« 初冬の装い万葉の森 | トップページ | イルミネーションで飾られた駅舎 »

2010年12月10日 (金)

ユリカモメ舞う佐久米駅

天竜浜名湖鉄道佐久米駅(無人駅)に、ユリカモメの群れが飛来する季節となった。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc09863_2 A2_dsc01941 A3_dsc09634
   浜名湖佐久米駅舎       佐久米駅ホーム         9:57分掛川行き

午前10時を過ぎ、駅長姿の笹田さん(三ヶ日町ですし店を経営)が現れるとユリカモメが飛来し始めた。
B1_dsc09655_3 B2_dsc09646_3 B3_dsc09639
   テレビ撮影(テレ静)          駅長姿の笹田さん         飛来するユリカモメ 

駅長や見物客もパンの耳を手に持ちホームに並ぶとユリカモメの数は一気に増えた。
C3_dsc09722
                   パンの耳をついばむユリカモメ
D1_dsc09733 D2_dsc09766


午前10時30分発下り新所原行きがホームに入って来てもユリカモメはお構いなくパンの耳を求めて乱舞は続いた。
通常佐久米駅は15秒停車のところ、この新所原行きの気動車は1分間停車。乗客も降りて餌付けを体験したり、車内からもユリカモメの乱舞を楽しんでいた。
D3_img_9695_2

                午前10時30分発下り新所原行き
数多く(300羽ほどか)のユリカモメが一斉に集まる様子に圧倒された。
F1_dsc09681 E4_dsc09850 


寒さが日増しに厳しくなるにつれ、ユリカモメの数も多くなり、午前・午後を含め計4回毎日餌付けをしているとのこと。

|

« 初冬の装い万葉の森 | トップページ | イルミネーションで飾られた駅舎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/50261556

この記事へのトラックバック一覧です: ユリカモメ舞う佐久米駅:

« 初冬の装い万葉の森 | トップページ | イルミネーションで飾られた駅舎 »