« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月30日 (火)

師走の馬込川散策(2014)

青空に誘われて、ウォーキングに馬込河遊歩道へ(12/27)

前方に真白な富士山を見ながら、十軒橋から、八幡瀬橋に向けて散策。
(写真をクリックで拡大)
B1_p1310190w
土手には、もう水仙が咲き、アザミ、ハボタンなども・・・
C1_p1310195_2 C2_p1310193 C3_p1310196

川には、サギの群れが一列に・・・
D1_p1310203
水面に影を落とすシラサギの優雅な姿に暫し足を止めて・・・。
E1_p1310207 E2_p1310225

八幡瀬橋から、振り返れば静かな馬込川の流れが・・・
F1_p1310211
新しい年は、もうすぐ・・・
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月28日 (日)

家族そろって暮れの墓参り

暮れの押し迫った28日、3家族揃って2台の車に分乗して浜松から豊橋まで。

師走にしては風もなく、墓参り日和。墓地の周辺は、墓参りの車でにぎわっていた。  (写真をクリックで拡大)
A1_img_6160w
お墓の周りをきれいにした後、孫たちが水をあげお花を供えた。そして、線香をあげ手を合わす。家族全員がこの一年無事に暮らせたことに感謝。

墓参りの後、今回は皆の希望で、天ぷら・割烹料理店で昼食。
B1_img_6201w
天ぷら定食・かき揚げ丼などの他。デザートはアイスクリーム/ムース。
C2_img_6198_4 C1_img_6196_4 C3_p1260962_2   

家族揃って墓参りできたことに、幸せを感じながら帰路へ。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

冬の浜名湖ガーデンパーク(2014)

1ヶ月ぶりに浜名湖ガーデンパークへ。風も弱く散策日和、人の姿もそこそこに。

東西水路沿いのラクウショウは、褐色になりすっかり冬の様相。
(写真をクリックで拡大)
A2_p1310122w
冬の風に葉もすっかり散り・・・
B1_p1310117 B3_p1310162w

花の少ないこの季節、カラフルなバラの花が目を引く。
C4_p1310129 C2_p1310125 C3_p1310126
秋の名残りの花も・・・
D1_p1310134_2 D2_p1310136 D3_p1310144

「クリスマスローズの小径」の表示の脇に「青いシクラメンの小径」が加えられた。
F1_p1310154w F2_p1310119w
青いシクラメンは、12月下旬から3月中旬まで楽しめると言う。

シクラメンの近くに白く可憐な「スノードロップ」が咲いていた。
E2_p1310151w

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

静かな師走の向山大池公園

今年もあとわずかとなり、年末の挨拶に豊橋へ。(12/20)

往路、冬の到来で紅葉もすっかり落ちてしまった向山大池公園をひとまわり。
(写真をクリックで拡大)
A2_p1310019w
風の穏やかな大池。カモ、ユリカモメ等の水鳥が水面をゆったりと・・・
C2_p1310021w C1_p1310005w
カワウも時折、羽根を広げて・・・
D2_p1300987w

池畔には釣り人、ジョギングに励む人が一人、二人・・・。
B1_p1300986w B2_p1310029w

師走の向山大池公園は、静かに時を刻んで・・・。
A1_p1310007w_2

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

浜松から望む富士の山

昨日までとうって変わって、今日は風もなく暖かな一日。

雲もなく真っ青な冬空、気持ちが良い。  (写真をクリックで拡大)
A2_p1300968w

近くの富士山ビューポイントから、真白な富士山がクッキリと見えた。
B1_p1300936w
北側には北遠(?)の雪を頂いた山々も・・・
C1_p1300945w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

名残りの紅葉(四ツ池公園)

今日は、肌身を刺すよう冷たい風が吹き荒む。
こんな日は、ウォーキングに出かけるのに躊躇する。近場の四ツ池公園ですませることに・・・。

12月初めまでは、青々していた木々も、きれいに紅葉してきた。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1300918w
B1_p1300914w

