に咲くリンドウに似ていて、春に咲くのでハルリンドウの名前がある。
よく晴れた日は、花の開きがよく青紫色が鮮やかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

象山神社

松代が生んだ幕末の思想家・佐久間象山に関する遺構がたくさんあるが、象山神社もその一つ。 (写真をクリックで拡大)
A0_dsc00782 A2_img_0422
             
鳥居(木製)                            社殿(昭和13年建立)
境内には、象山がうまれてから29年間を過ごした住居跡がある。
B2_img_0430 B1_img_0431
         生誕地の碑                     象山宅跡
D2_mg_0424_2
また、象山は門弟・吉田松陰の海外密航未遂に連座して松代に蟄居を命じられた。9年間居住した高義亭などがある。




D1_img_0433_3 罪をゆるされた後、しばらくして京都に出た象山は、朝廷と幕府は力をあわせなければならないことや、今は攘夷のときではないことを公家や諸大名に熱心にといてまわった。しかし、元治元年七月、攘夷派の人たちに襲われ、波乱にとんだ生涯を閉じた。
凶刃に倒れるまでの2ヶ月間を過ごした京の煙雨楼の茶室を移築、移築保存にあたり煙雨亭と命名された。
                                                                                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

旧横田家住宅

松代には、江戸時代の建築物が多く残っており、旧横田家住宅もその一つである。
旧松代藩横田家は、禄高150石の中級藩士で郡奉行などを努めた家である。
この住宅は他の藩士宅と同様、一種の公舎で、横田家が現在の地に移った時期は十八世紀末である。  (写真をクリックで拡大)

A_img_0383
屋敷は、道に面した表門、奥に主屋がある。
B1_img_0410 B2_img_0385 B3_img_0401
       表門           式台付玄関               主屋
C1_img_0387 C2_mg_0389 C3_img_0392
   茶の間〔手前)      座敷(床の間・棚・仏壇)           かまど
主屋東隣の隠居屋と主屋南西の土蔵からなり、江戸時代末期の様相を伝えていると言う。
D0_img_0407 D2_img_0390 D3_img_0396
     隠居屋               庭園            土蔵(二棟あり)  

茅葺きの屋根がことのほか美しく、内部も大切に管理され、国の重要文化財に指定されている。
3月初め、小雪舞う松代の町は人影もまばらで、静かにゆっくり旧城下町を楽しむことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

早春の花

しばらく曇り空の続く肌寒い日から一変し、暖かな春の日差しとなった。
万葉の森もようやく春らしくなり、カタクリの花も一気に咲き始めた。カメラを片手に公園を訪れる人もチラホラ。 (写真をクリックで拡大)
A3_dsc00858
A1_dsc00862 A2_dsc00805
         カタクリの花                       カタクリの花
翁草は、陽に向かって花を開いたもの、恥ずかしそうに下を向いているものなど様々。
B1_dsc00810 B2_dsc00839
          翁草                           翁草
春欄、ミツマタも咲きだした。
C1_dsc00828_3 D1_dsc00866_4
         春欄                           ミツマタ
公園に隣接する不動寺のミヤマツツジの蕾も膨らみはじめ、開花も近いようだ。
F1_dsc00822_2 F2_dsc00855_2
           馬酔木                   不動寺のミヤマツツジ 

万葉の森は、季節ごとに可憐な花が咲き、また訪れたい場所の一つだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

文武学校

長野電鉄屋代線・松代駅の南側に文武学校(旧松代藩文武学校)がある。
この学校は、松代藩が藩士の子弟に文武両道の教育をするため設置した文武学校「藩校」である。
A1_dsc00770
                       冠木門

冠木門の入ってすぐのところにある案内版によると・・・

『この学校は、松代藩の藩校として八代藩主真田幸貫が、水戸の弘道館に範をとって藩校を計画し、九代藩主幸教がこれを引き継いで嘉永6年(1853)に完成、安政二年(1855)に開校したもので、明治に入り兵制士官学校を併設したが、明治四年(1871)廃藩と共に閉校となった。
他藩の藩校と違い、儒教の教えを排除した点にある。そのため構内に孔子廟がない特徴を持つ。この学校での教育は、藩士に対し文学(学問)と武道の両道をめざし、漢学・国史・剣術・総術・柔術・弓術をはじめ、特に西洋医学・西洋砲術を教育したところに時代を先取する気風がうかがえ、後に幾多の人材を輩出している。明治六年から松代学校校舎などに使用され、正庁(文学所・御役所)・東序・西序・剣術所・柔術所・弓術所・文庫蔵・番所・門および槍塀などの建物が残っており、昭和48年より五ヶ年かけて保存修理と腰塀土塀などを復元施工し現在残る建物群は開校当時の姿をほぼそのまま伝えている。また建築も簡素で、近代的学校建築への過渡期と言えるものである。全国的に見てもまれな藩校の姿を伝えている。』とある。

文学所では、漢学を学ぶ教室とそれに連なる御役所、中央には炊事場、文学所の上段の間にはお殿様がいて、先生方や城の重役方は中の間に、そして教わる生徒は下段の間で勉強し試験を受ける。

C1_img_0357 F2_img_0364
          文学所                 文学所の上段の間はお殿様の間
D1_img_0358 D2_img_0367 E1_img_0365
   文学所の内部           文学所の内部            文庫蔵

西序では、東洋医学・西洋医学・小笠原流作法の勉強。東序では、兵学・砲術とフランス式の教典の勉強
B1_dsc00775_2 C1_img_0353 C2_img_0352
 西序(医学等の授業)       東序(兵学・砲術等)           槍術所
E2_img_0370 E3_img_0372 

           弓術所                    弓術所内部

めまぐるしく変化していく幕末の中にあって、八代藩主真田幸貫や佐久間象山等が将来を見据えて開校した学校であった。教育とは、静かなる革命と言われるが、まさにその一歩がここから始まったかと思える程だった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月 6日 (金)

海津城跡

海津城跡は、長野電鉄屋代線松代駅のすぐ横に広がる。
武田信玄の命により山本勘助が築城、真田幸隆も普請に携わったといれ、武田家の北信最前基地となる。永禄4年(1561)の川中島の合戦の際には武田信玄の本陣となり、上杉謙信と対峙。初代城将は、高坂弾正昌信。
築城当時は「海津城」と呼ばれていたが、関ヶ原の戦いの前に当時の城主森忠政が「待城」、その後松平忠輝が「松城」と改め、真田三代藩主幸道のときには「松代城」と改められ、維新まで真田氏の居城となった。  (写真をクリックで拡大)
A2_img_0446 A3_img_0481
    前橋、橋詰門、および太鼓門                 本丸太鼓門
C1_img_0452 C2_img_0453 C3_img_0473
      本丸跡              東不明門             海津城址之碑
C4_img_0462 D2_img_0470 D1_img_0463

    本丸戌亥櫓跡      戌亥櫓跡より見る北不明門        北不明門    

明治の廃藩置県で廃城となり、石垣が残るのみとなったが、昭和56年に国史跡指定。平成の大普請では太鼓門や北不明門などが復元され、かつての姿がよみがえった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

小布施の町

小布施は、長野県の北東に位置する町。
この地には、幕末維新期、松代の佐久間象山とともに「信州三山」と称される知識人の一人、高井鴻山(桝一市村酒造場12代目・市村三九郎)がいた。
鴻山は、北信濃きっての豪農商の生まれ。江戸や京都に遊学し、絵画や漢詩など多才な才能を発揮した。31歳で小布施村に戻った鴻山の元には、葛飾北斎などの文人墨客が訪れていた。 (写真をクリックで拡大)
A1_img_0333_2 A2_img_0561_2
       高井鴻山記念館                 高井鴻山記念館東口
C2_img_0495 D1_img_0545_3 D2_img_0502 

    高井鴻山肖像             翛然楼        ここで象山らと国事を論じた

鴻山は、葛飾北斎を招くためにアトリエ「碧漪軒(へきいけん)」を建てた。
E1_img_0519_2 E2_img_0520
    北斎のために建てられた碧漪軒            北斎はここに滞在し絵を制作

北斎は、83歳(天保13年1842)から90歳で亡くなるまで、小布施村に再三来村し、3年半滞在。岩松院本堂の天井画の大鳳凰図をはじめ、多数の肉筆画、祭り屋台2台に天井絵の傑作を残した。
H1_img_0540_2         H2_img_0316_2         H3_img_0312
      北斎館           鳳凰図の下絵?        祭屋台の天井絵

尚、記念館第3展示室の穀蔵には鴻山の晩年の作品である妖怪図等を展示。
F1_img_0527 F2_img_0534_3 
          龍と和尚                    妖怪図

妖怪図は、幕末から明治にかけて激変する社会の中で、鴻山が悩み苦悩した心中を表した作品といわれている。
巨万の財力を惜しみなく使い、幕末の変革に関わっきた高井鴻山が、日本の行く末を憂いている様がうかがえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

岩松院

小布施の雁田山山麓にある岩松院を訪れた。
(写真をクリックで拡大)
A1_img_0308
               落着いた佇まいの風景
B1_img_0304 B2_img_0297_2
        山門                          本堂
Photo_2 岩松院は葛飾北斎の描いた「八方睨み鳳凰図」が残されていることで知られている。
21畳敷きの天井いっぱいに極彩色の鳳凰が描かれていて、以前は本堂に寝て見ていたという。今は、椅子に座って見るため、その迫力は伝わってこない。

(寺のパンフより引用した八方睨み鳳凰図)

     
     
 
      
本堂の裏手に福島正則公の霊廟がある。正則は秀吉の重臣で、関ヶ原の戦いでは家康につき、安芸・備後49万石の大大名となった。しかし、1619年に広島城を幕府の許可を得ずに普請したこと等により改易され、改めて信濃川中島など4万5千石を与えられた。
失意の中にあっても新田開発や治水に努め、領内の改革に取り組み、この地で1624年64歳で死亡した。
C1_img_0296 C2_img_0292
       本堂と霊廟                     福島正則公の霊廟

岩松院を有名にしているのは、小林一茶の句。「痩せかへる、まけるな一茶、是にあり」。
春になると、裏庭にある小さな池に産卵のため数多くのカエルが集まり、雄蛙たちによる雌の奪い合いとなる。その蛙を見て、詠んだ句だと言われている。残念ながら池は工事のため見ることができなかった。

ここ小布施は、北斎、正則そして一茶が、年老いてから最後の活躍をした場所でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »