« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

鯉のぼり

有玉、馬込川に元気よく泳ぐ鯉のぼりを見つけた。端午の節句も間近だ。
(写真をクリックで拡大)
E1_dsc02352
E2_dsc02329 E3_dsc02348

ふと息子たちの健やかな成長を願い、鯉のぼりを揚げたころの思いがよぎった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

春うらら

4月末、浜名湖ガーデンパークの緑が眩いばかりに鮮やかになってきている。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc07096 A2_dsc07083
少し前までは”モネの庭”といっていた”花の美術館”は、チューリップはじめ春の花々に彩られ美しい。
B1_dsc07094 
C1_dsc07074_3 C2_dsc07050_2 D3_dsc07118
D1_dsc07032 D2_dsc07042 F2_dsc07080_2  
G1_dsc07106_2 G2_dsc07103 G3_dsc07098

園内は、5月1日から「浜名湖フラワー&ガーデンフェア2009」が開催される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

岩村の町

岩村は岐阜県恵那の山中にある小さな城下町。昨秋に続き、明知鉄道を使い岩村へ出かけた。
(写真をクリックで拡大)
A1_img_1376 A2_img_1378
       明知鉄道(恵那)                      岩村駅
まずは城跡へ。城址のヤマザクラを見た後、石畳の道を下り、昔のままの姿で復元された「太鼓櫓」から江戸旧家群を残す本通りへ。
B1_img_1449 B2_img_1520 B3_img_1551
   岩村城跡(六段壁)          登城坂                太鼓櫓
C_dsc08817

                    本通りから見える山並み

本通りには商家や往時の面影をとどめて旧家が軒を連ねていた。カステーラの「松浦軒本店」と地酒「女城主」の岩村醸造は、通りを挟み向いどうしにあった。
D1_img_1559 D2_img_1560
   カステーラの「松浦軒本店」               地酒「女城主」の岩村醸造      
D3_img_1564_2 D4_img_1562 D5_img_1567

    土佐屋(染物屋)         大村邸(問屋)        浅見家・勝川家(商家)

城下町岩村の街並みは、「美しい日本の歴史的風土100選」に選ばれた町。
日本三大山城の一つ岩村城跡また商家、旧家が山並みと一体なり、遠い昔にタイムスリップしたかのようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

十二段舞楽

遠州森町にある小国神社で、「小国神社御例祭」が行われた。舞殿では、古く奈良時代から伝えられたという十二段舞楽が披露されていた。
A1_dsc02216 A3_maiden
B1_dsc01993
C1_dsc01995 C2_dsc02076

奉納されるのは、きらびやかな衣裳や面を身につけた稚児や大人が舞殿において、連舞・色香・蝶舞・鳥舞などの十二段舞楽である。
D1_dsc02110 E1_dsc02118

        番外 花の舞                      一番 連舞
E3_dsc02131 F1_dsc02187_2

       二番 色香                       三番 蝶の舞
すべての舞をみるには、一日がかりとなるので、残念ながら一部だけを見てきた。

神社には、シャクナゲや、シャガの花が祭りに色をそえていた。
G1_dsc01984_2 G2_dsc01986_2

十二段舞楽は、乱世にも絶えることなく続けられ、祢宜の鈴木左近家が代々舞楽師範となり、明治以降は氏子一同により、毎年4月の例祭に舞殿において、奉納されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

熊野の長藤

熊野の長藤を見に出かけたけれど、やはり少し早すぎた。でも花の香りはことのほか強く当たり一面に漂い、心地よさを堪能してきた。 
(写真をクリックで拡大)
B3_dsc01956
境内にある6本の藤の木はいずれも樹齢数百年で、うち1本が国、残る5本が県の天然記念物に指定されている。
B1_dsc01959 B2_dsc01961 A1_kunisitei
                                           国指定の藤
C1_dsc01965 C2_dsc01962

境内から敷地続きになっている奥手に熊野記念公園があり、藤棚が整備されていて野外能楽堂がある。
D2_img_1597_3 D1_dsc01970_4

まもなく花房は1メートル以上も伸び、境内は紫一色に覆われることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

岩村城址のサクラ

標高721mに築かれた岩村城。歴史を刻む苔むした石垣に映える、山桜が美しい。 
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc01915
                    本丸跡のヤマザクラ
B1_img_1381 B2_sc01902 B3_dsc01900
   出丸からみら本丸跡       本丸跡のサクラ         若葉と花が・・・
C1_dsc01904 C2_dsc01907
            本丸跡                 本丸跡から見える出丸跡
D1_dsc01922 D2_img_1495 D3_img_1505

     龍神の井            大手門付近            畳橋付近

ヤマザクラは若葉と同時に花をつけ、見た目に華やかさないが、山城によくマッチする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

花の色は・・・

庭の片隅に小さな姫リンゴの木がある。
4月に入り可憐なピンクの蕾がつき、華やかになった。
B_hana_iro_3 

小さな木に、いっぱいの花をつけ、やがて青リンゴの実がなる頃が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

花盛り

浜松フルーツパークの東エリアには、80種の果樹が栽培されている果樹園がある。
今、果樹園では多くの種類の花が色とりどりに咲き誇っている。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc01839_4
                     フルーツパーク正門
A4_dsc01734_2 A2_dsc01848_3
    フルーツパークの表示が・・・                  正門横の桜
                                                   
ナシ園では清楚の白い花が開き、
C2_dsc01796_2 C3_dsc01772_2
           
モモ園では濃い桃色の花が鮮やかに広がっている。
D2_dsc01804_3 D3_dsc01810_2

プルーンの小さな花が日に映えて美しい。
E1_dsc01825_2 E2_dsc01824_2
          

園からは、第二東名高速道路都田川橋や大きな風車が見える。
F1_dsc01753_2 F2_dsc01756_2

園内は、年間を通じてさまざまなフルーツの花を楽しむことが出来、また果実の収穫体験も出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

年年歳歳・・・

今年もまた桜の花がきれいに咲き、花見を楽しむことができた。長く咲いていた四ツ池公園の桜の花びらがはらはらと舞いはじめた。 (写真をクリックで拡大)
B3_dsc01725_2
                      陸上競技場の桜 
B1_dsc01727_3 C1_dsc01620_2
        陸上競技場の桜                     浮き見堂

年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

4月の静岡県立森林公園

この時期、県立森林公園はヤマザクラの淡い桜色、ミツバツツジの紅紫色、春の日ざしに映える若葉が織り成すコントラストがことのほか美しい。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc01652 
B1_dsc01654 B2_dsc01702
                    第8駐車場付近の桜

C1_dsc01704
 
D1_dsc01697 D3_dsc01699

                   親水公園のミツバツツジ
F1_dsc01665 F2_dsc01710 F3_dsc01681 

爽やかな日差しの下、春の花を探しながら散策できる静かな空間だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

姫様道中

江戸時代に公家や大名家の女性の一行が街道を往来した様子を再現した「姫様道中」が4日・5日、細江町気賀で行われた。
豪華絢爛衣裳を身にまとった道中行列が気賀の商店街を通り、桜の咲き誇る都田川桜堤を優雅に進んだ。
花びらがはらはらと舞う桜トンネルに、きらびやかな時代絵巻が繰り広げらていた。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc06928
                     お姫様と大傘持奴
D3_dsc06910 D4_dsc06935
           露払侍                        腰元
D2_dsc06932 D7_dsc06949

           駕籠奴                     供侍(米国人も)

米国シェへリス市の訪問団12人も家老や供侍として日本の伝統衣装を着こなし、楽しげに練りに加わっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

五条川の桜

Y社OB会のハイキング同好会、次の目的地は、五条川お花見ウォーキング。あいにく現地に着くや否や雨が降り出した。
五条川西側を早足に40分ほど散策した。こちらの桜も5分咲き程度であったが、川の両岸に桜並木が延々と続く様に圧巻された。 (写真をクリックで拡大)
A1_img_1203
                 五条川両岸に続く桜並木
B1_img_1199 B2_img_1209
   桜まつりは4月1日から10日まで              水面を覆う桜 
D1_img_1229 D2_img_1234

          枝垂桜                      水面を覆う桜          

平成2年には日本のさくら名所100選に選ばれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

犬山城

Y社OB会のハイキング同好会で犬山市と岩倉市へ出かけた。最初は犬山城。城郭内の桜は咲き始めたばかりで残念だった。
城は現存する国宝四城、犬山城・彦根城・姫路城・松本城のなかでは、最も古い城であり、別名「白帝城」ともいわれている。 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc01579
            木曽川南岸40mの崖の上にたつ天守
B2_img_1128_2 B10_img_1134
          登郭道                      本丸門

李白の詩「朝に辞す白帝 彩雲の間・千里の江陵一日にして還る・両岸の猿声啼きやまざるに・軽舟すでに過ぐ万重の山」にちなんで命名したと伝えられている。
C1_dsc01566_2 C2_img_1158
       天守より南西(木曽川)           天守より北東(木曽川)
白帝城が長江沿いにあるように、犬山城も木曽川に沿って立っていることに由来。

A3_img_1151 A2_dsc01573
      天守より南方を眺める                 七曲門跡          
D1_img_1173 D2_img_1168 D3_img_1161_2

     地下一階            上段の間             天守の間

木曽川河畔対岸からこの城を見上げれば、また格別の景色が眺められるであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

岩水寺の桜

岩水寺は、1300年の歴史を持つ真言宗の古刹。安産、厄除け祈願等の寺として有名。桜の名所としても知られ、境内に約500本のソメイヨシノがある。
(写真をクリックで拡大)
B1_dsc01525
A1_dsc01542 A2_dsc01540 
         山門                      森林公園に通ずる道
C1_dsc01551_2 C3_dsc01532_2
          庫裡                           本堂横
E1_img_1118 E2_img_1112
         金城稲荷                      太子堂と薬師堂

この寺は毎日何組もの人達が安産祈願に訪れている。この日も堂内では、祈願の読経が流れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »