« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

さくら堤は満開

花曇りの昼下り、天竜浜名湖鉄道・気賀駅は春の彩。駅構内は、桜や桃の花が色鮮やかに・・・  (写真をクリックで拡大)
A1_p1040759w

B1_p1040745
B2_p1040760

都田川さくら堤は満開。
C1_p1040715w

D1_p1040718 D3_p1040730

堤は、桜を見ながら散策する人や、宴を繰り広げる人で賑やか。

E2_p1040740w

来週は、江戸時代、諸国の姫様が好んで通ったとされる姫街道の往時を再現した姫様道中が、この桜のトンネルで行われる。

それまで桜が散らないで欲しいものだが・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

道の駅 花桃の里

天竜区・船明ダム湖畔の桜のトンネルを後にして、道の駅 花桃の里へ。 (写真をクリックして拡大)
A1_p1040638w
穏やかなダム湖に架かる「夢のかけ橋」を渡り花桃の咲く対岸へ。
B1_p1040633
B2_p1040594

対岸の花桃は見頃。静かな湖畔に聞こえるのは野鳥の声のみ。
C1_p1040614w
 
D1_p1040599 D2_p1040613
E1_p1040598 E2_p1040600

橋の上からは、穏やかな湖面と緑豊かな山々が・・・
F1_p1040623w

船明ダム湖畔で満開の桜と花桃を楽しむことができた。(3月28日)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

船明ダム湖畔の桜

汗ばむほどの暖かさ、花見の見納めにと天竜区にある船明ダムへ。

天竜川の最下流にある船明ダム湖畔に咲く桜は、今まさに満開。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1040644w_2

岸辺の桜や風景が静かな湖面に映り込み、とてもきれい。
B1_p1040670 B2_p1040669

桜は船明ダム運動公園のある東岸に沿って咲き、長い桜のトンネルに。

C1_p1040655w
桜の下では、家族連れや仲間らが天竜川を眺めながら花見を。
D2_p1040645


帰路、二俣市街の温度計は23℃を示していた。今日は予想外の暖かさだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

豊橋公園の桜

吉田城址にある「豊橋公園」の桜が見頃と聞き豊橋へ。

吉田城は、戦国時代に築城され、今橋城が後に改称されてもの。現在は鉄櫓(くろがねやぐら)が豊川のほとりに建っている。
(写真をクリックで拡大)
B1_p1040432
B2_p1040440
C1_p1040486

豊川沿いの遊歩道沿いに咲く桜の古木
D1_p1040463 D2_p1040471
二の丸広場付近の桜は満開。だが花見客は疎ら。見頃が早過ぎた?
E1_p1040496 E2_p1040502

公園は、市役所やNHK等と隣接し、市民の憩いの場所となっている。
F1_p1040500w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

青空に映える桜

午後になり青空が広がり、花見日和となった。桜の咲き具合を見に浜松球場周辺へ。   (写真をクリックで拡大)
A1_p1040405w
野球場スタンドから、自由広場を眺めれば、桜色一面
B1_p1040401
B2_p1040418

陸上競技場に咲く桜の古木が青空に映えて美しい。
E1_p1040421w
 
C1_p1040411_2 D3_p1040409


野球場一塁スタンド側の桜は、ほぼ満開に。

F1_p1040412w


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

桜を見上げる人

心地よい春の風、桜咲く四ツ池公園へ。  (写真をクリックで拡大)
G3_p1040371w

池の畔で桜を見上げる人、釣に興じている人等、池には様々な人が。
A2_p1040379
H1_p1040374

一番奥の池では山桜が既に満開。
A0_p1040370w

B1_p1040367
B2_p1040368

池の畔を一回りして陸上グランドへ。途中、浜松聴覚特別支援学校前を通ると校内の桜は、ほぼ満開。
C1_p1040385w

野球場の周りは、満開のものも・・・
D1_p1040395
D2_p1040396
桜色に染まるのは、もうすぐ。
H2_p1040397w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

