« 真夏の葦毛湿原(2009) | トップページ | サワギキョウ »

2009年8月22日 (土)

澪つくし橋

澪つくし橋は、都田川河口の一番下流に架かり、人と軽車輌専用のアーチ橋だ。この橋には、橋の入口に浜松市と合併前の細江町の町章が付いている。
(写真をクリックで拡大)
C1_dsc02740 B1_p1000075 B2_p1000074
  澪つくし橋の遠望        平成元年11月完成           澪つくし橋

井伊谷川と都田川は、引佐細江で合流して浜名湖に注ぐ。河口は、人影もなく川岸につながれたボートが一艘、初秋の気配だ。A1_p1000070_2

この橋から少し離れたところに、 浙江省友好記念公園がある。
東名浜名湖橋を背景に、「澪標」を見ることができる。
D1_dsc05162

「澪標」は、おおよそ1300年前から大正時代まで都田川河口付近に建っていた。現在は、そのレプリカとのこと。引佐細江からこの川を上る舟人に灯台の役目と湖水の浅瀬を知らす標識の役目を果たしていたという。

|

« 真夏の葦毛湿原(2009) | トップページ | サワギキョウ »

コメント

23年前、開通式をよく覚えています。前日から降り出した雨は止みましたが、自転車で渡り初めする時、水溜りが出来ないように皆でモップで早朝から拭き掃除をした思い出があります。上流から見て右側の橋脚には、長さ32mの鋼管杭が4本打ち込まれています。左側は8mが4本と地中の岩盤は左から右へと斜面になっているようです。

投稿: 村上耕三 | 2012年6月17日 (日) 21:47

町章2枚撮影するのは、なかなか難しいと思います。後ろへ下がりすぎると、落差5mぐらい、もちろんガードパイプがありますが、どうやって撮影したのだろう?

投稿: 村上耕三 | 2012年6月17日 (日) 21:56

町章2枚撮影するのは、なかなか難しいと思います。後ろへ下がりすぎると、落差5mぐらい、もちろんガードパイプがありますが、どうやって撮影したのだろう?

投稿: 村上耕三 | 2012年6月17日 (日) 21:59

村上耕三 様へ
都田川河口付近は、私のお気に入りのエリアです。気賀に出向いた折には、澪つくし橋から曳舟橋までの右岸・左岸、時には川原に降りて散策します。
そこから見る景色は四季折々変化し、素晴らしいところです。
澪つくし橋の町章2枚撮影についてのお尋ねですが、今のデジタルカメラは、「焦点距離」が以前のフィルムを使ったカメラに比べ短くなっています。
「焦点距離」の数値が小さければ小さいほど被写体が小さく、そして広い範囲が写るようになります。
たしか、「焦点距離」28mm程度のカメラで撮ったものです。ご参考になればよいのですが。

投稿: HK | 2012年6月19日 (火) 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/45995825

この記事へのトラックバック一覧です: 澪つくし橋:

« 真夏の葦毛湿原(2009) | トップページ | サワギキョウ »