« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

ヤマアジサイ咲く浜北森林公園

この時季、浜北森林公園では、毎年楽しみにしていたコアジサイの花が見当たらない。昨年の台風でダメになったのか、間違って伐採されてしまったのか残念至極。

でも、淡い紅色や青紫色のヤマアジサイが咲き始めた。自然の中にひっそり咲くアジサイに心を癒される。 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc05085w 
B1_dsc05087 B2_dsc05090 
C1_dsc05131w
 
D2_dsc05140 D1_dsc05128 

水辺の畔では、ノアザミ、ウツギの花が初夏の訪れを告げている。
E2_dsc05116 E1_dsc05107_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

ウノハナ咲く万葉の森公園

二ヶ月ぶりに訪れた浜北万葉の森公園は、緑の眩しい初夏の彩になっていた。
(写真をクリックで拡大)
A2_dsc04006_2 A3_dsc04027_2

園内には、ウノハナ、ササユリ、アヤメ、アジサイなど初夏の花が・・・
F2_dsc04019_2
B2_dsc03996_3
E1_dsc03631_2
G2_dsc04021

やがて梅雨の訪れといもに、紫陽花も一段と色濃くなるだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

運動会

以前は、運動会といえば秋の行事とされてきたが、近ごろは梅雨前の5月末ごろ開催される学校が多くなった。

今日は、気賀に住む孫の運動会。幸いにも好天に恵まれ、楽しいひとときを過ごすことが出来た。 (写真をクリックで拡大)
A1_img_4707w
競技に参加する孫をみて、その成長ぶりに安堵。
B1_dsc04878_2 B2_dsc04893 
C1_dsc04932 C2_dsc04934
 
D1_dsc05000 D2_dsc05002
 
E1_dsc05054 E2_dsc05070

ビデオやカメラ片手にわが子を追う若い母親・父親たちの姿が微笑ましかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

鮮やかな黄色い花

木々の緑が濃くなった浜北森林公園・自然観察の森。勉強に訪れた幼い子ども達の姿が・・・。    (写真をクリックで拡大)
A1_dsc03983 A2_dsc03971 A4_dsc03972_2 
第三池近くの湿地では、「ハンカイソウ」が見頃となっていた。
B1_dsc03974w
ハンカイソウの黄色い花が、森の緑の中で鮮やかに映えていた。
C1_dsc03968_2 C2_dsc03973
湿地の周辺では、ノハナショウブ、モチツツジ、ノアザミなども見頃となっていた。
D2_dsc03982
D1_dsc03957 D5_dsc03979

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

薄紅色の渋川つつじ

初夏を思わせるような好天に誘われ、「渋川つつじまつり」へ。

薄紅色の花が群生する渋川つつじ公園は小高い山。50ヘクタールの山林に約10万株、公園には、およそ4000本が自生するという。 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc03933w

渋川つつじは三つ葉に三つの花を咲かせ、一般的なつつじより背丈が高く、花が大きく、色鮮やか。山の緑とつつじの薄紅色が作り出すコントラストが見事だった。
B1_dsc03912 B2_dsc03909_2 C4_dsc03884_2
C1_dsc03870 C6_dsc03892 C5_dsc03904

つつじ公園の周りには、長閑な田園風景が・・・
D1_dsc03841w
E1_dsc03947_2 E2_dsc03938 E3_dsc03950

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

今朝の天体ショー

浜松では曇り空で金環日食は見れないと思っていたが、日食が始る頃になって、タイミングよく雲が切れ、世紀の天体ショーを見ることができた。 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc08216_2 A2_dsc08243
午前7時半過ぎには、太陽の中心部が月に隠され、黄金のリングとなった。
A3_dsc08305

家の前の駐車場には、ご近所の人たちが日食グラスを持って集まり、賑やかなひと時を過ごした。グラスの無い人には順次回し、和気あいあいのうちに・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

新居の町に残る小松楼

豊橋からの帰路、大正から昭和20年代頃まで、芸者置屋・小料理屋を営んでいた「小松楼」を訪ねた。

小松楼は、一昨年訪れた「新居の関所」・「旅籠紀伊国屋」のすぐ近くにある。

湖西市HPにると・・・
新居では大正時代以降、関所の南側に歓楽街が広がり、多い時で60人から80人の芸者がいたと言われている。
小松楼は大正から昭和20年代頃まで芸者置屋及び小料理屋を営でいた。建物は明治末期以前のものを現在の地へ移築し、その後数回の増改築を行っている。
 (写真をクリックで拡大)
A2_dsc03719w
一階部分の部屋        
B1_dsc03713 B2_dsc03683 B3_dsc03682_1
2階は座敷となっており、独特の間取りやべんがら色の壁等、当時の面影が残る。
C1_dsc03713w
2階には、小松楼の娘さんの使っていた古いヤマハのオルガンが・・・。
D1_dsc03685 D2_dsc03688 D3_dsc03691
お座敷には、当時一番人気だったという“芸者”さんの写真が・・・。
E1_dsc03697w_1_2
  
F1_dsc03696 F2_dsc03693 F3_dsc03692

2階の奥座敷には上得意客をもてなす部屋も・・・。
G1_dsc03712 G2_dsc03710

小松楼は、新居の町が華やかに栄えた古き良き時代の面影を今に残す建物だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

春野の湧水

降り続いた雨も上り、今日は穏やかな五月晴れ。友達と湧水汲みに春野町へ。

途中、「春野ふれあい公園」で一休みし、初めてのパターゴルフを楽しんできた。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc03562 A2_dsc03555 A3_dsc03556
  春野ふれあい会館            会館ロビー         春野ふれあい公園

湧水は、杉川沿いを走る362号線、篠原トンネル東側。水量は先回(2月)よりも多い。
B1_img_4658 B2_img_4656

帰路、気田川に架かる真っ赤な吊り橋を渡ってみた。橋の袂には「一草」というバス停があり、朝夕この吊り橋を渡りバスを利用する人がいるのだろう。
D1_dsc03594_2
集落には人影はなく、静寂そのもの。
D2_dsc03577_2 D3_dsc03583


春野町の新緑を満喫したひと時だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

岡山城

しばし中断していた尾道、倉敷方面の旅行記、あとは岡山を残すのみ。

岡山城本丸の背後を旭川が流れ、さらに対岸には日本三名園の一つ後楽園がある。
城の天守台は、北に大きく突き出た不等辺五角形で、全国に例のない珍しい形をしている。
本の丸に月見櫓、不明門が復元されている。 (写真をクリックで拡大)
A4_dsc01786 A3_dsc01714
           旭川                    旭川に面して建つ岡山城

B1_dsc01720 B2_dsc01723 B3_dsc01724
       廊下門          廊下門(本丸側)              不明門

C1_dsc01737h
                  岡山城(黒い外観から烏城と呼ばれた)

D1_dsc01764 D2_dsc01790
                        月見櫓                                            月見橋から見た月見櫓


案内板によると、岡山城の沿革は・・・
 備前の国邑久から起った宇喜多直家が、岡山の地・石山の城にいた金光宗高を亡ぼして城郭を拡張し入城したのは天正元年(1573)の秋であった。それまでは金川の松田氏の属する小城に過ぎなかったが、直家はこの城を本拠として城下町の経営に着手し、岡山の繁栄の基礎をつくった。
その子八郎秀家は、豊臣秀吉の殊遇を受け、直家の遺領である備前、美作のほかに備中の内の高梁川以東をも加え、57万石をこえる大領主となった。
ここにおいて秀吉の意見に従い、石山の東に本丸を移して城郭の拡張整備を行い、慶長2年(1597)、3層6階の天守閣を落成するにおよんで、城普請は一段落した。
これがこの地に豪壮きわまりない石垣と内堀を残す岡山城本丸であって、さらに西南の平地に二の丸、三の丸などが城域を画し近世城下町の骨格ができあがったのである。
宇喜多秀家は、慶長5年(1600)の関ケ原の戦いに西軍の総大将となって出陣、一敗地に塗れて八丈島は流された。その後小早川秀秋が筑前の国・名島から移って岡山城主となったが、在城わずか2年あまりで急死し、後継者がなかったのでこの家は断絶した。
そのあと姫路城主池田輝政の子、池田忠継に備前一国を与えられ岡山城に入る。
以後池田氏31万5千石の時代が続き明治維新におよんだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

自然豊かな遠州森町へ

爽やかな五月晴れに誘われて、自然豊かな遠州森町へ。 

アクティ森の手前にある、美味しい手打ちそばの店 ほっとりで昼食。
(写真をクリックで拡大)
A1_img_4653 A2_img_4654

腹ごしらえ後、新緑のアクティ森を流れる清流、吉川の畔を散策。B1_dsc03472w
草むらには、勢いよく咲くノアザミなどが・・・
E1_dsc03476
E2_dsc03478 E3_dsc03480

アクティ森の庭園には、カキツバタなど咲き始めていた。
C1_dsc03520 C2_dsc03495

D1_dsc03505
D2_dsc03502 D3_dsc03514

山あり、川ありの静かな自然の中でひと時を・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

黄菖蒲

何時もの散策路、四ツ池公園の畔に黄菖蒲が咲き始めた。(写真をクリックで拡大)
A3_dsc08116 
B4_dsc03443 B1_dsc03451

新緑の美しい季節となった。
D1_dsc08211 C2_dsc03460_3


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

新緑の浜北森林公園

ゴールデンウィーク明けの月曜日、薄曇りのなか雨の心配をしつつ浜北森林公園へ。

公園内は、木々の緑が美しい季節となっていた。  (写真をクリックで拡大)
A1_dsc08132_2 A3_dsc08137_2
新緑の中に、モチツツジやヤマツツジの花が色鮮やかに。
B1_dsc08135w
 
C3_dsc08166
 C2_dsc08151 C1_dsc08162
水辺には、カキツバタ、黄菖蒲、コウホネが・・・
D2_dsc08185
D1_dsc08146 E2_dsc08179
散策路脇には、シャガ、ノアザミ、オオデマリの花が・・・
D3_dsc08208
E1_dsc08177 E3_dsc08195
湿地には、まだハルリンドウが・・・
F1_dsc08198
 F2_dsc08202_2 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

2年ぶりの浜松まつり

東日本大震災を受けて中止となった浜松まつりは、2年ぶりの開催。

五月晴れの昨日(4日)、凧揚げ合戦を見に中田島砂丘の会場へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc03356_2 A2_dsc03265_2 B1_dsc03331w
生憎、強風注意報が出るほどの強い風。厳しいコンディションのなか、各町内の若衆らが巧みに糸を繰り、大空に初凧を舞いあがらせていた。
C1_dsc03267 C3_dsc03333
2年ぶりの凧揚げは、熱気がこもった合戦だった。
C2_dsc03316

D4_dsc03272
E3_dsc03305 D8_dsc03287

浜松中心街では、夕方からきらびやかな御殿屋台の引き回しの行われた。
G4_dsc03399
絢爛豪華な屋台の中で奏でるお囃子が、まつりを盛りたてていた。
G2_dsc03419_2 G3_dsc03415


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

池田・熊野の長藤

五月晴れの今日、花の盛りは過ぎたかなと思いつつ、今年も長藤を見に熊野御前ゆかりの行興寺へ。    (写真をクリックで拡大)
A0_dsc03215
                           能舞台
境内には国指定1本、県指定5本の長藤がある。国指定の藤は樹齢800年という。
B1_dsc03218 B2_dsc03230

熊野御前は藤の花をこよなく愛し、行興寺本堂側に熊野が植えたと伝えられる老木(国指定天然記念物)があり「熊野の長藤」という。その花房は約1.5mにもなる。
C3_dsc03213
                   熊野の長藤(国指定天然記念物)

うす紫一色に覆われた境内は、今日4日は長藤まつり「池田の日」とかで、地元の方々や遠来の花見客で賑わっていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

二川宿本陣の五月人形展

葦毛湿原での帰路、二川宿本陣へ。

本陣内では、端午の節句にあわせ、五月人形展が開かれていた。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc03207 A2_dsc03201
明治から現代までの五月人形や、幟(のぼり)などが展示されていた。
B1_dsc03180w
C1_dsc03186 C2_dsc03198
かわいらしい「つるし飾り」も。
D1_dsc03190w

E2_dsc03196
E4_dsc03197 E3_dsc03192
鍾馗さんの幟や鯉のぼりも・・・
F1_dsc03179 F2_dsc03199

端午の節句は、子どもの健やかな成長を願い五月人形や鯉のぼりなどを飾る。そんな日本の伝統文化を何時までも残しておきたいものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

ミカワバイケイソウの咲く季節

ゴールデンウィークの天気予報は、芳しくない。はっきりしない天気の中、葦毛湿原へ。

新緑のこの時季、湿原を訪れる人達は多い。 (写真をクリックで拡大)
A2_dsc04773 A3_dsc03119
葦毛湿原は「ミカワバイケイソウ」が咲く季節。
昨年見られなかったので、今年こそはと思い、探してみると・・・・
B3_dsc03113
今年はことのほか多く咲いていた。今が見頃。
B4_dsc03103 B2_dsc04766

湿原を散策中、ザーッと通り雨。急ぎ木陰に。雨に濡れた花も美しい。
C2_dsc04780 C1_dsc04774
D1_dsc04778 D2_dsc04772


リンドウも、まだ湿原のあちらこちらで咲いていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »