« 初冬の龍潭寺 | トップページ | 冬空の大池公園 »

2011年12月14日 (水)

奥山半僧坊

師走に入り何となく慌しいなか、方広寺へ。
桜のころ幾度となく訪れている奥山半僧坊は、まだ所々に紅葉が残っていた。
A1_dsc06866w
                         大本堂
山門をくぐり、しばらくすると参道が「らかん坂」と「哲学の道」の二手に分れる。
B2_dsc06787_2 B3_dsc06797_2  
            山門                            哲学の道
左手の「哲学の道」を進み、方広寺大本堂を参拝し、開山堂から半僧坊真殿へ。
D1_dsc06815_2 D2_dsc06819_2
            
大本堂内部                        大本堂裏
奥山半僧坊大権現は方広寺の鎮守の神でもある。
E1_dsc06841w
                        半僧坊真殿
真殿登り口では、昇り龍と降り龍が・・・
F1_dsc06827 F2_dsc06828
          昇り龍                          降り龍
一木彫り昇り龍、向かい合わせの降り龍は工匠岩五郎の作と言われている。

 

|

« 初冬の龍潭寺 | トップページ | 冬空の大池公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/53484137

この記事へのトラックバック一覧です: 奥山半僧坊:

« 初冬の龍潭寺 | トップページ | 冬空の大池公園 »