« 江戸時代の姿をとどめる関所と旅籠 | トップページ | ユリカモメ舞う佐久米駅 »

2010年12月 8日 (水)

初冬の装い万葉の森

浜北万葉の森公園は初冬に入っても、名残りのモミジが鮮やか。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04420 
                    「万葉の森公園」正面
B1_dsc04367 B2_dsc04340 B3_dsc04427
「曲水庭園」のマユミは白い実がはじけ、アケビに似た「ムベ」はあかく熟れていた。
D1_dsc04334 D2_dsc04364 E3_dsc04346_3
    マユミ(檀)の実           ムベの実               千両
C1_dsc04355_2 C2_dsc04363_2 E2_dsc04377

       ノジギク              ノジギク               リンドウ

名残りのモミジがきれいな不動寺。
F1_dsc04412
               万葉の森公園東側に位置する不動寺
G2_dsc04415 G3_dsc04395 G4_dsc04402
    本堂脇のモミジ          参道の落葉           稲荷大明神社

今週後半は、冬の気候に戻るとの予報、これでモミジも見納めか。

|

« 江戸時代の姿をとどめる関所と旅籠 | トップページ | ユリカモメ舞う佐久米駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/50245655

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の装い万葉の森:

« 江戸時代の姿をとどめる関所と旅籠 | トップページ | ユリカモメ舞う佐久米駅 »