モミジバフ―も、だいぶ色付いてきた。
E3_p1300929w_4 

この寒さのため、紅葉も見納めかな・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

旧岩崎邸と庭園

「東京紅葉めぐり」の最後は、重要文化財旧岩崎家住宅とその庭園

岩崎家住宅は、三菱財閥岩崎家本邸として明治29年に完成。
設計は日本の西欧建築の父ともいわれてる英国人建築家、ジョサイア・コンコルド。

かって1万5千坪を超える敷地に20棟以上の建物があったが、現存するのは洋館、和館、撞球室のみ。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1300789w
洋館は2階建・地下室付きの本格的なヨーロッパ式邸宅。全体的にイギリス・ルネサンス様式が取り入れられている。(写真はベランダと客室)
C2_p1300752w_2 C1_p1300746w

和館は洋館と結合して建てられた純和風建築。
D1_p1300761w
和館から見る庭園には、鮮やかな紅葉が・・・
E4_p1300754w


撞球室は、当時の日本では珍しいスイスの山小屋風の造りとなっている。
D2_p1300781w


重要文化財や庭園をめぐるツアーと通して、東京の素晴らしい一面を満喫してきた。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

明治神宮外苑のイチョウ並木

午後は、明治神宮外苑のイチョウ並木へ。

青山通りの青山二丁目交差点から外苑中央広場をめぐる円周道路まで、南北に延びる300メートルほどの道路がイチョウ並木になっている。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1300700w
両脇に2列ずつ、4列が並ぶ。全部で146本が植えられてうるとのこと。
C1_p1300714w_2 
最盛期は過ぎていたが、黄色に色づいたイチョウ並木はことのほかきれい。

並木の延長上の真正面に聖徳記念絵画館の建物が見える。
B1_p1300724w
B2_p1300712w
聖徳記念絵画館には、幕末から明治にかけての歴史的な絵画が展示されているという。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

ホテル椿山荘庭園

椿山荘はよく耳にするが、今回のツアーで初めて訪れた。

ホテル、結婚式場として格式のある椿山荘。庭園は紅葉に彩られていた。
(写真をクリックで拡大)
B1_p1300674w
この日(12月7日)は結婚式が三十数組行われたとか。 
A1_p1300629_2
ロビーやテラスには新郎・新婦の姿が。

広大な庭園を紅葉や史蹟を見ながら散策
D1_p1300658w
C1_p1300653w C2_p1300651w

椿山荘を守護する神社として建つ白玉稲荷
D2_p1300643w
庭園の頂上に建つ、国登録有形文化財・三重塔
E2_p1300672w
この地は、古来より椿が自生することから「つばきやま」と称され、江戸時期には有数の行楽の地であった。その往時を偲び一帯に多くの銘ある椿を植栽。
明治維新を迎えると、長州藩士であった山縣有朋が明治11年に、この土地を購入。
起伏豊かな地形を巧みに生かし、名園を造りあげ「つばきやま」の名にちなんで「椿山荘」と命名した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

旧古河庭園 おしゃれな建物と庭園

東京紅葉めぐりの2番目は、和と洋が調和する大正の庭「旧古河庭園」へ。

この庭園の敷地は、もとは明治の元勲・陸奥宗光の別邸。その後古河家の所有となる。その後、新たに隣接地を買収し、庭園としたのが始まり。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1300605w
武蔵野台地の南斜面という地形を活かし、この高台にゴシック様式の洋館を配し、そのまわりと前面の斜面は明るい洋風庭園とし、連続する低地には池泉を中心とした和風庭園をつくり、これらを一体としたことにある。

日本庭園には、大きな雪見灯篭が周囲の紅葉に映えて・・・
C2_p1300583w
庭園の紅葉
D2_p1300598w
B1_p1300574w B2_p1300572w_2

裏門(染井門)前には、真っ赤な紅葉が色鮮やかに・・・
F1_p1300585w

この庭園は、大正期の原型を留める貴重なものという。昭和57年8月4日に東京都文化財として指定され、また平成18年1月26日、国の名勝に指定された。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

六義園 大泉水池畔の紅葉

六義園は、五代将軍・徳川綱吉の信任の厚かった川越藩主・柳沢吉保が元禄15年に築園した和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水」の大名庭園。

大泉水池畔の紅葉                (写真をクリックで拡大)
A1_p1300510w
池をめぐる散策路を歩きながら、移り変わる景色を楽しんだ。
B5_p1300504w B6_p1300517w
つつじ茶屋付近のきれいな黄葉・紅葉
B2_p1300537w_2 B3_p1300539w
散策路の紅葉
C1_p1300543w
D1_p1300557w D2_p1300562w

池畔から見る大都会のビル群。いにしえを偲ぶ庭園との対比が印象的。
F2_p1300520w


六義園は、江戸時代の大名庭園のなかでも代表的なもの。
明治時代に入って、三菱の創業者であっる岩崎弥太郎の別邸となる。昭和13年に岩崎家より東京市に寄付され、昭和28年に国の特別名勝に指定された文化財に。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

東京紅葉めぐり

冷え込みの厳しい12月7日の早朝、「東京紅葉めぐり」ツアーのため、朝いちばんの新幹線で東京へ。

新幹線で東京に行くときの楽しみの一つは、車窓からの富士山の景色。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1300445aw
富士川越しの富士山がとてもきれいに・・・。

「六義園」をはじめ「旧岩崎邸庭園」などの秋色に染まった庭園を見学。

先ずは、特別名勝『六義園」と旧古河庭園を散策
B1_p1300508 B2_p1300606
昼食をホテル椿山荘ですませ、椿山荘庭園を散策
C1_p1300626 C3_p1300629
明治神宮外苑のイチョウナ並木散策と旧岩崎邸見学
C2_p1300709 D2_p1300783

旧岩崎邸を出るころは、近くの不忍池が残照に映えて美しく。
E1_p1300794w

それぞれの庭園の写真は、別途アップロード予定。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

もえるような紅葉(二俣城跡)

12月に入ると二俣城本丸は、もえるような紅葉に囲まれる。(12/3)
(写真をクリックで拡大)
A1_p1300270w

追手虎口の石段と石垣。青空に紅葉が映える。
B1_p1300225w
積もった落葉と遊ぶ園児の姿がほほえましく。
C1_p1300252 C2_p1300251

朝日に映える二の丸の紅葉。
D1_p1300250w

北曲輪にある神社の大銀杏が黄金色に染まっている。
F1_p1300291 F2_p1300284

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

木の散歩道は癒しの空間

県立森林公園(浜北)の西側エリアの「うぐいす谷親水広場」の美しモミジを見た後、東側エリア・森の家近くの「木の散歩道」へ。

黄色い絨毯を踏みしめながら銀杏のトンネルを進む。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1300106w

トンネルを抜けるとそこは、ヒメシャラの森。淡い彩りは癒しの色。
B1_p1300113w_3

近くの「紅葉の道」では「ヤマモミジ」が、萌えるような真っ赤な色に。
C2_p1300151 C3_p1300138

レストラン入り口にある大きな「メタセコイア」が、秋の終りを告げている。
D1_p1300155w

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

美しいモミジの県立森林公園

県立森林公園(浜北)の紅葉の見頃は、秋の終りの11月中旬から12月初め頃。

西ノ谷奥池へ向かう途中、黄葉したイロハモミジが散策路を覆う。(11/30)
(写真をクリックで拡大)
D1_p1300198w

うぐいす谷親水広場ではモミジが鮮やかに紅葉して。
A2_p1300182w
行く秋を惜しむかのように美しい紅葉をカメラにおさめる人の姿が・・・
C1_p1300171 C2_p1300175
黄葉が陽に映え、眩しく輝く。
B1_p1300184w

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »