« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

陽に映える紅葉

晩秋の柔らかな陽ざしに映えるモミジはことのほか美しい。
(写真をクリックで拡大)
A2_dsc04096 A3_dsc04090
           小国神社                  宮川に映るモミジの陰影
B3_dsc04080
                      宮川沿いのモミジ
B1_dsc04064 C4_dsc04049 C5_dsc04059

遠州森町小国神社のモミジを今年も楽しむことが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

湖北の紅葉(旧戸岩寺)

湖北には、鶏足寺など、かって栄えた寺が数多くあった。当時お寺で祀られていた仏像等は収蔵庫に納めて大切に維持管理されている。
当地の氏神様、與志漏(よしろ)神社のなかに、世代閣と己高閣という収蔵庫がある。世代閣は、世代山戸岩寺の寺物を管理、己高閣は鶏足寺の本尊十一面観音他の寺宝を管理している。いずれも地元の人々の手により大切に守られている。
 (写真をクリックすると拡大)
E2_dsc03967 E1_img_4246 E3_dsc03966
    湖北の里山         己高閣への標識            世代閣(裏側)

與志漏神社参道の 突き当たりに見えるのは旧戸岩寺、その奥に本殿が見える。
A2_img_4269 A1_img_4270 A3_dsc03972
      神社参道            與志漏神社      手前旧戸岩寺、奥は本殿
B1_img_4261 B2_img_4263
          旧戸岩寺                   與志漏神社本殿
本殿脇の斜面、美しい紅葉の下、苔むした墓標がたくさん集められていた。
D1_img_4250
                  紅葉下に古い墓標がたくさん・・・
B4_dsc03971 D2_img_4255 D3_img_4252

境内に旧世代山戸岩寺と與志漏神社があるなど、神仏混交の様子をうかがい知ることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

湖北の紅葉(石道寺)

鶏足寺から1Kmほどのところに、山の懐に抱かれているような小さなお堂がある。
お堂には、平安時代のものとされる十一面観音像が安置されていた。
観音像の唇に、ほのかに残る紅の色が・・・。 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc03956 A2_img_4232
      散策路から見た本堂                      本堂前の紅葉
B1_img_4235_2
                        本堂
石道寺周辺の紅葉・・・
C2_dsc03964_3 G1_dsc03961_2
D1_dsc03954 D2_dsc03955 C1_dsc03959

お堂のまわりは紅葉真っ盛り。古寺には紅葉がよく似合う。
現在無住の寺で、村の方々が管理と拝観の世話をされていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

湖北の紅葉(鶏足寺)

昨年の湖南三山に続き、湖北の紅葉を楽しんだ。
先ずは、滋賀県木之本町(湖北地方)にある鶏足寺。鶏足寺は古くは飯福寺と呼ばれ、中世には僧兵を要する大寺であった。しかし、明治の廃仏毀釈により壊され、廃寺となった。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc03922_4 A3_dsc03952_2 
       鶏足寺(旧飯福寺)                  紅葉に覆われた参道
A2_dsc03937_3
                     石段を登ると本堂が・・・
参道は紅葉のトンネルとなっていた。
B1_dsc03932_2 B2_dsc03947_2 
C1_dsc03923 C2_dsc03927 C3_dsc03924

紅葉のジュウタンに覆われた参道、苔むした石垣、200本におよぶ紅葉の古木は見ごたえがあった。湖北の自然豊かな地にたたずむ山寺は情緒たっぷりだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

黄葉

県立森林公園の東端にある森の散歩道は、イチョウが黄葉し、黄金色に染まっていた。 (写真をクリックすると拡大)
A2_dsc01736 A3_dsc01732

近くには紅いヤマウルシや紫色のヤブムラサキも・・・。
B2_dsc01759 B1_dsc01724 B3_dsc01762
      ヤマウルシ          ヤブムラサキ            浜北の市街     

ヤマモミジの色付きはまだ先のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

大洞院の紅葉

大洞院の紅葉は、思ったとおり、まだ少し早かった。2年前に出かけた折りは人の姿もまばらだった。今は人気の紅葉スポットのようだ。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc01685 A2_dsc01696
       鐘楼付近の紅葉                   陽に映える紅葉
D2_dsc01689 D3_dsc01679
      境内の樹木も紅く・・・               真っ赤の紅葉はマダ・・・            
B1_dsc03893 B2_dsc03903 C1_dsc03896
  座禅堂附近は緑が多い         座禅堂               本堂と参道
A3_dsc01671 H1_dsc03885 H2_dsc01721

  境内下からの眺め    龍門橋附近はほんのり紅く    紅く色付き始めたモミジ 

小国神社の紅葉もまだ早そうだ。駐車場は観光バス数台と乗用車で満杯。
宮川沿のモミジが待たれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

マユミ(檀)の実

万葉の森公園、「曲水庭園」の中にピンクと白い実を付けたマユミ(檀)の木がある。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc01626 A2_dsc03874 A32_dsc03875
      曲水庭園            曲水庭園            マユミ(檀)の木

秋の深まりとともに、実がはじけ赤い種が顔をのぞかせている。
B2_dsc01630_2 B3_dsc01631_2
       四角形の白い実                    実がはじけ赤い種が顔を・・・

ピンクの実はまるで花が咲いたようだ。
C2_dsc01635 C1_dsc01633

      ピンク色のマユミ(檀)                     花のような檀の実

園内には、 秋の花リンドウと、冬の訪れを待つ赤や黄色の千両が・・・。
D1_dsc01637_2 D3_dsc03860_2 D2_dsc01649_2
      リンドウ             赤い実の千両           黄色い実の千両

アケビに似た「ムベ」の実があかく熟れ美味しそう・・・
E3_dsc01661_2 E1_dsc01665_2

 ムベの実(むべなるかな 伝説の果実)           園内の樹木も色付いて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

長島ダム

奥大井湖上駅附近の散策を終え、バスで長島ダムへ。
長島ダムは下流地域へ水の供給、大井川の洪水対策を目的に造られた
多目的ダム。  (写真をクリックで拡大)
A0_img_4109
                トロッコ電車から見える長島ダム
水力発電を行わないダムとして大井川本川では唯一。計画から29年後の2001年(平成13年)に完成した。
B1_img_4164 B2_img_4151 B3_img_4157
   ダム展望テラス             しぶき橋              接阻湖
ダム展望広場から長島ダム駅を見ると、他の車両よりもやや大きいアプト式電気機関車が次の列車にそなえ待機していた。
A1_img_4152_5 一つ手前の「アブトいちしろ」と「長島ダム」の間1.4Kmが日本一の勾配。この区間をアプト専用機関車を連結し運行している。「アブトいちしろ」から「長島ダム」へは牽引、「長島ダム」から「アブトいちしろ」へは制動の働きをしている。
 
   
長島ダムから車で15分ほどの白沢温泉附近では、ドウダンツツジきれいだった。
E3_dsc03831 E1_dsc03854 E2_dsc03836_2
途中、道の駅「フォーレなかかわね茶茗舘」で一休み。
F1_img_4176_2F2_img_4173_2

遠く茶畑の向こうに、SLが通過・・・
   
   

千頭駅から奥大井湖上駅までの車窓風景・・・
C1_img_4064 C3_img_4070 C4_img_4078
    両国の吊り橋        樹間に見える大井川        車窓に広がる茶畑
D3_img_4076_2 C2_img_4080_2 D1_img_4094_2
   列車のすれちがい           泉大橋        いちしろ駅でのアブト連結
D22_img_4097 D2_img_4099_3 G1_dsc03803   
   急な登り勾配           長島ダム駅へ牽引        レインボーブリッジ 

紅葉には、少し早すぎたが秋晴れに恵まれOB会行事も無事終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

奥大井湖上駅

Y社OB会のハイキング同好会に参加、奥大井へ。浜松からバスで千頭駅へ。千頭からトロッコ電車で奥大井湖上駅まで移動。 (写真をクリックで拡大)
A2_img_4124 A1_dsc03800_2
  レインボーブリッジを渡り湖上駅へ                 奥大井湖上駅 

長島ダムの建設によって、奥大井湖上駅が誕生した。駅は2つの鉄橋(レインボーブリッジ)に挟まれたダム湖上の半島にある。
B1_dsc03810 B2_dsc03801 B3_dsc03811
   ひらんだ駅方面        奥大井湖上ホーム        接阻峡温泉駅方面

湖上駅には小さな公園やレストハウスのみで何もないが、美しい接阻湖が見られる。
C2_dsc03806 C4_dsc03786 C3_dsc03808
    小さな公園         レストハウスから見た湖上駅     対岸に見える旧線跡

レインボーブリッジには、湖上遊歩道があり歩いて渡ることができる。トンネルの上へは階段を登り、接阻峡温泉へ向かうことができる。
D1_dsc03797 D2_dsc03815 D3_img_4143
   鉄橋上の歩道橋      階段を登るとトンネルの上へ   接阻峡温泉へ向う道へ  
  
今回は時間の関係で、接阻峡温泉への途中にある岩瀧不動堂までハイキング。
そこから眺めるエメラルド色の接阻湖は、とても美しく、疲れも癒された。
E1_dsc03821 E2_img_4146 E3_dsc03823
     岩瀧不動堂            不動の滝         エメラルド色の接阻湖が・・・

ここからは、バスで長島ダムへ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

深まりゆく森の秋

秋が深まるにつれ、森林公園では、バフウモミジがきれいになってきた。
 (写真をクリックで拡大)
B2_dsc01572
秋の柔らかい日を浴び、きらりと光るモミジは、ことのほかきれいだ。
A2_dsc01191 A4_dsc01527_2 B1_dsc01573_2
 色付き始めた池の周り        遊歩道の木々        紅葉のグラデーション
C1_dsc01553 C2_dsc01556_2 
      湿地の周りのモミジ                 湿地の周りのモミジ

森林公園がモミジで紅く染まるのも、もうすぐだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

ホソバリンドウ

ホソバリンドウは晴天の日、日ざしを浴びて咲くと聞き、早速午後一番、葦毛湿原へ。
今年も、散策路の近くに繊細で可憐な花が待っていた。 (写真をクリックで拡大)
A3_dsc01484
A4_p1000938 A2_dsc01488
                 秋の日を浴び咲くホソバリンドウ

散策路の奥、シラタマホシクサの蔭に、ウメバチソウが一輪。足元には、背丈の低いミミカキグサが黄色い花を付けていた。
C1_dsc01498_2 C2_dsc01524 F2_dsc01496
     ウメバチソウ           ミミカキグサ       枯葉色のシラタマホシクサ

晩秋の湿原は、花もそろそろ終わりに近づいているかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

古都の味

青蓮院から知恩院へ。

知恩院三門の急な石段を上がり、御影堂をお参り。五十数年前に来た小学校の修学旅行をふと思い出しながら鶯張りの回廊を一回り。(写真をクリックで拡大)
A1_img_3558_2 A2_img_3561
           三門                       御影堂への急な石段
B1_img_3571 B2_img_3596 B3_img_3584

    御影堂(本堂)           本堂内部            鴬張りの廊下

三門を出た丸山公園よりに、海老芋と棒鱈の煮物を名物とする「いもぼう平野家本店」がある。ここで昼食をとった。
D1_img_3600 
                     いもぼう平野家本店
D2_img_3599 D3_img_3601
       平野家の内部                    海老芋と棒鱈の煮物    

素朴な料理の中に、古都伝統の味を堪能することができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »