« 舞坂宿脇本陣 | トップページ | 煌めくシラタマホシグサ »

2009年9月14日 (月)

刑部城址

遠江の浜名湖北岸地域は、室町時代終り頃、今川氏の勢力下にあった。
永禄3年(1560)桶狭間の合戦で義元が戦死。地元の豪族らは、徳川家康の遠州侵攻に備え、三方を都田川で囲まれた要害の地に刑部城を築いた。
(写真をクリックで拡大)
A2_dsc03174
                 刑部城址のある森

永禄11年(1568)12月、この地の人々が城に立て籠もり徳川軍に抵抗したが、その勢力は凄く、刑部城はひとたまりもなく落城。いまは城址に金山神社が・・・。
B1_img_3337 B2_img_3344
      刑部城址にある金山神社                 金山神社の社殿 

戦乱に明け暮れたのは遥か遠い昔となり、今は静かに時を刻む都田川・・・。
C1_dsc03132 C2_dsc03136 C3_dsc03137
       都田川            井伊谷川           井伊谷川の釣り人
E1_dsc03152

都田川河口では、風に揺れるススキが秋の訪れを告げていた。
 

|

« 舞坂宿脇本陣 | トップページ | 煌めくシラタマホシグサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/46212410

この記事へのトラックバック一覧です: 刑部城址:

« 舞坂宿脇本陣 | トップページ | 煌めくシラタマホシグサ »