« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

ヤマラッキョウ咲く葦毛湿原

気候の良いこの時季、湿原には多くの人が訪れる。

湿原の花をウォッチングする人、湿原を経由してNHK中継所のある裏山にプチ登山する人など様々。

(写真をクリックで拡大)
F1_dsc07081 F2_dsc07120
      裏山へ登山する人                     花を撮る人   

秋の深まりとともに、ヤマラッキョウやホソバリンドウが咲き始めた。
A2_p1000020w
湿原の奥深くに咲くホソバリンドウを撮るのは大変。
B2_dsc07108 B4_p1000018
イワショウブは真っ赤な実を付け、仕上げのとき。
C1_dsc07052 C2_dsc07070
スイラン・マアザミは今を盛りと咲いていた。
E1_dsc07042 D1_dsc07083 E2_dsc07061

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

紅葉も少し始まって

秋も日一日と深まり、浜北の森林公園は、徐々に色づき始めてきた。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc08508w_3
B3_dsc07018 B2_dsc07015
西ノ谷奥池付近では、秋の草花が今を盛りと咲いていた。
C1_dsc08485 C3_dsc08497 C2_dsc08488 
D1_dsc08465 D2_dsc08484 D3_dsc08498
湿地では、マアザミやスイランに蝶が飛び交っていた。
E3_dsc07006 E2_dsc06987
F3_dsc07024 F1_dsc07019

森全体が赤く染まるのは、今少し先かな?B1_dsc08474

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

ヒマワリとコスモスの競演

袋井の北部、袋井市友永で今週末、「ひまわり祭り」が行われる。少し早めの25日(昨日)、「祭り」の行われる「源氏の里」へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc06958w 
「源氏の里 ひまわり畑」の幟や案山子が出迎えてくれた。
B3_dsc08437 B1_dsc06934 B2_dsc06933 
秋空の下、ヒマワリとコスモスの競演は華やぎの空間を呈していた。C1_dsc08451w
E8_dsc06938_2 E6_dsc06968 E7_dsc06953 
黄色のひまわりの他、濃い赤紫の「ムーランルージュ」という品種も。
D1_dsc06950 D2_dsc06942
刈入れの終わった田圃には、エサをついばむアオサギが一羽。
F1_dsc08462w
G1_dsc06978 G2_dsc06981_3

「ヒマワリ祭り」の行われるこの地を「源氏の里」というのは、友永地内にある積雲院というお寺に、源頼朝の長兄にあたる「源朝長」の墓があることから名付けられたという。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

コスモス秋風に揺れて

青空の広る22日、秋を代表する花、コスモスを見に浜北上善地へ。

夏、ヒマワリを楽しんだ畑には、清楚なコスモスが秋風に揺れていた。

(写真をクリックで拡大)
A3_dsc08385w

畑には、ピンクや白のコスモスの花がビッシリ。
B2_dsc06912 B1_dsc06913
畑に入り、風に揺れるコスモスの花を楽しんだ。
C1_dsc06915 D3_dsc06901 C2_dsc06898
D1_dsc06897_2 D4_dsc06904

間もなく、コスモス畑は満開に。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

秋の上高地(河童橋)

上高地帝国ホテルを出るころには、雨がポツリポツリ降り始めた。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc08325 A2_dsc08326 A3_dsc08328

原生林に戻り、梓川の川原へ。川原には日本ザルの群れが、人慣れが進まないようサルの追い払いを強化しているという。
C1_dsc08293
C2_dsc08301
田代橋付近から梓川左岸コースに入り、河童橋を目指す。
D1_dsc08349_2 D2_dsc08352_2
途中、バスターミナル付近が一番紅葉していた。
D3_dsc08353_2 D4_dsc08356 
E1_dsc08355w
河童橋からは、雨に煙る上高地の雄大な景観が。雨の上高地もまた佳し。
F1_dsc08354 F1_dsc08357
G1_dsc08362w


今回は、大正池から田代池・田代湿原を経由して、途中、梓川左岸より河童橋までの散策だった。カラマツが美しく秋色にそまった上高地は、素晴らしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

秋の上高地(田代池)

焼岳をうつす大正池を後に、紅葉の進む自然林の中を田代池へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc08211 A2_dsc08212 A3_dsc08245
穂高連峰にかかる雲が次第に濃くなってきた。
B1_dsc08247 B2_dsc08257
草原に拡がる田代池。その周辺は綺麗に黄葉していた。
C2_dsc08271_2 
D2_dsc08272 D1_dsc08275
田代橋へ。橋からは梓川の清流と穂高連峰が。
F1_dsc08307 F2_dsc08312

穏やかな田代池、清流梓川を見た後は帝国ホテルで一休み。
F2_dsc08345

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

秋の上高地(大正池)

秋の上高地は2回目。2年前は途中から土砂降りの雨で散々な目に。
今回は、帰り近くまで天気はもち、大正池から河童橋まで散策した。

大正池は大正15年、焼岳の噴火により梓川が堰き止められできた。

(写真をクリックで拡大)
A1_dsc08179w
                          大正池                        

B1_dsc08190_2 A3_dsc08193
水没した林は幻想的な立ち枯れとなり、神秘の景観を残している。
D3_dsc08220w_2
                           焼岳

C1_dsc08200_2 C2_dsc08199

田代湿原付近は、きれいに紅葉していた。

F1_dsc08458w_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

ホトトギス咲く浜北森林公園

爽やかな秋晴れに誘われ、秋の草花を探しに浜北森林公園へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc08149w
西の谷奥池周りでは、マアザミが咲き、赤とんぼやアオサギも・・・
A5_dsc08148 A4_dsc06825 A3_dsc06838

水辺の散策路では、タイワンホトトギスが咲き始めた。

B1_dsc06865w 
C1_dsc08175 C3_dsc08162 C2_dsc08172

湿地では、スイランが咲き、イワショウブが赤い実を付けて。
D1_dsc06802 D3_dsc06821 D2_dsc06796
ホザキノミミカキグサも見られた。
E2_dsc06813 E1_dsc06823_2 E3_dsc06801_3 

園内の木々が美しく紅葉する季節は、もう間近。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

スイラン咲く葦毛湿原

爽やかな秋空がひろがる葦毛湿原へ。

湿原に吹く風も肌寒さを感じ、季節の移ろいは何と早いものか。
ぽつりぽつりとスイランが咲き始めた。   
(写真をクリックで拡大)
H2_dsc08114w 
湿原に、鮮やかなスイランの黄色が一際美しく。
A2_dsc06738 A4_dsc08116
イワショウブは、既に盛りを過ぎ、赤い実を付けはじめた。
B1_dsc06767 B2_dsc06753
シラタマホシクサ、サワヒヨドリ、サワシロギクも旬は過ぎて。
C1_dsc06758w
F3_dsc06772 F1_dsc06779
今が盛りと咲くキセルアザミ。綺麗な花の近くには蝶や赤トンボが。
E2_dsc06781 E1_dsc06780
G1_dsc06747 G2_dsc06775

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

稲刈り後の四谷千枚田

稲刈り後の千枚田を見に、新城市鳳来地区北端、鞍掛山麓近くに拡がる四谷千枚田へ。

ここ四谷千枚田は平成11年、日本の棚田百選に選ばれたところ。鞍掛山を背景に石積みの水田が約850枚耕作されている。

(写真をクリックで拡大)
A2_dsc08094w

歴史は古く、江戸時代頃から千枚田の形態が整っていたと言う。

100余年前の明治37年(1904)、山津波で家屋10戸と田畑が流出し、11人の死者が出るという大惨事。途方にくれた村人だったが、鍬とモッコで復興に立ち上がり、何年もかかって荒れ地を堅牢な石積みの棚田に蘇えらせた。

C3_dsc08078 B4_dsc08067 
B2_dsc06722

自然石による石積みの棚田、鞍掛山が一望できる千枚田は、心に残る風景でもあった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

コスモス咲く風景(コスモスの小径)

秋を象徴する花、コスモスを見に愛知県新城へ。

浜松から三ヶ日経由宇利峠を越せば程なく「コスモスの小径」に出る。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc08004 A2_dsc08042 A3_dsc06698
約30万本ものコスモスが植えられた「コスモスの小径」は、休耕地を地元の有志が協力してコスモス畑にしたという。

まだ、花の数は少ないが、つぼみの中に咲くコスモスがきれい。
B2_dsc06673w 
C1_dsc06655 C2_dsc06680
D2_dsc06691 D1_dsc06666
E1_dsc06693 E3_dsc06689

ピンク・薄紅・濃紫など色とりどりの花が鮮やかに・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

幼い孫の運動会

爽やかな秋とはいえ、まだ暑さの残る三連休初日は孫の運動会。

先月9月、四年保育の年小組に入園。入園して一ヶ月余での運動会。
幼い孫の出場は四種目、全て出場できるか否か心配だった。

(写真をクリックで拡大)
A1_dsc06460
先生に手を引かれたり、親と一緒に参加したりで、出場種目をクリアー
C1_dsc07909 D3_dsc07908 D4_dsc07912
最後は徒競走。名前を呼ばれて「ハイ!」と返事の後スタート。
予想に反して、マイクからは孫の大きな「ハイ!! 」の声が・・・
B2_dsc06582b
E1_dsc06592
兄の待つゴール目指して。ゴールでは幼い兄弟のうれしそうな顔が。

競技を終え、ご褒美のメダルや賞品を手にして、皆の顔はニコニコ。

D2_dsc06632

良い天気に恵まれ、孫の競技にハラハラ・ドキドキの楽しい運動会だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

都田川河口の秋

気賀に出かけた時は、都田川河口に架かる澪つくし橋から曳舟橋までの両岸を散策する。都田川河口は秋の風情。 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc07855w

午後3時過ぎ、澪つくし橋を学校帰りの生徒が行き交う人に挨拶しながら自転車で走り去る。
B1_dsc07858
B2_dsc07866
川面には小さな釣り舟や岸辺で釣り糸を垂れる人などが・・・
D3_dsc07863w

C1_dsc07868_2 D1_dsc07860
堤防には彼岸花も・・・
E1_dsc07874 E2_dsc07877

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

コスモス咲く浜名湖ガーデンパーク

雲に覆われていた天気を心配しながら浜名湖ガーデンパークへ。

「花の美術館・花の広場」には色とりどりのコスモスが咲き始めていた。

(写真をクリックで拡大)
A1_dsc07835w 
B1_dsc06395b B2_dsc06401b
C2_dsc07826 C3_dsc07833 C1_dsc06397
「水の庭」の木蔭には白い「ヒガンハナ」や「ショウキズイセン」が・・・
E1_dsc06354 E2_dsc06368
竹林に咲くヒガンバナはまだ見頃
F1_dsc07797 F2_dsc06413
G1_dsc06381
G2_dsc07806 G3_dsc06420
「花のひろば」のコスモスは、台風の影響か葉の縮れたものも・・・
H1_dsc07774w
展望台から見ても、コスモスが目立たず、巨大な地上絵もイマイチ・・・
I1_dsc06424 I2_dsc07783_b I3_dsc07791b 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »