« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

街中の花しょうぶ園

我が家から歩いて数分のところ、マンションや住宅が立ち並ぶ中、まるでオアシスのような空間に花しょうぶが咲いている。
 
(写真をクリックで拡大)
A1_p1080066w

そこは、休耕田を利用した花しょうぶ園である。
D2_p1080062
D1_p1080080 
C1_p1080083w

今年も色鮮やかな花しょうぶが咲いている。
B1_p1080060
B2_p1080102 
E2_p1080076w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

梅雨空に咲く紫陽花

東海地方が梅雨入りした昨日、豊橋植物園では、梅雨入りを待つかのように、色とりどりのアジサイが咲きだしていた。  (写真をクリックで拡大)
A1_p1080036w
花の色は多様で、見るものを楽しませてくれる。

B4_p1080023 B3_p1080037
C1_p1080048 C3_p1080028

雨の朝。
我が家の紫陽花も、そぼ降る雨に濡れて、葉の上の雫がキラキラ輝く。

D2_p1080056 


うっとうしい梅雨の季節を紫陽花が明るく演出している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

ヤマアジサイとユリ

浜北の森林公園では、淡い紅色や青紫色のヤマアジサイが咲き始めた。
(写真をクリックで拡大)
A2_p1070987w

木蔭にひっそりと咲くヤマアジサイ。その美しさに心癒される。
B1_p1070996
B2_p1070954
C1_p1070986
C4_p1070959

池の畔では、ノアザミに蝶が飛び交う。
E1_p1070984
E2_p1070979

ササユリも咲き始めた。やっと一輪を見つけた。
F2_p1080012w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

孫の運動会

好天に恵まれた今日、気賀に住む小学4年生の孫の運動会へ。

近くの店には、孫の描いた運動会のポスターが貼られ、地域全体で運動会を盛り上げていた。              (写真をクリックで拡大)
P1070834_b

午前中、参加の競技は3種目。出場する孫の姿に、その成長ぶりを。

お助けつな引き
B1_dsc07696
B2_dsc07698
3色対抗大玉送り
C1_dsc07743_2 C2_dsc07746
ベストダッシュ!4年生
D1_dsc07835 D2_dsc07855 
A1_img_5138_2

1年生から6年生までを黄組、赤組、青組に分かれ、グループごとに競う姿に感動。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

渋川の町に残る凱旋紀念門

渋川つつじ公園から南を見渡すと、長閑な渋川の街並みが見える。
ひときわ目につくのは、街はずれの大木。天然記念物の大銀杏だ。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1070807w
銀杏の木は、六所神社の御神木。元は境内にあったが、明治の初め渋川小学校を開校するにあたり、神社は場所を譲り300mほど西へ。

B0_p1070812 B2_p1070828_2
今は、神社との結びつきを想像させるものが無いが、銀杏の木だけがその面影を残している。樹齢約600年。

六所神社の参道の途中には、日露戦争の凱旋紀念門が建っている。
C1_p1070827w
D1_p1070822
D5_p1070816
石造脚注の上に、柱頭を鋸歯飾とした煉瓦造の欠円アーチを挟み込む。
煉瓦の積み方はフランス積み。
大型の石製偏額を挟み、上部に江戸切仕上石材の重厚な笠石を載せる。県内における初期煉瓦造の構造物・・・1906年建立(案内板より)
D2_p1070824


今も現存する凱旋門は2つだけ。そのうちの1つが、浜松の北端の町、渋川に残る凱旋紀念門である


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

色鮮やかに咲く渋川つつじ

県指定の天然記念物である渋川つつじを見に、引佐町渋川へ。

つつじの群落は小高い山にある公園。15分程で登れるのだが、途中での休息回数が増してきたようだ。      (写真を)クリックで拡大)
A1_p1070745
A2_p1070749_2

山頂には、背丈の高い美しいツツジが自然のまま咲いている。A4_p1070757w
周囲の山々を背景に咲く紅紫色の花はことのほか美しい。
G3_p1070756
G1_p1070753_2
D1_p1070761 E2_p1070792

遊歩道はつつじのトンネル、元気な幼稚園児の姿も・・・
C6_p1070777
C5_p1070798

山頂からは、長閑な渋川の街並みが。天然記念物の大銀杏も・・・
F1_p1070807w


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

ハンカイソウ咲く

明日から天気が下り坂。好天の今日、ウォーキングに森林公園(浜北)へ。

公園のあちこちに咲く薄紅紫色のモチツツジも、そろそろ終わりが近い。
(写真をクリックで拡大)
A3_p1070650

三番池に近い湿地では、ハンカイソウが大きな花をつけた。鮮やかな黄色い花が湿地を明るくしている。 
B1_p1070696

真白いエゴノキの花が木道を照らすようにギッシリと咲いている。
X1_p1070698_2 C1_p1070700_2
湿地周辺では、カキツバタやスイカズラが咲き、初夏の彩。
B2_p1070709 C2_p1070712_2


西の谷奥池畔では、黄菖蒲やノアザミが咲き始めた。
E1_p1070629 E2_p1070657

スポーツ広場近くの湿地では、モウセンゴケと終盤のハルリンドウが数輪。
F1_p1070674 F2_p1070672

これからは、散策にヤマアジサイやササユリの花を探す楽しみが加わる季節でもある。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

コアジサイ咲く豊橋植物園

浜北森林公園のコアジサイが毎年6月には、美しい姿を見せてくれた。一昨年9月の台風で、倒木したので今は見られなくなった。

3月、豊橋植物園を訪れた時、コアジサイの標示を見つけた。ふと思い出し、そろそろ咲き始めたかなと・・・、植物園へ。(写真をクリックで拡大)
X1_p1070585w
 
A3_p1070565
A4_p1070598
池の庭の畔に咲くコアジサイをやっと見つけた。

池には、スイレンや菖蒲が咲き、初夏の彩。
B2_p1070524w
 
C1_p1070522_2 C2_p1070590_2 C3_p1070591
C4_p1070589
G2_p1070540_2 G3_p1070520_2

ふるさとの雑木林では、フタリシズカ、ケマンソウなどが。
E1_p1070537
E2_p1070547

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

風薫る浜名湖ガーデンパーク(初夏の花)

花の美術館はバラと初夏の花が競うように咲き、色とりどりの花で溢れている。   (写真をクリックで拡大)
A1_p1070437w

C1_p1070440
D1_p1070431
B2_p1070443 G1_p1070391

水の庭ではスイレンや菖蒲が咲き始めた。
F1_p1070424
F2_p1070423
E2_p1070420 D2_p1070415


新緑の眩しい東西水路沿には、真っ白なハマナスやバラの花が・・・。

L1_p1070451

H1_p1070386 H2_p1070463

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

風薫る浜名湖ガーデンパーク(バラ)

薄曇りの10日、浜名湖ガーデンパークヘ。

「花のひろば」はネモフィラのブルーと、ひときわ赤いポピーの花が目を引く。
  
(写真をクリックで拡大)
A3_p1070500
今回は遊覧船ガーデンクルーズに乗り、東船着場から花の美術館へ。
A1_p1070484
A2_p1070488

花の美術館では、色とりどりの初夏の花々が咲き競っている。

C1_p1070449w_2
様々な色のバラも咲き始め、「バラのアーチ通り抜け」も始まるという。
H1_p1070444 H2_p1070400
E2_p1070448 G2_p1070401
D2_p1070446_3 E1_p1070439_4

春の花、初夏の花に加え、バラの花が咲くこの時期が、一番花を満喫できるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

アヤメとシラン

毎年、この時期になると、庭の片隅でアヤメとシランが咲く。

アヤメは、ご近所で20年以上も前に頂いたもの。家の東側の日当たりのあまり良くないところで毎年、花を付ける。  
(写真をクリックで拡大)
A1_p1070369

シランも随分前に頂いたもの。それが殖えて、薄紫の美しい花が咲く。
B1_p1070370
シランの花が所狭しと咲き始めると、ふと懐かしく贈り主の優しい顔が浮
かんでくる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

ミカワバイケイソウは裏年

ミカワバイケイソウが咲いていると聞き、葦毛湿原へ。

連休明け2日目、葦毛湿原駐車場は、ほぼ満車状態。しかし、湿原内は行き交う人も疎ら。裏山に登っているのだろう。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1070335w

C1_p1070346
C2_p1070325

木道から、ミカワバイケイソウは何株も確認できたが花は咲いていない。そうだ今年は、ミカワバイケイソウの裏年で花をつけないのだろう。
B2_p1070350
B3_dsc03096
   今年のミカワバイケイソウ            昨年のミカワバイケイソウ

花期終盤のハルリンドウは、精一杯、可憐な花を咲かせていた。咲き始めの頃と比べたら花の大きさが随分小さくなっていた。
D3_p1070332w

木道脇のトンボは、近づいても動かず、湿原奥にカザグルマの花が。
市街地近くの湿原は静寂そのもの。

E1_p1070351 E2_p1070353

ミカワバイケイソウが咲いているという情報はなんだったのだろう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

轟音響く 火縄銃

浜松まつり最終日の5日、浜松から抜け出し我が家からほど近い、長篠城本丸跡で開かれる「長篠合戦のぼりまつり」に出かけた。

長篠城址は、天正3年(1575)武田勝頼が率いる武田軍と織田・徳川連合軍が、長篠の戦いを繰り広げる要となった地。

式典では、地元の鳳来中部小学生が合戦で活躍した鳥居強右衛門の勇気ある行動をたたえる「長篠合戦の歌」が68年ぶりに発表された。
  
(写真をクリックで拡大)
A1_p1070103w

このまつりの見どころは、火縄銃の実演。
山形県の米沢藩稲富流鉄砲隊、長篠・設楽原鉄砲隊など、夫々流儀に従い披露。

山形県の米沢藩稲富流鉄砲隊の演武B1_p1070175w

C2_p1070205
C3_p1070211

長篠・設楽原鉄砲隊の演武
D1_p1070283w

E4_p1070274
E2_p1070277

轟音とともに白煙が上がり、その迫力に圧倒された。

長篠合戦のぼりまつりは、この戦いで没した両軍将士の霊をなぐさめるためでもあり、今年で48回目となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

絢爛豪華な御殿屋台

凧揚げ合戦が終わると、浜松まつりのメイン会場は鍛冶町通りへ移る。

各町自慢の絢爛豪華な屋台が一台、また一台と姿を現した。
(写真をクリックで拡大)
H1_p1060756
H8_p1060783 H2_p1060764_1
6時半過ぎから御殿屋台の引き回しが始った。
A4_p1060829w

優雅で幻想的な御殿屋台の競演が繰り広げられた。
H5_p1060945 H6_p1060976
F1_p1060989 B1_p1060866

屋台の上では、子ども達が奏でるお囃子で、まつりを盛り上げていた。
F3_p1060991_2 B2_p1060865 


次々と通り過ぎる豪華な屋台に魅了されたひと時だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

鯉のぼり

天竜川浜北大橋を渡ってすぐ、豊岡よりの公園に舞う鯉のぼり。
強い風を、おなかいっぱいにため気持ちよさそうに泳いでいる。
(写真をクリックで拡大)
A3_p1060669w

有玉南町を流れる馬込川にも、10数匹の鯉のぼりが2列並ぶ。まるで馬込川を泳いでいるかのよう。
B3_p1060684w

C1_p1060722_1 C2_p1060705_1

季節の移ろいは早く、もうすぐ端午の節句。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

雨に濡れた黄菖蒲

雨上がりの昼下り、久しぶりに四ツ池公園公園を散策。(4/30)

いつも見慣れた四ツ池、雨に濡れた黄菖蒲が一段と爽やか。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1060652w


水面に映えるつつじもことのほか美しい。

B1_p1060639_1 B2_p1060641_1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »