« ヒマワリ畑 | トップページ | サギソウとハッチョウトンボ »

2010年7月26日 (月)

ヒオウギ

真夏の太陽の下、万葉の森では、「ヒオウギ」、桔梗、萩の花などが咲いている。

ヒオウギは、秋になると真っ黒く熟す。万葉集では、黒く熟した実「ぬばたま」が詠まれている。  「居明かして 君をば待たむ ぬばたまの わが黒髪に 霜は降るとも」
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc01624_5  
                        ヒオウギ  
                  
万葉集の「あさがお」は、桔梗のことだろうといわれている。   
B1_dsc01655_3 

                         桔梗

万葉集に、多く詠まれた萩(ハギ)の花も咲きだした。
C1_dsc01633_2 D1_dsc01636_2 E1_dsc01630_2 
           
萩の花             ハスの花                蝶

万葉集に詠われた花々が、時を越えて今も美しく咲いている。

|

« ヒマワリ畑 | トップページ | サギソウとハッチョウトンボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/48981716

この記事へのトラックバック一覧です: ヒオウギ:

« ヒマワリ畑 | トップページ | サギソウとハッチョウトンボ »