« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

春を告げるフラワーパーク

冬晴れの青空の下、早咲きの「梅」が咲き始め、一足早く春を告げていた。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04527
B1_dsc04525 B2_dsc04520 B3_dsc04524
   
舘山寺桜が早くも開花し、桜と梅の花を同時に見ることができた。
C1_dsc04550 C2_dsc04542
          舘山寺桜                       舘山寺桜
10月頃から咲き続ける三波川冬桜(さんばがわふゆざくら)が、可憐で美しい。
D1_dsc04539
                 三波川冬桜(さんばがわふゆざくら)
メインエントランス前のチューリップ、菜の花は、今が見頃。三角花壇には、今年の干支の虎が・・・
E1_dsc04517_2 G1_dsc04582 G2_dsc04581

園内には、モザイカルチャーの「ほほえみのハーモニー」も・・・
H2_dsc04577 H1_dsc04573
        フラワ-トレイン                 
ほほえみのハーモニー

園内には菜の花や舘山寺桜など、春の花々が美しさを競っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

冬のガーデンパーク

暦の上では大寒でも、厳しい寒さは一段落、久しぶりに浜名湖ガーデンパークを
訪ねてみた。  (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04494_4 A2_dsc04459_2 
           運河                        花の美術館
運河沿いの菜の花は、陽に映え輝き、クリスマスローズも全開。
B1_dsc04509_3 B2_dsc04454 B3_dsc04493
      菜の花            サザンカ              真赤なバラ
C1_dsc04471 C3_dsc04476 C2_dsc04485

    クリスマスローズ        クリスマスローズ       クリスマスローズ
D3_dsc04495 D2_dsc04497 D1_dsc04474

                      ジャノメエリカ             スノードロップ
E1_dsc04465 E3_dsc04460 E4_dsc04462

  水の庭のレオチノス       花の庭のパンジー       水の庭のネコヤナギ

冬とは言え、さすがガーデンパーク。色とりどりの花を楽しむことができ た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

春はすぐそこに(豊橋向山梅林園のうめ)

梅の開花には、少し早いかなと思ったが、豊橋向山緑地梅林園に出かけた。明日23日(土)開園の一日前のため、訪れる人もマバラだった。
 (写真をクリックで拡大)
A1_img_4771 A2_img_4762 A3_img_4763
    うめまつりの幟        向山緑地梅林園            咲き始た紅梅 

「まだ咲いていないな~」「来るの早かったかな~」とつぶやきながらも、所々にチラ・ホラ咲く梅の花を見つけ楽しんできた。
B2_dsc04392
                     一重の白梅
B1_dsc04411
                       一重の紅梅
C2_dsc04427 D1_dsc04422
         八重の白梅                    八重の紅梅

ほどなく、27種類・約400本の梅が次々と咲き、梅の香りいっぱいに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

大寒の森林公園

今日は大寒。この時期にしては、ことのほか暖かく、森林公園も穏やかな陽光に包まれていた。 (写真をクリック拡大)
A3_dsc03001 A1_img_4752 A2_img_4748
     森の樹木             西ノ谷奥池            スポーツ広場
森林公園・西ノ谷奥池ちかくでは、紅梅がほころび、真っ赤なマンリョウが鮮やか。
B1_dsc02986
                         紅梅
C2_dsc02991_2 C3_dsc02996_2
           紅梅                         マンリョウ

池ではマガモが気持ちよさそうに・・・。近くのスポーツ広場ではジョウビタキやセグロセキレイが飛び交っていた。
E2_dsc02974 D1_dsc02971 D2_dsc02968
         
マガモ             ジョウビタキ           セグロセキレイ

昼下がりの公園は、訪れる人もなく、聞こえるのは風の音と小鳥のさえずりのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

小国神社「どんど焼祭」

毎年、小正月を過ぎた日曜日に小国神社の「どんど焼祭」が行われる。今年は今日、1月17日、正月飾りを納めながら、どんど焼きに行った。 
 (写真をクリックで拡大)
A1_img_4667 A3_img_4680 A2_img_4663
    小国神社境内           大きな絵馬         どんど焼祭の案内
事待池前の焼納所で行われた「どんど焼祭」の神事
B1_dsc02884 B2_dsc02900 B3_dsc02913

宮司の点火で、勢いよいよく燃え上がる古いおふだ、正月飾り等
C1_dsc02925 C2_dsc02929
D1_img_4692

ほどなく始まった餅焼き
E1_img_4717 E4_img_4727_2


どんど焼きの炎に照らされながら、今年一年の無病息災、厄難除を祈った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

寒中に香るロウバイ

遠州森町、アクティ森でロウバイが見ごろを迎えている。厳しい寒さの中、ロウ細工のような黄色い花とほのかな香りを楽しむことが出来た。  (写真をクリックで拡大)
A1_img_4648 A3_img_4643 A4_dsc04358 
     太田川            入口の石と銀の玉          ロウバイの里
B1_dsc04384_2
                 ロウを塗ったような艶やかな花びら                
D1_dsc04377_2 C1_dsc04387
C2_dsc04360 D2_dsc04376

アクティ森では、2002年からロウバイを植え、花の少ない時期にも花を楽しめるよう「ロウバイの里」作りに取り組んできたと言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

岩屋観音

国道一号線で、二川より豊橋市街に入る岩屋下交差点東の小山(岩屋山、78.2m)に、3m程の聖観音像が見える。
小学生のころ遠足で訪れたことのある岩屋観音。僅かな記憶を頼りに岩屋山に登ってみた。
「二川本陣宿資料館」から西に2キロほどにある岩屋緑地公園、その入口に「岩屋観音」への参詣道がある。 (写真をクリックで拡大)
A1_img_4639_2 A3_img_4634 A2_dsc04332
   岩屋緑地公園           道標・大師堂              鐘楼
参詣道を進むと赤い幟がひらめく先に、弘法大師を祀る大師堂や鐘楼、手前に道標があり、左よし田、右ふた川と刻まれ、往時を偲ばせていた。
 
岩屋山の麓には、岩屋観音堂。
B1_img_4606
                      岩屋観音堂(岩屋堂)

僧行基が、十一面千手観音像を刻んで安置したと言う岩穴。
C1_img_4597_2
                              岩穴

岩穴の先から登山口へ。小山とはいっても堆積岩の岩山。鎖で繋がる岩道をおっかなびっくり登っていくと大岩の頂に美しい姿の聖観音像。
C3_dsc04325 C5_img_4593
        登山道脇の石仏                 鎖で繋がる岩道
D1_img_4585

                   大岩の頂に立つ聖観音
C4_img_4622_3
D2_dsc04337
      境内から見上げた観音像           境内からズームで撮った観音像
E1_dsc04320 E2_dsc04318 E3_dsc04319

  山頂からの1号線沿い      山頂からの街並み        山頂からの豊橋     

明和2年(1765年)に建立された観音像は、第二次大戦での金属供出で失われ、現在のものは昭和二十五年(1950)に、再建されたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

法多山田遊祭

正月7日、法多山尊永寺で奉納される「法多山田遊祭」を見に出かけた。
田遊祭は、室町時代からの伝承とされ、年の初めに、年間の稲作作業を模した全七段の舞い踊りで厄を払い、五穀豊作を祈願する神事である。
ユニークな舞が演じられる田遊びとして知られ、県の無形民俗文化財指定指定されている。奉納される舞は、「村方」と呼ばれる地域住民によって奉納され、境内の北谷寺(諸尊堂)で演じられる。 (写真をクリックで拡大)
X1_dsc02866 X2_dsc02854 X3_dsc02852
     仁王門              尊永寺境内           北谷寺(諸尊堂)

時代装束に身を包んだ村方衆一行の行列は、寺方衆の行列と黒門前で合流して
尊永寺本堂へ。
A1_dsc02566 A2_dsc02571 A3_dsc02582
   寺方を待つ村方衆      黒門から出る寺方衆      村方衆と寺方衆が合流
B2_dsc02593_2 B3_dsc02608_2

       本堂へ向かう寺方衆               本堂へ向かう村方衆
      

本堂前で読経の後、村方衆により舞が奉納された。
C4_dsc02643_2 D1_dsc02685_2

     
第一段清めの「太刀の舞」で幕開けし、第二段「棒の舞」、第三段「白鍬」に続く「田打ち・牛ほめ」では、野菜やお酒、弁当箱をくわに取り付けて担いだ兄弟が、ユーモラスな掛け合いを披露した。途中「黒牛」が登場し、「牛ほめ」の掛け合い後、黒牛は境内に出て大暴れし、見物客の笑いを誘った。
E1_dsc02726_2 F1_dsc02760_3 F3_dsc02764_2
      太刀の舞            棒の舞                  白鍬
G1_dsc02768_2 G2_dsc02799_2 H1_dsc02835

       田打ち              牛ほめ          種まきを模したノットウ

第五段の舞まで見て帰路についた。夕方のローカルニュースで、田遊祭りクライマックスの大矢放ちの神事と、本堂前の餅まきのシーンを放映していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

和凧

今、豊橋の二川宿本陣資料館で1月17日まで、「新春遊戯 凧・独楽展」が開かれ、全国各地の凧やこまが展示されている。 (写真をクリックで拡大)
X2_img_4476_2 X1_img_4465_2
       二川宿本陣                 新春遊戯 凧・独楽展の案内

凧は、豊橋のケロリ凧、八ツ花凧、田原の祝い凧、静岡の相良凧、駿河凧、大須賀の鳶凧など、色彩、形状豊かな凧が展示されていた。
影武者や縁起物の絵柄のほか、セミや鳶の形をしたものなど様々で、400余年の歴史を持つ和凧を楽しむことができた。
A12_dsc02272 
                       豊橋のケロリ凧


   豊橋の八ツ花凧(1)       豊橋の八ツ花凧(2)       田原の祝い凧
B2_dsc02267_2 B3_dsc02268_2C1_dsc02275_2
   
   宗高凧(大井川町)        相良凧(おかめ)         駿河凧(武者絵)

C2_dsc02282_2 C3_dsc02308_2 D1_dsc02283_2

    鳶凧(大須賀町)        福助凧(東京都)          天神凧(安城)
E3_dsc02326_2 D2_dsc02320_2 D3_dsc02317_2

   孫次セミ凧(福岡県)       祝凧(鶴 島根県)       江戸奴凧(東京都)
E2_dsc02330_2 E4_dsc02315_2 E1_dsc02316_2

豊橋生まれでありながら、豊橋伝統の「ケロリ凧」など初めて聞く名称。調べても名前の由来がわからなかったが、多種多様の凧を眺めながら、新春気分を味わってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

小雪舞う初詣

井伊谷宮で初詣。凍える寒さにもめげず、大勢の老若男女が参拝に訪れていた。
 (写真をクリックで拡大)
A1_img_4580
                    初詣を盛り上げる露店
B1_img_4517_2 B3_img_4536_2
    神門に続く参拝者の長い列           神門を入ると縁起物の数々が・・・
      
小雪舞う拝殿前は、参拝者の列が・・・
C1_img_4533

いつもは立ち入り禁止になっている後醍醐天皇の皇子宗良親王の墓所が、今日は
開放されていた。
D1_img_4550 D2_img_4551 D4_img_4555
    墓所の案内           宗良親王墓所            仏塔

昨年、孫が一人増え、賑やかなお正月を迎えることができたとを感謝し、健やかな一年を過ごせるよう祈願した初詣だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »