« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

引佐・久留米木の棚田

家から18km程のところに、久留米木(くるめき)地区がある。浜松市北区引佐町の北東部で、浜名湖へ流入する都田川上流部東側に位置するところ。

60余の世帯からなる集落の東側に800枚の美しい棚田が広がる。なかには、耕作されていない田圃もある。    (写真をクリックで拡大)
A1_dsc05087 A2_dsc05088
            静岡県の『棚田等十選』と『日本棚田百選』に選ばれている

日当たりの良い山の斜面に、山から湧き出る水を利用して米つくりをしている。
B2_dsc05149w 
C2_dsc05123 C3_dsc05139
耕作をしていない田圃を迂回して水をめぐらす手間にご苦労されているという。
D2_dsc05112 D1_dsc05111 

昔ながらの米作りが地域の人たちによって守られている棚田。実りの秋に再度、訪れてみたいものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

初夏の彩り 葦毛湿原 その2

初夏、湿原はモウセンゴケ、トウカイモウセンゴケが一際、目を引く。モウセンゴケには白い花、トウカイモウセンゴケにはピンクの花が咲くからだ。
 (写真をクリックで拡大)
A2_dsc05647 C2_dsc05640
どちらも、グロテスクな葉に比べて小さな花(2~3mm)は清楚で可憐。
B1_dsc05047 D1_dsc05625
主に午前中に開花。蕾は、1つの花茎に沢山付けているが、花を3個以上咲かせているのはあまりないようだ。
B2_dsc05027
                        モウセンゴケの花
D2_dsc05050_2
                     トウカイモウセンゴケの花

木道入り口の薄暗い雑木林の中で、熱心に何かを撮っている人がいた。訊ねるとオオバノトンボソウ〈大葉の蜻蛉草)とのこと。葦毛湿原を訪れるようになって7年目、初めて聞く植物だった。
F3_dsc05593 F6_dsc05592 
今少し、花が開花すると蜻蛉らしくなるのだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

初夏の彩り 葦毛湿原の花々 その1

梅雨の晴れ間、2ヶ月ぶりに葦毛湿原へ。湿原は柿色の花、カキランが見頃となっていた。      (写真をクリックで拡大)
A1_dsc05645w
B1_dsc05064 B3_dsc05016

ふと足を止めてみると、そこにはトキソウが。
茎の先に1つだけつける淡紅色の可憐な花は、限りなく優しく美しい。
C1_dsc05054w

ノハナショウブは湿原のあちこちに咲き、そのさまは優雅そのもの。
D1_dsc05634w

時々さす薄日を受けて咲く花々は、湿原に初夏の彩を添えていた。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

梅雨晴れのガーデンパーク

梅雨の晴れ間、2ヶ月ぶりに浜名湖ガーデンパークへ。

えのき橋から展望塔を望む風景はお気に入りのスポット。台風4号の影響もなく穏やか。  (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04972w
百華園に入ると、早や秋の花オミナエシが。
B1_dsc05470 B2_dsc05520 B3_dsc05528 
C1_dsc05486
 C2_dsc05511 C3_dsc05531
花の美術館、水の庭エリアには睡蓮や菖蒲、桔梗などが・・・
D1_dsc05587w
 
E2_dsc05561
 E1_dsc05575 E3_dsc05574 
F1_dsc05585
 F2_dsc05577 F3_dsc05557
花の庭エリアには、ユリの花が。
G1_dsc05549 G3_dsc05588 G5_dsc05567 
H1_dsc05476 H2_dsc04977 H3_dsc04966

台風4号の風雨によるダメージも少なく、初夏を彩る花々が美しく咲いていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

雨上がりの万葉の森公園

台風による大雨も上がり、今日は真夏のような暑さ。買い物帰りに浜北万葉の森公園へ。      (写真をクリックで拡大)
A0_dsc04911w2

曲水庭園の芝生には、野生ランの一つでもあるネジバナが・・・。
A2_dsc04816 A5_dsc04845
一際目を引くのは、濃いオレンジ色のヒメユリ
B1_dsc04847 B2_dsc04904 B3_dsc04903
     ヒメユリ                 アザサ               女郎花       
C1_dsc04828
 D2_dsc03991 C2_dsc04822
      ほたるぶくろ           ムラサキ               桔梗
D4_dsc04928
 D3_dsc04912 C3_dsc04937
       ナデシコ           ナデシコ                ベニバナ
色濃くなった額アジサイ
E1_dsc04957w


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

初夏の彩 奥山高原

梅雨の晴れ間、アジサイが見頃と聞き引佐・奥山高原へ。

園内は、アジサイのグラデーションが初夏の高原を美しく彩っていた。
 (写真をクリックで拡大) 
A1_dsc04884w
                     斜面はを彩るアジサイの花
B1_dsc05433 B3_dsc05392 B2_dsc05432
C1_dsc05405 C2_dsc05430 C3_dsc05393
D1_dsc05410 D2_dsc05384 D3_dsc05395
E4_dsc05413 F2_dsc05383 F3_dsc05368
ところどころに咲く清楚なササユリ
G2_dsc05448w
H1_dsc05445 H2_dsc05350_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

梅雨とアジサイ

いよいよ梅雨本番。朝からの雨に我が家の小さな庭に咲くアジサイが雨に打たれて・・・。  (写真をクリックで拡大)
A1_dsc08330

小降りになるのを待って四ツ池公園へ。
B1_dsc08331 B2_dsc08342 
池の畔には、色美しいアジサイが・・・
C1_dsc08334_2 D4_dsc08567
C2_dsc08353 D2_dsc08337
D3_dsc08340 

雨の中のアジサイは、ここぞとばかりに、いきいきと咲いていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

梅雨の中休み

梅雨の中休みを活かし、ほどよい起伏があり散策にうってつけの浜北森林公園へ。

十日前に咲き始めたササユリはまだ咲いているだろうか、ヤマアジサイの色は鮮やかになっただろうかなどと思いながら遊歩道を歩くのも楽しいもの。
Sinrinken2000 

「かえでの道」付近では、まだササユリが咲き、清楚で美しい花を見ることができた。
そんなササユリを見ていると、梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばしてくれるようだ。
ヤマアジサイは、僅かながら鮮やかになっていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

花しょうぶまつり

豊橋の北、新城・豊川に接する所に花しょうぶの名所、豊橋加茂しょうぶ園がある。「花しょうぶまつり」が明日13日で終了すると聞き、小雨のなか、三ヶ日経由豊橋加茂しょうぶ園へ。

梅雨空の下、花しょうぶまつりの終りを惜しんでか、傘を片手に訪れる人が・・・
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc04758w_1_2 
B1_dsc04757_3 B3_dsc04766_2

雨に濡れた花しょうぶは、一層鮮やかに・・・
C3_dsc04755_2 C2_dsc04775_2 C1_dsc04763_2 
D3_dsc04750_2 E1_dsc04774_3 E2_dsc04773_3
 
E5_dsc04762_2 E4_dsc04770_2 E3_dsc04769_2


美しい花しょうぶを鑑賞したあとは、加茂神社に参拝。
F2_dsc04784_2 F3_dsc04785_3
       賀茂神社拝殿                      茅の輪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

掛川 加茂荘

加茂花菖蒲園に入ると左手に白壁の塀や土蔵が目にとまる。この部分を含め奥にある庄屋時代の建物を加茂荘といい、桃山時代より代々この地方の庄屋であった加茂家の邸宅である。  (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04346w
屋敷の入口にあたる長屋門は花菖蒲園の象徴的な建物で、江戸時代中期のもの。
B1_dsc04274 B2_dsc04327
玄関から眺めた前庭と長屋門
O2_dsc04280

庄屋屋敷の内部の様子。
手前3畳の間が「みせ」と言って、接客の間。その奥に10畳の座敷が4つある。
C1_dsc04319w
板の間で食事を配膳し、奥の畳の部屋(でい)で食事をとっていたという。
D1_dsc04317_3 D2_dsc04284
D3_dsc04312 E1_dsc04289 E2_dsc04309
庄屋屋敷内部から屋敷の建物を眺めたようす。
土蔵は安政の地震後、明治になってから建て替えられたもの。
F1_dsc04303 G3_dsc04315

花菖蒲の美しさと、古き庄屋屋敷が見事に調和した景観だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

紫陽花と花菖蒲

梅雨空には、紫陽花と花菖蒲がよく似合う季節。そこで、はままつフラワーパークへ。

陽ざしの少ない野生アジサイ園では、白、青、赤などのヤマアジサイが美しさを競っているよう。   (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04482w_2
                         野生アジサイ園
B1_dsc04446 B2_dsc04471 B3_dsc04461 
C1_dsc04464 C2_dsc04467 C3_dsc04474

梅雨空のもとハナショウブは、一層色鮮やかになってきた。
D1_dsc04524w_3

                        ハナショウブ園
E1_dsc04492 E2_dsc04504 E3_dsc04495
 
F2_dsc04509 F3_dsc04511 G1_dsc04501
 
F1_dsc04510 G2_dsc04505 G3_dsc04508



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

ササユリ咲く山(豊橋市伊古部町)

浜松の自宅から約40Km、渥美半島の表浜街道(42号線)沿いにササユリの咲く山(豊橋市伊古部町)がある。

この週末、「ささゆりの里まつり」が開かれると聞き、一足早く出かけた。

以前は、伊古部町をはじめ渥美半島にササユリが咲いていたが、いつの間にか絶えてしまったという。

かって、ササユリが群生していた伊古部町太平洋岸の山中で1株のササユリを見つけ調査・研究。その種を取って大切に育てた球根を増やなどの保存活動により、多くのササユリが再び咲くようになったという。   (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04641_2 A2_dsc04649_2 
林の中には、清楚なササユリが数多く咲いていた。
B1_dsc04627w
C1_dsc04599 C3_dsc04605 E1_dsc04634 
D1_dsc04578_2 D2_dsc04577 D3_dsc04571
 
F1_dsc04614w


坂道を登ったところに展望台があり、眼下に遠州灘が広がっていた。
G3_dsc04595 G2_dsc04593


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

カラフルなユリの花

加茂菖蒲園(掛川)の帰路、見頃にはまだ早いかなと思いつつ、可睡ゆりの園へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc04390w_2
日当たりの良いところには、カラフルなユリの花が・・・。
B1_dsc04416_2 B2_dsc04382_2 B3_dsc04414_2
C1_dsc04402_2 C2_dsc04406 C3_dsc04361_2

山あいに咲き誇るユリ。
D3_dsc04368_2 D2_dsc04421_2

今しばらくは、美しいユリが楽しめるのでは・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

金星の太陽面通過

今日は、5月21日の金環日食に続き、太陽の前を金星が通過する天体ショー。先回、用意した590円の「金環日食グラス」をデジカメの前に付けて撮影してみた。

金星が太陽の前面を通過を始めるころは、空一面、雲で覆われ、見ることは出来なかったが、午前11時頃には雲間から太陽が顔を出し始めた。
早速、「金環日食グラス」を通して見ても、黒い金星は小さすぎて見えない。しかし、デジタルカメラで撮影した画像には、滴のような黒い金星がはっきり映っていた。
(写真をクリックで拡大)
Dsc05171_2

5月の金環日食の時の迫力とは違うものの、珍しい天文現象を見ることができた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

加茂花菖蒲園

菖蒲の頃、遠州森町 一宮花しょうぶ園を訪れるが、今年は少し足をのばし掛川の加茂花菖蒲園へ。

加茂花菖蒲園は、江戸中期に建てられた庄屋屋敷「加茂荘」の門前に広がる。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc04213w
A2_dsc04243w

園内は、美しい菖蒲をキャンバスに描く人、カメラに撮る人たちが・・・
B2_dsc04252 B1_dsc04253
初めて見る花の色も・・・
C3_dsc04263 D1_dsc04233 C1_dsc04225 
C2_dsc04249 D2_dsc04246 D3_dsc04205
広さ約1ヘクタールの敷地に、1500品種100万本の花菖蒲が咲き揃うという。
F1_dsc04339w

広い敷地に咲く様々な色合いの花菖蒲に圧巻されたひと時であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

ササユリ咲く

清楚なササユリの花が浜北森林公園のあちらことらに彩りを添える季節となった。

ササユリの傍らには、美しいユリをキャンパスに描く人も・・・。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc04188w
バードピア浜北から、うぐいす谷の道近くに、ササユリが咲き始めた。
B3_dsc04179_2 B2_dsc04184_2 
C1_dsc04160_2 C2_dsc04139_2

西ノ谷奥池畔近くでは、ササユリが木蔭ににひっそり咲き・・・
Z1_dsc04096w

D2_dsc04080 D3_dsc04086_2 

うぐいす谷親水広場近くでは、ヤマアジサイの花も色濃くなった。
F3_dsc04115 F2_dsc04112 F1_dsc04130

自然の中に咲く花々は、何時も心を和ませてくれる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

都田川河口散策

孫の顔を見に気賀に出かけた折には、よく都田川河口を散策する。

昨日も、右岸堤防から、みおつくし橋を渡り左岸堤防を曳舟橋まで一回りしてみた。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc02566w
                 細江公園(公園山)から見る都田川河口

みおつくし橋は、浜名湖周遊自転車道の橋で、自動車は不可。
B2_dsc04064_2 B3_dsc04039_3
この時季、川には、シジミ採りをする人の姿も。
C4_dsc02868 C1_dsc04038 C2_dsc04034

左岸堤防道路沿いには、近くの住民が植えた花々が咲き、初夏の彩り。
D1_dsc04042_2 D2_dsc04049 F1_dsc04043 
F3_dsc04056 F4_dsc04055 F2_dsc04047 
E1_dsc04045 E2_dsc04054_2 F5_dsc04058

季節毎に変わる風景を見ながらの散策は楽しいもの・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »