« 細江神社祇園祭-1 | トップページ | 浜北万葉の森公園は夏の装い »

2012年7月16日 (月)

細江神社祇園祭-2

赤池様の神事後は、若者らが町内を練り歩く「出引(でびき)」。

各地区の出引が天王小路に集結。装束は、浴衣、地区によって色分けされたタスキをつけ、白地の地下足袋や下駄。イグサで編んだ鳥追笠を被っている町もある。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc05692 A2_dsc05700 A3_dsc05696
出引には左右に2個の和太鼓を乗せ、篠笛が後に続く。
A4_dsc05698 A5_dsc05710 A6_dsc05694

和太鼓と篠笛の奏でるお囃子が、いやが上にも祭を盛り上げていた。
C1_dsc05737 C2_dsc05714
町内巡行は、清水地区からスタート
B1_dsc05713w 
D1_dsc05746 D2_dsc05749_3

細江神社は、かって浜名湖入り口の今切口にあった神社が大津波によりご神体が流され、奥浜名湖の気賀に漂着。社殿を建てご神体を安置したのが始まり。江戸時代には姫街道の守り神として信仰を集めた。

 

|

« 細江神社祇園祭-1 | トップページ | 浜北万葉の森公園は夏の装い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/55210310

この記事へのトラックバック一覧です: 細江神社祇園祭-2:

« 細江神社祇園祭-1 | トップページ | 浜北万葉の森公園は夏の装い »