« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

神秘的な新宮池

春野町和泉平の山頂(668m)付近に新宮池がある。春風に時折ゆらめく水面に、山と空と木々が映え、神秘的な雰囲気を醸し出していた。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc077141024
                    神秘的な新宮池
周囲500m、冬でも涸れることのない湧水を源泉とする神秘的な池。諏訪湖との地底水路の言い伝えや竜蛇伝説がある。
C1_dsc07722 C2_dsc07731

毎年夏7月に花火を打ち上げ、数多くの提灯を掲げた船屋台を湖面に浮かべる新宮神社の祭典が行われるという。
D1_img_2199_2 D2_img_2201 D3_img_2230
    新宮神社の鳥居        新宮神社拝殿            船屋台置場

山桜と木々の新緑が池に映えて・・・。
F1_img_22141024
E2_dsc07723 E3_dsc07730 E4_dsc07729
        山桜              八重桜               八重桜

友人と時々訪れる春野町の「クロナギの名水」への途中、初めて立ち寄った場所。
山の麓ではなく、山頂に近いところに、こんな大きな池があるとは・・・・。

   
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

熊野の長藤を見に

まだ早すぎるかと思いつつも、熊野の長藤を見に、熊野御前の墓があるi行興寺へ。 
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc07795_2 A2_dsc07786_2 A3_img_2258_2
        行興寺         供養祭の案内も・・・         熊野御前の墓

境内にある6本の藤の木は樹齢数百年。うち1本が国、残る5本が県の天然記念物に指定。
B1_dsc07758w_2
                国指定天然記念物の長藤(推定樹齢850)

熊野御前の命日5月3日には、藤が一番の見ごろとなるだろう。
C3_dsc07742_2 C2_dsc07776_2
D1_dsc07764_2 D2_dsc07754_2
今年は東北関東大震災の影響を考慮し、能舞台イベントなどは中止。
E1_dsc07748_2 E2_dsc07747_2
       能舞台前の藤                      能舞台

うす紫一色に覆われ、花の香が漂う境内には、多くの花見客が訪れていた。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

色鮮やかなツツジ(向山大池公園)

豊橋にある菩提寺に出かけた帰り、向山大池公園へ。

公園では、早咲きのツツジが見ごろを迎え、目に鮮やかな赤、ピンク、白の花が新緑に映え、ことのほか美しかった。  (写真をクリックで拡大)
A2_dsc01492
                          豊橋向山大池
向山大池周辺には、5種類のツツジがおよそ1万本植えられているという。
C1_dsc01531 
D1_dsc01530 D2_dsc01540
池畔にある藤棚では、花が咲き始めていた。
E1_dsc07708 E2_dsc07701 E3_dsc07698

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

気賀公園山からの眺望

昨日、気賀に住む孫のところへ。その折、近くの公園山を散策した。

気賀の細江神社横の道を進むと尉ケ峰ハイキングコースの入り口がある。ここから10分も登れば、細江公園の入り口に出る。
(写真をクリックで拡大)
X1_dsc07590_2 X4_img_2182_2 X2_dsc07586_2 
  尉ケ峰ハイキングコース       よく整備された山道        新芽が眩しい山道

公園の西側には国民宿舎奥浜名湖がある。
Z1_dsc07626_2 Z2_dsc07620_2 
          細江公園                    国民宿舎奥浜名湖

国民宿舎前にある小高い丘の上に「おもかる大師」が祀ってあった。小さなお地蔵様だが、願いが叶うときには軽く持ち上がり、叶わぬときは重くて持ち上がらないと言われている。
A1_dsc07617_2
眺めは素晴らしく、浜松アクトタワー、気賀の街並み、浜名湖などを見渡せる。
F1_dsc07633 
                       都田川・澪つくし橋
D2_dsc07606 E2_dsc07605_3 F2_dsc07642 
   浜松アクトタワー         気賀の街並み         遥か南に浜名大橋

南側に気賀教会の墓地、道路わきには、道祖神も・・・
Z4_dsc07622_2 Z3_dsc07596_2 Y4_sc07598_2 
        道祖神         気賀教会の墓地            ヤブ椿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

木々が芽吹く葦毛湿原

爽やかな陽ざしに誘われ、一ヶ月ぶりに葦毛湿原へ。

湿原の周りでは、木々が芽吹き、眩しく輝く季節となった。 (写真をクリックで拡大)
A2_dsc07581
                     湿原入り口の長尾池

湿原のあちこちで、枯草の間から小さなハルリンドウが清楚な花を見せていた。
B2_dsc07579_1 B1_dsc07577_1
C1_dsc01480
D1_dsc01474_2 D2_dsc01487

湿原は、ショウジョウバカマからハルリンドウにバトンへと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

フラワーパーク八重桜並木

夜来の雨も上がり、朝から良い天気。
ソメイヨシノのあとは、淡い彩りの八重桜が主役。花びら舞う八重桜並木を散策。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc07501
                         八重桜並木
B1_dsc07446 B2_dsc07453 B3_dsc07472
C1_dsc07466 C2_dsc07456 C3_dsc07507

並木沿いにはドウダンツツジが白い花を付け、夜空に煌く満天の星のよう。
D1_dsc07498 D2_dsc07495
ツツジも色鮮やか・・・
E0_dsc07478 E3_dsc07514 E2_dsc07509

八重桜並木の向こうには、色鮮やかなチューリップが咲き誇っていた。
F0_dsc07440w

木々の緑、八重桜、チューリップとのグラデーションが鮮やか。八重桜はいま少し楽しめそう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

遠州森町 小国神社十二段舞楽

毎年4月18日に近い土、日に行われる十二段舞楽奉奏を見に遠州森町 小国神社へ。

11時頃から、「番外 花の舞」で始まり「連舞」、「色香」、「蝶の舞」、「鳥の舞」の順に奉奏された。  (写真をクリックで拡大)
B1_dsc07350w
                  舞楽奉奏前の境内の様子

(番外 花の舞)舞を始めるにあたり、楽人が切り麻で舞殿を清める。
C1_dsc07366 C2_dsc07367

(一番 連舞)稚児二人が黒柄の長い鉾を持って舞う清めの舞。
D1_img_2089 D2_dsc01331

(二番 色香)菩薩面を着けた二人が東西に分かれて舞う。
E1_dsc07370 E2_dsc01368

(3番 蝶の舞)稚児四人で布衣をつけて天冠をかぶり、蝶が花に遊ぶさまを舞う。
F1_img_2076 F2_dsc01411

(4番 鳥の舞)稚児四人で、鳥の飛ぶ姿をして舞う。装束も<蝶の舞>と同じ。
G1_img_2089 G2_dsc01445

川勝静岡県知事も訪れていた。
H1_dsc07369w

十二番すべての舞楽を見るには、夜8時過ぎまでかかる。毎年のことながら、四番まで見て岐路へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

外国人居留地グラバー園2(九州への旅-14)

幕末のころ、長崎の街は、日本の夜明けを夢見る人々の熱気に溢れていたという。遠く大洋の波を超え、夢を抱きやってくる異国の商人たち、倒幕の野望に燃える幕末の志士たちや、西洋の学問を志す日本の若者たち。あれから100年以上たった今も、長崎に暮らした商人たちの邸宅が、形を変えることなくグラバー園に残されていた。

旧ウォーカー住宅は、初期の日本海運業界に多大な功績を残した英国人ロバート・ネール・ウォーカーの次男、ロバート・ウォーカー・ジュニアの旧邸。屋根から突き出した日本風の庇など、細部に日本趣味が反映されている。
(写真をクリックで拡大
A1_woka_h
                   旧ウォーカー住宅(明治中期)
B1_img_1274_2 B3_img_1275_2
      旧ウォーカー住宅内部                   白いベランダ

グラバー園には、世界的なオペラ歌手として名声を馳せた三浦環の像やプッチーニの像が建立されており、「マダム・バタフライ」ゆかりの地として知られている。
C2_img_1305_2 C3_dsc05942_2
          三浦環の像                   プッチーニの像

園内最後は、お洒落な喫茶室「旧自由亭」で長崎港を眺めながら一息。
この建物は元は自由亭という日本最初の西洋料理店だったもの。建物は長崎裁判所の検事正官舎として使われていたが、1984(昭和49)年に建物の一部がグラバー園に移築復元されて喫茶店になった。
D1_img_134w1_2
                       旧自由亭
D2_img_1263 D3_img_1340
       西洋料理発祥の碑                   自由亭内部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

空高く泳ぐ鯉のぼり

天竜川に架かる浜北大橋を渡るとすぐ、ヤマハ豊岡工場近くの公園で鯉のぼりが空高く泳ぎ始めた。 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc07307
今年は、「がんばろう 日本!」「負けるな 東日本!」の幟も・・・。
B1_dsc07323 B4_dsc07317
B2_dsc07318_2

散り始めた桜を背景に泳ぐ鯉のぼり、いつしか時季も端午の節句へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

サクラと気賀駅

昼下がりの気賀駅、列車の発着は、毎時間、上り・下り一本程度の静かな駅舎。駅構内には、サクラや天竜浜名湖鉄道をカメラに撮る人が・・・。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc07295w_2
                         改札口
12時59分発、上り掛川方面行き気動車が入る頃には、ホームに急ぐ人も。
B1_dsc07290_2 B2_dsc07285_2
           ホームに急ぐ人               上り掛川方面行き

駅から程近い都田川堤防には、散りゆくサクラを惜しみ、散策する人が絶えない。
D1_dsc07256w_2
                    東堤防から見る西河畔
E1_dsc07237_4 E2_dsc07278_4
      西河畔サクラのトンネル                西河畔のサクラ

今年は、姫様道中が中止され、サクラも心なしか残念そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

CBCラジオ豊橋放送局

今日4月12日は、22歳で亡くなった兄の命日、豊橋向山緑地へ墓参りに。
緑地の「さくらまつり」は先週で終わり、今は名残りの桜を楽しむ人が・・・。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc07232 A2_dsc07212

緑地の一角に、日本初の民間ラジオ局CBC(中部日本放送)の豊橋局がある。CBC豊橋局は、昭和29年3月15日開局。名古屋開局2年半後だった。
B1_img_1973
                    CBC豊橋送信所全景
この小さなCBC送信所内には、演奏所(向山スタジオ)を持ち、地域放送を実施していた。学校放送のプログラムがあり、中学時代、合唱で訪れたことを覚えている。
C1_img_1977 C2_dsc07225
    CBC豊橋局(今は無人)               空中線(1485kHz100W)

最近、このCBCラジオ豊橋放送局から、10年ぶりとなる生放送番組を、開局60周年を記念した1日だけの特別企画としてオンエアーされたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

サクラ満開の四ツ池公園

四ツ池公園の池畔のサクラが、やっと満開となり春本番。
 (写真をクリックで拡大)
A3_dsc07205_1_5
                     四番池に映えるサクラ
B3_dsc07197_5
B1_dsc07200_2
      二番池浮き見堂とサクラ                三番池上のサクラ


陸上競技場のサクラも満開に・・・
D1_dsc07188w_2 
D2_dsc07176_2 D3_dsc07178_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

マメザクラ

県立森林公園(浜北)ハードピア浜北から第8駐車場へ向かう道に、小さな白い花を付けたマメザクラがある。その花は、控えめに恥ずかしそうに花を下に向けて咲いている。
  (写真をクリックで拡大)
A2_dsc07131w_3
                        マメザクラ

B1_dsc07134 B2_dsc07124
第8駐車場付近には、山桜、ミツバツツジ、ジャガの花が・・・
C1_dsc07137 C3_dsc07159 C4_dsc07144
         山桜            ミツバツツジ             ジャガの花

スポーツ広場近くの湿地では、ハルリンドウの花がに多く見られるようになった。
D1_dsc07081w 
D2_dsc07075
D5_dsc07084_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

雨にけむる桜

今日は、義母の23回忌法要のため豊橋へ。雨模様のなか、時間も取れたので満開の向山大池公園の周りを一周してみた。 (写真をクリックで拡大)
A2_dsc07073w
                    雨にけむる豊橋大池公園

雨の水面に映える桜が美しい。
B1_dsc07040_2
 C1_dsc07045
C4_dsc07072
 C3_dsc07064
桜と周辺の緑に、春本番を知る・・・
E2_dsc07054w

桜のトンネルの下には、桜の花びらが・・・
D2_dsc07050w 


雨にけむる桜は一段と趣も変わり良いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

城と桜(吉田城址)

鷲津本興寺に寄り、そのついでに豊橋公園・吉田城址にて桜の花を満喫してきた。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc06916w
公園の二の丸広場附近は満開
B1_dsc06860_2 B2_dsc06865
F1_dsc06933 F2_dsc06936
城の北御多門跡の石段を下ると豊川の畔に出る。川沿いに多くの桜が・・・
D1_dsc06890w

きれいな桜を記憶に留める人、キャンパスに描く人、写真に撮る人など様々。D2_dsc06901w

公園の外には、「豊橋公会堂」「豊橋ハリストス正教会」等の国・重要文化財が建ち並ぶ。
G1_img_1891 G2_img_1893 G3_dsc05758

豊橋市役所とNHK豊橋支局      豊橋公会堂          豊橋ハリストス正教会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

久能山東照宮拝観

Y社OB会の春季ハイキングは、久能山東照宮拝観。駿府公園で昼食とり、帰路は、サッポロビール静岡工場を見学して、浜松へというバス旅行。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc06942w
                     楼門(勅額門ともいう)

楼門前面には、御水尾天皇直筆の「東照大権現」の額が掲げられている。「獏の彫刻」は、戦乱のない世を願い、平和の象徴として表しているという。
C2_dsc06946_2 G1_dsc06947_2
      「東照大権現」の額                      獏の彫刻

楼門左右には、極彩色の随身と後面には生彩色の狛犬や獅子が据えてある。
H1_img_1897
G2_img_1898
           随身                       生彩色の狛犬

鼓楼は、神仏分離令後、鐘を太鼓に取り換えた重文。
B1_dsc06950
B2_dsc06957 B3_dsc06963
     境内の鳥居              唐門                 鼓楼

本殿と拝殿を石の間がつなぐ構造の複合社殿は、昨年10月、国宝に指定された。
D1_img_1918


勘介井戸を横に見て、表参道一の門から1150段余の石段を一の鳥居まで下る。
H4_img_1951
G3_dsc06995 H7_dsc06990
     勘介井戸           表参道一の門             一の鳥居

 
サッポロビール静岡工場見学の後、ビオトーブ園を見ながら出来立てのビールを試飲。
F1_img_1959_2
F2_img_1961 
      サッポロビール静岡工場           工場内にあるビオトープ園
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

今年の桜は・・・

今年の桜は如何かと、鷲津本興寺を再び訪れた。
山門を入ると長い参道が本堂へと続く。両側の桜を眺めながら奥の本堂へ。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc06857w
                     本堂に続く長い参道

B1_dsc06816 B2_dsc06821 B3_dsc06836
      本興寺惣門          本興寺本堂               鐘楼堂

境内には、桜のほか「みやまつつじ」も
B4_dsc06829


参道の両脇には、しだれ桜、ヤマザクラやソメイヨシノなどが・・・
C1_dsc06850
 C3_dsc06846 
青空に映える桜の花
C5_dsc06818

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

間もなく満開の四ツ池公園

四ツ池公園の桜の花も、色鮮やかになってきた。間もなく満開。
 (写真をクリックで拡大)
A1dsc06794w
                     4番池畔の桜

4番池畔の藪木の枝に一羽のカワセミを見つけた。
B1_dsc06812 B2_dsc06807
           カワセミ                       カワセミ

池の畔の木々の芽吹が本格的な春到来を知らせている。
C1_dsc06777 C2_dsc06751 C3_dsc06752
     楓の新芽と花          楓の新芽と花               楓の新芽


陸上競技場附近の桜も満開まぢか。
D1_dsc06759w
                 陸上競技場と野球場の間の通路

E2_dsc06766 E1_dsc06761

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

城と桜(浜松城)

浜松城天主閣まわりにも、ようやく桜が咲き始めた。 (写真をクリックで拡大)
D2_dsc06683 D3_dsc06690
        浜松城天主閣                   徳川家康公像


浜松城公園の日本庭園では、しだれ桜が満開となっていた。
A1_dsc06666w

日本庭園の池の周りでは、桜に負けじとヤマブキ、ユキヤナギが春を競っていた。
B3_dsc06648 C1_dsc06670 C2_dsc06662
       しだれ桜             ヤマブキ             ユキヤナギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

城と桜(掛川城)

掛川城のしだれ桜が満開になったと聞き、掛川へと。大勢の人が内堀にあるしだれ桜に見入っていた。   (写真をクリックで拡大)
A1_dsc06565w
                   内堀にある満開のしだれ桜


天守閣へと続く登城路には四季桜が・・・
B1_dsc06566_3 B2_dsc06573_2
       登城路と四季桜                     満開の四季桜
  

復元された大手門近くから眺めるお掛川城。
C5_dsc06643
                     逆川畔の桜と掛川城

C4_img_1861 C2_dsc06631 C3_dsc06635
        大手門         ピンクの可愛い桜          桜に群がる野鳥

ソメイヨシノの満開は今少しさきになりそう、しだれ桜や四季桜がその時まで咲いていてくれると良いのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »