« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

冬桜

三ヶ日にある大福寺境内には今、淡いピンク色の桜が咲いている。
10月の終わり頃から、翌年の3月頃まで咲いている桜で「半年桜」と呼ばれている。
 (写真をクリックで拡大)
A1_p1000170 A2_img_4507 A3_dsc02431
      仁王門               大福寺                本堂

「半年桜」は、チラホラ咲いては消え、また咲いては消える冬桜だ。
B1_dsc02435

                     可憐で小粒な花びら
C1_dsc02468 C2_dsc02471
D1_dsc02502 D2_dsc02456


境内には、まだ秋も少し残っていた。
E1_dsc02447 E2_dsc02445

今までは、大福寺の参道を第二東名が横切り、参道を寸断していたため、迂回して
境内に出入りしていた。
A5_dsc02530 A6_img_4508 A4_img_4511
   第二東名(工事中)       第二東名を跨ぐ参道    参道と仁王門が一直線に 

参道を横切る第二東名(工事中)の上に大福寺橋が完成し、仁王門からまっすぐ本堂に行けるようになった。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

もう菜の花が・・・

暖かな陽ざしに誘われ、久しぶりに運動不足解消のため、馬込川遊歩道を歩いた。
(十軒橋から五枚橋附近まで)           (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04251 A2_dsc04245_3 A3_dsc04310
  十軒橋から遊歩道へ       水面にはカモが・・・       五枚橋と親水公園

冬の陽ざしが降り注ぐ堤防では、もう菜の花が咲き始めていた。
B1_dsc04295
菜の花の根元には清楚な水仙がびっしり、季節外れのノアザミも・・・。
C3_dsc04297 C2_dsc04272
            菜の花                        水仙
D1_dsc04249 D2_dsc04263

           ノアザミ                     タンポポの綿毛
          
水面に、白鷲が一羽・・・
E1_dsc04256

春まだ遠い川辺に咲く花や水鳥に、しばし年の瀬の慌しさを忘れるひと時を得た。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

二川宿本陣の門松

二川宿本陣玄関前に、珍しい門松が立てられた。かつて吉田の宿場町を中心に見られた門松とのこと。地元の人達の手によるもので、今年で5年目とのこと。
(写真をクリックで拡大)
A1_img_4474

本陣附近は、旧東海道の面影を残したところであり、幕府・大名が法令や禁令を板札に墨書した高札を掲示した高札場の跡や二川町道路元標の石碑などがある。
B2_img_4471 B3_img_3477
      情緒たっぷりの民家            高札場の跡・二川町道路元標

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

カワセミ

12月中旬を過ぎると、四ツ池公園は寒々とした冬の装い。でも午後の陽に映えた名残りのモミジや、真っ赤なドウダンツツジを見ていると、しばし寒さを忘れさせてくれる。
 (写真をクリックで拡大)
B3_dsc04217 B2_dsc04226
          名残のモミジ                   ドウダンツツジ

散策路から離れた奥の木の枝に、「カワセミ」を発見。とっさにズーム最大でパチリ。
Kawasemi
                       
散策中に、「カワセミ」と出会うことはよくあるが、写真に撮れたのは2回目だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

都田川暮色

冬の日没は早く、午後4時を過ぎると都田川河口付近は暮色に染まる。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04213 

川面には、寝ぐらへ急ぐ水鳥が・・・
A2_dsc04187_2 

寒々とした河口は、暖かな光に包まれた一ときを醸しだしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

名残のもみじ

12月6日、普門寺もみじ祭りに行きそびれてしまい、3日遅れで訪ねてみた。
今年は10月の台風の影響で昨年のような鮮やかな紅葉が見られず残念だった。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc01866 A2_dsc01941
           仁王門                       山門側からの仁王門
B1_dsc01873

                        鐘楼門(山門)
C1_dsc01920 C2_dsc01919 C3_dsc01913

本堂に至る参道の紅葉                石仏          樹齢400年以上の杉
D1_dsc01889 D3_dsc01901

           本堂                          大師堂
E1_dsc01930 E2_dsc01932 E3_dsc01925  

もみじ祭りの後は、名残のもみじが境内に残っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

初冬の四ツ池公園

今年の紅葉はイマイチ、四ツ池公園の紅葉もご多分にもれず鮮やかさに欠けていた。
池の周りは色付いた木々、池にはカモなど野鳥があそぶ初冬の風景となった。 
 (写真をクリックで拡大)
A2_dsc04183 A1_dsc04131 A3_dsc04163
     桜の葉も・・・         公園入口の紅葉         池の周りの紅葉 
B2_dsc04149 C1_dsc04172

         浮き見堂                     浮き見堂正面の紅葉
C3_dsc04139 C3_dsc04159 D2_dsc04177

     釣り人も・・・       ドウダンツツジも紅く          カモのあそぶ池

暖かな日ざしの中でノンビリ釣りを楽しむ人、散策する人、公園は静かに時を刻んで
いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

燃えるような紅葉

二俣城址城山公園の北曲輪跡に旭ヶ丘神社がある。ここには、日清・日露戦争の際に戦死した地元出身の戦死者が祀られている。
神社本殿脇の大きな銀杏がみごとに黄葉し、銀杏の絨毯ができていた。
 (写真をクリックで拡大)
D1_dsc01828 D2_dsc01833 D3_dsc01832
 靖国神社頒布の銀杏        美しい黄葉            銀杏の絨毯

天守台に登れば眼下に緩やかな天竜川の流れが・・・。
A2_dsc01810 E3_dsc01798
          天守台                    緩やかに流れる天竜川

今川、武田、徳川の争いの舞台となった二俣城。城址は燃えるような紅葉に囲まれていた。
B1_dsc01772 B3_dsc01771
C3_dsc01777 C4_dsc01818 F2_dsc01774

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

晩秋の彦根城

湖北の紅葉散策の最後は、紅葉真っ盛りの彦根城。
名勝玄宮園から仰ぎみる天守は400年前の姿をとどめる名城。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc04006 
                   玄宮園から見る彦根城

登城道を登り、廊下橋の下から天秤櫓へ・・・

B3_img_4285C1_img_4287
C2_img_4301
廊下橋(牛蒡積みの石垣)        天秤櫓           天秤櫓からの眺め
E1_img_4315
E2_dsc03986
          牛蒡積みの石垣の上にそびえる三層三階の天守閣

天守から西の丸へ・・・
F1_img_4346
F2_img_4354 F3_img_4353
    西の丸三重櫓          三重櫓内部          三重櫓からの眺め
G1_dsc03988
G2_img_4357 G3_dsc03987
                    西の丸のイロハモミジは真っ紅

内堀を行きかう屋形船に黒鳥がよりそう・・・
H1_dsc03989_2 H2_dsc03991_2 H3_img_4372

名勝・玄宮楽々園
I1_dsc04002_2 I2_img_4397_3 I4_dsc04008_3

      臨池閣              鳳翔台            龍臥橋

秋の日暮は早く、玄宮園を後にする頃はすっかり暗くなっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »