« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

白倉峡の紅葉

北遠の紅葉のスポットとして知られる白倉峡へ。(11/29)
白倉峡は天竜川の支流白倉川の上流5Kmにあり、迸る清流と巨岩の渓谷。

紅葉にはもう遅いかなと思いつつ出かけたが、晩秋の陽ざしに映える赤や黄色のモミジが迎えてくれた。
(写真をクリックで拡大)
E1_p1150217_2

モミジに彩られた金山の滝は白倉峡ならではの眺め。
A1_p1150189w
B1_p1150178w
水面に映えるモミジも一段と美しさを増して。
C1_p1150206w_2


川沿いの遊歩道を、紅葉を楽しみながら、暫し散策。
D2_p1150235
D1_p1150165_2_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

落葉舞う

秋もいよいよ終わりを告げるかのように、寒い一日となった。
所用で久しぶりに街中まで出かけた。

街道沿いの銀杏が、晩秋の陽に映え美しく。  
(写真をクリックで拡大)
A1_p1150150w

冷たい風が吹き寄せる歩道に、落葉が舞って。
B1_p1150110w

浜松城公園中央広場から見る浜松城。周りの木々も最後の紅葉か。
C1_p1150127w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

大洞院の紅葉(2013)

小国神社の紅葉を楽しんだあと、3Kmほど先の大洞院へ。(11/26)

大洞院は曹洞宗のお寺。寺院全体がすっぽり紅葉や銀杏に埋まる。
(写真をクリックで)
A1_p1140942w_2

紅葉のトンネルの奥には本堂が・・・
B1_p1140948w
座禅堂と開祖をまつる真殿が並ぶ。
D1_p1140963

晩秋の陽ざしに紅葉が映え、寺院全体を鮮やかに彩る。
E1_p1140971w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

木漏れ日に映える紅葉(遠州森町 小国神社)

夜の風雨も上がり、今朝は秋晴れ。早速、紅葉の森町小国神社へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1140940
A2_p1140868

境内を流れる宮川の紅葉は美しく色づき、今しばらくは楽しめそう。

川沿いには木漏れ日がさし、紅葉を更に美しく・・・
B2_p1140902
昨夜の雨で紅葉もしっとりと・・・
C1_p1140901w
F1_p1140895w
訪れた親子連れが、被写体となり、その場を盛り上げていた。
D4_p1140920

美しい紅葉に心癒されるひと時であった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

残照の四ツ池

秋もいよいよ深まり、夕日が沈もうとする頃に四ツ池へ。
(写真をクリックで拡大)
A2_p1140859
A4_p1140830

思いのほか、残照に映える紅葉は美しい。

C1_p1140844
池畔には行き交う人の姿もなく、静かに夕暮れが迫り・・・
B1_p1140855
鏡面のような水面には、紅葉が鮮やかに・・・
D1_p1140835
E1_p1140838


青空に浮かび上がる紅葉もよし、また残照に映える紅葉もなおよし!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

秋深まる向山大池公園

2~3日続いた寒さが和らぎ、今日は小春日和。所用で豊橋へ。

久しぶりに、晩秋の向山大池公園を散策した。 
(写真をクリックで拡大)
A1_p1140819w

大池を囲むように、
紅葉が真っ盛り。美しい紅葉も、強い風が吹けば飛んでしまいそう。
D1_p1140813w

水面には、カモやカワウなどの水鳥が・・・
E1_p1140788w

春には美しい花で楽しませくれた桜などの落葉樹が、鮮やかな紅葉・黄葉で楽しませてくれた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

寸又峡は紅葉真っ盛り

晩秋の一日、友の車で川根路を寸又峡まで。

寸又峡に近づくにつれ、一段と紅葉が濃く鮮やかに・・・ 
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc00666w
沿線から見える景色は、もえる様な紅色に染まり・・・

B1_dsc00694 B2_dsc00692

寸又渓谷に架かる「夢の吊橋」。長さ90m、川面からの高さ8m。
揺れる橋の上からサクラやカエデ、ケヤキなどで紅葉に染まった絶景を見ながら散策。
D1_dsc00677w
E1_dsc00680
E2_dsc00679

帰路、千頭駅沿いの道を通りかかると、蒸気機関車が発車する寸前。
F1_dsc00703w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

富士山麓を巡る旅 その3(白糸の滝と浅間大社)

OB会最後の訪問地は白糸の滝と富士山本宮浅間大社。

「白糸の滝」と「音止の滝」とは、すぐ近くにありながら、その様相は全く異なる。

「音止の滝」は力強く豪快さを持つ。    
(写真をクリックで拡大)
A1_p1140632w
「白糸の滝」は、女性的優雅さを持つ。
B3_p1140635w 
その昔、源頼朝が富士山麓の富士宮で「富士の巻狩り」をした。その折、頼朝が「白糸の滝」を訪れたという。


「富士山本宮浅間大社」は、富士山を御神体にしていて、東海地方最古の名社。

秋の夕暮れは早く、参拝を済ますころは日没間近に。
C1_p1140639w

参道を第二鳥居、石鳥居を進むと、流鏑馬像が目に止まる。
E1_p1140658
E2_p1140657
楼門をくぐって中に入ると、目の前に拝殿が。
F1_p1140647w
毎年5月5日には、拝殿で祭典を行い、ついで練行と称して神馬を中心に宮司以下神職、弓武者、槍武者、鎧武者、射手代官、射手、氏子代表、稚児等が市内を練り歩く。その後、桜の馬場に参入して、鎌倉武士を髣髴させる絢爛豪華な神事流鏑馬式が盛大に行われる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

富士山麓を巡る旅 その2(御師外川家住宅)

道の駅 富士吉田を後にして、富士吉田市街の富士山御師の住宅へ。
富士講を広め、支えた御師外川家住宅である。 
(写真をクリックで拡大)
A2_p1140627 A4_p1140626

街路から奥まった敷地に、主屋と離座敷が前後に並び建つ、富士山御師住宅の典型的な屋敷構え。
B1__5_w3 
御師の住宅には3つの出入り口があり、最も格の高いのが式台玄関。
家族や気安い客は式台の北隣にある中の口から出入りし、御用聞きの商人や使用人は勝手口から出入りするといった使い分けがされていたという。
C1_p1140611
C2_p1140617 C4_p1140625

また江戸末期の建築とみられる離座敷は、中央部に神殿を備え、背面に上段の間をつくるなど、富士信仰の流行とともに発展した姿をとどめている。
E2_p1140614
F2_p1140616
富士講の人々の白装束(左)と御師の装束(右)
G1_p1140619 G2_p1140620


離座敷広縁の向うには御神木が・・・

H1_p1140629


往時を偲ぶ佇まいに、富士山信仰の根強さを知った。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

富士山麓を巡る旅 その1

Y社OB会、秋の旅行は世界文化遺産に登録された富士山麓を巡る旅。

富士五湖の中で最大の面積を持ち、湖面の標高は富士五湖の中では最も高い位置にある山中湖へ。  (写真をクリックで拡大)
A1_p1140551w
晴天のはずの一日(11月13日)。山中湖に着く頃、富士山頂はすっかり雲に覆われ残念。湖畔を散策。
B3_p1140553 B2_p1140558_2

帰路、道の駅 富士吉田で昼食休憩。道の駅併設の親水公園を散策。
C1_p1140595wjpg_1
公園は紅葉真っ盛り、晩秋のたたずまい。
D1_p1140602 D2_p1140576

公園からは、陽に映える富士山がくっきりと・・・
Ep1140592w

11月5日に続き、2度目の富士山麓を巡る旅となった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

水窪散策(山住神社・水窪ダム)

高根城を見学後、山住神社から水窪ダムへ。

標高420mの高根城から標高1107mの山住峠までは20分ほど。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1140440w
標高が高くなるにつれ車窓から見え隠れする紅葉が色鮮やかに。

山住峠に到着した13時頃の気温は10℃。肌寒い。
B1_p1140471
B2_p1140467
樹齢1250年余といわれる山住杉を拝し、山住神社参拝。
C1_p1140464w

水窪ダムは、水窪町の市街地から東側の山の中へと入った場所にある。天竜川水系では唯一のロックフィルダム。ダム湖は水窪湖という。
E1_p1140485w

天端より下流を望めば見事な紅葉が。湖側を見れば、水窪発電所への取水口が目に入る。
F2_p1140478
F4_p1140495
天端からふり向けば、山肌には紅葉のグラデーションが鮮やかに。G1_p1140496w

浜松市北端の町は豊かな自然がいっぱい。秋を満喫した一日だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

水窪散策(高根城)

紅葉ツアーのため、秋深まる浜松の北端の町水窪へ(11/8)

中心街と水窪駅とは水窪川で隔てられ、街から駅に行く歩行者用の吊橋が架かかる。清らかな川の向うの山頂に微かに高根城が見える。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1140359w

最初の見学は、高根城。

小型バスが狭い山道を高根城へと。その途中、山城が見える。B1_p1140439 B2_p1140379
城跡は曲輪と呼ばれる囲い三つでできている。最も広い本曲輪には、敵を見張る「井楼櫓(せいろうやぐら)」が立つ。
C1_p1140394 C2_p1140402


城からは、水窪の町はもちろん遥か信州の境の山並みまで見渡せる。
D1_p1140430
D2_p1140427

城から見える上村の里は、南信州の下栗の里を小型にしたつくり。
E1_p1140426w

標高250メートルはほどの水窪中学校の裏手から、一気に標高500メートル程の集落の頂上まで急坂に家々が・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

富士山くっきり

河口湖畔を離れ約1時間、朝霧高原「道の駅」へ。

開業して一年半程の道の駅、富士山を背景に山梨と静岡の県境にある。
A1_p1140335
A2_p1140338
道の駅に到着時は、陽が傾き始めた午後4時過ぎ。

道の駅ビューポイントからは、西日に映える富士山がくっきりと。
B2_p1140343w
道の駅周辺の木々の紅葉も一段と鮮やかに。
C1_p1140345
C2_p1140344


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

湖上からの眺望(河口湖)

天上山山頂と湖畔で富士山の眺望を楽しんだ後、遊覧船で湖上へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1140322
A2_p1140187
湖面の向うには、如何にも観光地らしいエキゾチックな風景が広がる。
B1_p1140201w
C1_p1140200
C2_p1140320

河口湖大橋の向うには雄大な富士山が。
E1_p1140215w
河口湖の水位低下で話題になった六角堂は、すっかり湖面に浮かび。D1_p1140262w

真っ赤に萌えるモミジ並木が船の動きとともに、見え隠れして。

F3_p1140235 F2_p1140264

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

河口湖から見る富士山

昨日は爽やかな秋晴れ。少し足をのばし河口湖まで。

河口湖と富士山の大パノラマの広がる天上山公園へはロープウェイで。
(写真をクリックで拡大)
B1_p1140173
B2_p1140171
昔話カチカチ山の舞台となった天上山からは、素晴らしい富士山が。
A2_p1140150w


湖畔を散策しながら見る富士山は、秋の柔らかな日差しに輝いて。
C3_p1140265w_1
C1_p1140222_1w
C2_p1140295w_2

湖畔の木々も紅葉、周辺の山々もホンノリ紅く染まって。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

癒しのコスモス畑

家から14~5Kmほど離れたところ、浜北上善地に休耕田を利用したコスモス畑がある。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1140128w_1


遅蒔きらしく、10月末から11月上旬、今が見頃
B1_p1140138 B2_p1140142
C1_p1140139
C2_p1140132
ピンクや白のコスモスがビッシリと。
D_p1140129w

秋風に揺れる淡い色合いのコスモス畑は癒しの空間でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

清楚なウメバチソウ

穏やかな秋晴れ、秋の深まりを見つけに浜北の森林公園へ。

西ノ谷奥池周りは、木々の紅葉が目立ち始めた。

(写真をクリックで拡大)
A0_p1130949w
池畔にはコウヤボウキやホトトギスの花が・・・
B1_p1130917
B3_p1130946

スポーツ広場近くの湿地では、清楚なウメバチソウが。
C1_p1130900w
D1_p1130959w_2 
近くにはスイランが咲き、イワショウブがひっそり一輪。
E1_p1130890
E2_p1130899

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »