« 残暑の万葉の森公園 | トップページ | 花桃の里 »

2012年8月22日 (水)

清水といえば次郎長

とろろ汁の丸子丁子屋、安倍川餅の石部屋をあとにして、一路清水へ。

清水といえば、次郎長。エスパルスドリームプラザからエスパルス通り出て、巴川に架かる「港橋」を渡る。 (写真をクリックで拡大)
A1_img_4772 A2_dsc06493 A3_dsc06489
  エスパルスドリームプラザ        エスパルス通                巴川
途中、往時を偲ばせる白壁の土蔵を見て、旧市街を東西に伸びる商店街へ。
B1_dsc06486 B2_dsc06485
今にも大政、小政、石松を従えた次郎長が肩で風切って現れそうな通り、「次郎長通り」を進む。商店街の一角にある清水次郎長の生家を訪ねた。
C1_dsc06477w
生家には、大政、小政、石松などお馴染みの「28人衆」の名前がすらりと。
D1_dsc06479 D3_dsc06478
当時の生活空間をそのままが・・・
E1_dsc06482 E2_dsc06483
帰路は、次郎長が晩年に開業した船宿「末廣」を復元した「清水港船宿記念館」へ。
F1_dsc06490w 
G2_dsc06471 G3_dsc06472

“清水港の名物は お茶の香りと 男伊達 ~ ”の一節をつい口ずさみたくなるような・・・。

|

« 残暑の万葉の森公園 | トップページ | 花桃の里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65277/55483918

この記事へのトラックバック一覧です: 清水といえば次郎長:

« 残暑の万葉の森公園 | トップページ | 花桃の里 »