湿原から春の贈り物

暖かい春風に誘われ、今春初めて葦毛湿原へ
F1_p1040343w 
暖かい陽の光を浴び、気の早いハルリンドウ咲き始めていた。湿原からの春の贈り物のよう。
B1_p1040345w
ショウジョウバカマが湿原内のあちこちで咲いていた。
C1_p1040328w

ボランティアによる大規模な植生回復作業が行われた湿原では、ミカワバイケイソウの発芽が進んでいた。
E1_p1040323
D1_dsc07643

1月から2月末にかけ大規模な植生回復作業が実施されたようだ。周囲から押し寄せる雑木や湿地性以外の植物を取り除き、20~30年前の状態の回復を目指すという。

葦毛湿原を訪れ、季節ごとの湿原特有の草花を見て、自然を間近に感じてきた。それは、労力を惜しまず懸命に保護活動に携わっておられる方々のおかげだと実感した。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

逸勢さくら満開

国道362号線,、三ヶ日市街を抜けると本坂トンネル手前に橘神社がある。  (写真をクリックで拡大)
A1_p1040312
平安時代の三筆と称された空海、嵯峨天皇、橘逸勢。その一人、橘逸勢を祀った神社の桜がことのほか美しい。
B1_p1040271

静かな山間の神社にはメジロなどの野鳥が飛び交い・・・
C2_p1040295 C3_p1040299
1本桜、逸勢桜(はやなりざくら)は今、満開。

D2_p1040282


毎年どの桜よりも早く咲く逸勢桜。今年は特に早いようだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

ショウジョウバカマ咲く浜北森林公園

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、今朝はすっかり春模様。
久しぶりに浜北森林公園・三番池近くの湿地へ。

湿地に向けて山道を下ると、汗ばむほどの暖かさ。この時季、出会う人もない。(写真をクリックで拡大)
A1_p1040244
A2_p1040213

冬の枯草に覆われてた湿地を見渡すと所々に薄紫色の花が・・・。
B1_p1040205w

湿原の奥に咲く「ショウジョウバカマ」
C1_p1040217
C2_p1040236

山道には春の陽を浴びて輝くスミレの花が・・・
D2_p1040240
D3_p1040157

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

春の彩くっきり万葉の森公園

天竜区山東にあるカタクリ群生地の帰路、浜北区万葉の森公園へ。

一週間ほど前には蕾の堅かった公園入口の枝垂れ桜、今日はもう開花していた。
 
(写真をクリックで拡大) 
A1_p1040190w
いつもよりちょっと早いのかな!!
B2_p1040189_2
B1_p1040191

カタクリの花も咲き始め、可憐な淡い紅色の花弁が風に揺れ、訪れる者を手招きしているようだ。
C1_p1040170w
 
C21_p1040171 C31_p1040167

春を待ちかねたように咲いた翁草。時期ごとに、その姿形を変えていく。
D1_p1040177w
E2_p1040173 E1_p1040183 E4_p1040185

春の彼岸入りに合わせるかように、次々と花々が咲き始め、春の彩もくっきりと・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

天竜区山東のカタクリの花

北遠入口近くの群生地でカタクリの花が咲き始めたと聞き、山東へ。

群生地は、山の斜面いっぱいに広がっていた。
(写真をクリックで拡大)A1_p1040135w

カタクリの花は淡い紅色の花弁を反らし、陽の光を浴びて・・・・。
B1_p1040140_2 B2_p1040154 
C2_p1040142 C3_p1040151
A2_p1040149w


帰路、万葉の森公園へ。ここでもカタクリの花、翁草、春蘭などが咲き始め、春の彩が一段と濃くなってきた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

南アルプス市から見た風景

姉の死の知らせ、急きょ浜松から3時間程の山梨県南アルプス市へ。

アルプス市は、南アルプスの山々と山梨県を代表する果実の郷として知られる山岳・田園都市。近くを歩けば、桃園やサクランボのハウスが・・・。 (写真をクリックで拡大)
A2_img_5011 A1_img_5006
仰ぎ見れば富士山の雄姿も・・・
B1_img_5058w
今は、梅の花が満開、庭には蕗の薹も・・・
C1_img_5046 C2_img_5064

人の不幸は突然訪れるもの。姉が76才で今週月曜日に亡くなった。
葬儀の前日に荼毘。東空に真っ赤な朝焼けが・・・。

D1_mg_5060w_2

突然のこと、近隣の人達、老いも若きも総出で近くの寺で葬儀が行われた。
E1_img_5045w

                 葬儀前日の蔵福院
周りの人達のあたたかい思いやりに満ちた葬儀も無事終了。感謝・感謝の気持ちいっぱいいに浜松へ・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

近場にある菜の花畑

浜松市北区東三方町、豊岡小東の交差点を西へ曲がって150m位のところにある菜の花畑へ。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1040053w_2
春いっぱいと言わんばかりの菜の花が、鮮やかな黄色い絨毯を敷きつめていた。家族連れが次々と訪れ、春を満喫していた。
B1_p1040060
 B2_p1040058
ここは、個人の方の元牧草地で、十数年前から菜の花を育てている。
C1_p1040081w
菜の花畑には春の草花も咲き、蝶が・・・
D1_p1040069
 D2_p1040121 D3_p1040082
ここ数日の春めいた暖かさで、一気に開花がすすんだようだ。
F2_p1040078w

近場に、このような菜の花一面の畑があることを初めて知った。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

この時期だけの梅のトンネル

根本山の河津桜を見た後、気賀の長楽寺へ。

長楽寺の「梅のトンネル」は、見頃となっている。 (写真をクリックで拡大)
A3_p1030998w
長楽寺本堂跡の高台に登る石段の両側に梅の木が連なる。梅の香が漂う中、一歩一歩石段を踏みしめるように登る。
E1_p1040004w
石段を覆うように伸びた枝には小さな可愛らしい白い花が咲く。
C1_dsc07617w
C2_dsc07604w

参道を登りきると、本堂跡。そこにも一面に梅の花が・・・
B2_p1040001
B1_p1040003

本堂跡から浜名湖を望むことができ、少し靄っているが見事な景色。

F1_dsc07597w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

根本山の河津桜

今日は、暖かく花見日和。河津桜の見ごろになった根本山へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1030982
A3_p1030981 C3_p1030965

河津桜は、気賀から近い根本山山荘南側の道路にある。そこには、美しい桜を見に来る人々が・・・
B2_p1030964w
 
C1_p1030966
C2_p1030970
メジロが桜の花々に飛び交い、春を満喫しているようだ。
D2_dsc07588_1



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

春色に染まる梅園(龍尾神社)

多くの梅見の人々で賑わう掛川の龍尾神社梅園へ。

梅園は境内に広がる丘陵地にあり、そこに咲く枝垂れ梅は見頃に。
(写真をクリックで拡大)
A2_p1030918w 
B6_p1030946
B5_p1030909
淡いピンク、紅、白色の花が流れるように咲き誇り、春色に染まる。
D1_p1030877w


散策路の一角からは、枝垂れ梅の間に掛川城が見える。
E1_p1030924
E2_p1030926

龍尾神社は掛川城の守護神として代々の城主が信仰してきた神社。
F2_p1030953

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

河津桜とメジロ

朝の寒さも緩み、昼近くには春らしい日差しとなった。

上島公園では河津桜の花数が増え、ピンク色も濃くなった。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1030834w

B2_p1030811
B3_p1030823

目を凝らすと、花から花へと忙しく飛び交うメジロが・・・。
C2_p1030812w
C1_p1030813w_2

春の足音がすぐそこまで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

新居宿旅籠紀伊国屋のひなまつり展

新居宿にある旅籠「紀伊国屋」でひなまつり展が開かれている。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1030695w
入り口を入ると福助人形が迎えてくれる・・・
B1_p1030686
B3_p1030680 B2_p1030687

江戸末期から昭和40年代にかけてのひな人形が飾られて。
C1_p1030684w
 
D1_p1030646
D5_p1030683 D6_p1030660

五人囃子の人形は、約200年前の江戸時代、新居で質屋を営んでいた倉地家が、大名と思われる人物より譲り受けたもの。
D8_p1030647w

白梅の咲く中庭
E1_p1030665w

雛飾りを眺めながら、暫しいにしえの雅な世界に想いをはせて・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »