« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月26日 (火)

コアジサイ

静岡県立森林公園 第三駐車場から親水広場へ向かう途中に、ひっそりとコアジサイが咲いている。花は小さく装飾花がなくウッカリすると見落としてしまうほど可憐な花だ。 (写真をクリックで拡大)
A6_dsc02523_2
A4_dsc07455 A2_dsc07452_2

更に進むと淡い赤色や薄い紫色のヤマアジサイが咲いている。
B5_dsc02572 C3_dsc07435

親水広場の池のほとりでは、ノアザミやササユリが咲いている。
D4_dsc02555_4 F3_dsc02532_3 F1_dsc02565_2

心地よい初夏の風をうけ、季節の花を楽しむことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

万葉の花ムラサキ

二ヶ月ぶりに訪れた万葉の森公園は、緑の眩しい初夏の色になっていた。
 (写真をクリックで拡大)
Z1_img_2320 Z2_img_2314
小さな白い花「ムラサキ」が、見ごろだ。根は古代から高貴とされた紫色の染料として使われていた。また、ムラサキは絶滅危惧種に指定され、野生では見られなくなった。
A1_dsc02496_2 B1_dsc02500_2
  直径1センチもないムラサキの花            背丈50センチほどに育ったムラサキ

ムラサキは、万葉集にも歌われた有名な植物。
「あかねさす紫野行き標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」(額田王)
はよく知るところだ。
                                                                                 
C2_dsc02480 E2_dsc02510 D1_dsc02471
   ウツギ(ウノハナ)         ハコネウツギ            ゼニアオイ

初夏を告げる花が美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

特別公開

賎機山にいだかれた臨済寺、戦国時代に駿河の国を治めていた今川義元の菩提寺である。また、徳川家康が「竹千代」と呼ばれたいた幼い頃、今川義元の人質としてこの臨済寺で過ごしていたことでも知られている。
 (写真をクリックで拡大)
A0_dsc07398 
5月19日は、桶狭間の戦いで織田信長に破れ、天下統一の夢が終わった今川義元の命日。この日には一般公開が行われ、昨年に続き2度目の訪問だ。

B1_dsc07267 A1_dsc07261_2 B2_dsc07266
     仁王像(吽形)           山門             仁王像(阿形)
C3_dsc07294_2
               座禅堂(左)と本堂(右)

本堂は、国の重要文化財に指定されており、内部は貴重な遺物が展示されていた。
E1_dsc07299 E2_dsc07351
        方丈内                          方丈内
F1_dsc07328 F2_dsc07331 F3_img_2189b
       庭園            仏像と庭園             仏像   
G2_dsc07305 G1_dsc07326_2
     最後の将軍慶喜の書             篤姫に育てられた家達の書


今川、徳川時代の貴重な遺物を見ながら遠く戦国の世に思いを馳せるひと時であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

葵祭

毎年5月15日に行われる葵祭は下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、祇園祭と時代祭とともに京都三大祭に数えられている。
祭の起原は約1400年前、天皇が下鴨、上賀茂両神社に勅使を送って五穀豊じょうを祈ったのが始まりとされる。合わせて両神社に仕えた皇女・斎王(さいおう)も詣でたという。
 (写真をクリックで拡大)
A1_img_2174
                   藤花で飾りつけた牛車

好天に恵まれ午前10時半、京都御苑建礼門前南側から平安装束に身を包んだ約510人、馬36頭、牛4頭などの行列が約50分程かけ、初夏の都大路へ出発した。
B1_dsc02408 G3_img_1954
     行列を先導する乗尻                      内藏寮史生
C1_img_2079_2 I3_img_2028

        山城使                            近衛使代
C2_img_2045 C3_img_2087

           風流傘                         風流傘
D1_img_2100 J3_img_2148

             命婦                         騎女
J2_img_2121_2   

                   斎王代(千宗室家元の長女)

新緑の京都御苑に華やかな平安朝貴族の世界を見ることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

展望回廊

ゴールデンウィークも終った週末昼ごろの浜松市街は人影もなくひっそりしていた。
 (写真をクリックで拡大)
A1_img_1782_2
所用で街に出かけたついでに、初めてアクトタワー45階展望回廊に寄った。
天気も良く、地上185mの展望回廊からは浜松市街が一望でき、遠州灘の水平線や遠くの山々も眺められた。
S1_img_1800 N1_img_1812_2 N2_img_1817
  浜松駅南の馬込川       北側の静岡文化芸大        NHKテレビ塔
G2_img_1818_2 G3_img_1823 
        眼下のビル                             浜松駅バスターミナル

展望回廊から見る眼下の風景はミニチュアの世界を見ているようで飽きないものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

名付け

浜松市中区利町に五社神社・諏訪神社がある。両社ともに徳川二代将軍秀忠公の産土神(うぶすながみ)として崇敬され、絢爛豪華な社殿は国宝建造物としてその偉容を誇ってきたが、昭和20年戦禍により灰燼に帰してしまった。昭和35年に両社合祀され、現社殿は昭和57年に再建された。
特にこの神社は、赤ちゃんの名付け(命名)をしてくれることで知れている。
 (写真を)クリックで拡大)
A1_img_1747 A2_img_1762 A3_img_1770
 五社・諏訪神社の鳥居           社殿                社殿内部    

三人目の孫が誕生した。男の子は二人目だ。新しい命の誕生は嬉しいものだ。
今日、孫の父親にお供して早速、五社神社へ命名(名付け)に出かけ、複数の名前の候補をいただいてきた。
B1_img_1765 B2_img_1752
    安産祈願・名付けなどの受付                    社務所

姓名と画数に関する本を片手に、息子の名付けに悪戦苦闘していた三十数年前が懐かしく思い出された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

初練

5月3日から5日まで、浜松っ子がもっとも燃える浜松まつりだ。
祭りの2日目の夜、上島町では氏神さまで町内の初子の皆さんを祝う初練が繰り広げられた。 (写真をクリックで拡大)
A5_img_1737_2
多くの初子やご家族の皆さんが参加し祭りを盛り上げていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

モチツツジ

五月晴れのもと、静岡県立森林公園の「野鳥の森」から「親水広場」まで散策した。モチツツジやヤマツツジが可憐な花を付けていた。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc07176
A2_dsc07180 B1_dsc07232
          モチツツジ                        ヤマツツジ
C1_dsc07205 C2_dsc07199 C3_dsc07224
                黄菖蒲                     ハルジオン            ノアザミ
E2_dsc07227 E1_dsc07215
      羽根を休めるトンボ                     カモ

草花を探しながらの散策は、時を経つのを忘れるひと時だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »