« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

河津桜咲き春らしく

浜松市西区呉松町の根本山荘前、今年も見事に河津桜が咲いた。
(写真をクリックで拡大)
C1_p1320948 D2_p1320944
ここは、はままつフラワーパークにほど近いところ。
A2_p1320939w 
淡いピンクの花びらが、やわらかな春の陽ざしに映えて美しい。
B1_p1320932w
時折ふく春風に花びらがユラユラ揺れる。
B2_p1320934w

ようやく春らしい陽気になってきたようだ。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

公園に咲く河津桜

朝から,冷たい雨の一日。家の近くにある公園の河津桜が雨にうたれて。
(写真をクリックで拡大)
A3_p1320926
今年は、いつもの年より、開花が遅い。
B2_p1320880 B1_p1320885

それに引き替え、四ツ池公園の白梅は一気に咲き、白い桜のトンネルが出来ている。
C2_p1320906w_2

公園の道脇には、ネコヤナギや真っ赤なボケの花が一輪
E1p1320920 E2_p1320922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

梅と桜が咲く浜松フラワーパーク

梅の花が咲き、早咲きの桜が咲く浜松フラワーパークは、すっかり春めいて。

白、ピンク、真っ赤な梅が咲く梅園は彩りも華やか。 (写真をクリックで拡大)
A3_p1320775w
B1_p1320856 B2_p1320860 B3_p1320771

河津桜、舘山寺桜、雛桜などが咲き始めた。
C2_p1320823w
D1_p1320811 D2_p1320816 D3_p1320828

ボケの花も咲き、福寿草は満開。
E1_p1320803 E2_p1320799

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

春待ちどうしく(浜名湖ガーデンパーク)

春待ちどうしく、春の花々の様子見に浜名湖ガーデンパークへ。(2月20日)

花木園の梅林では、白梅・紅梅が見頃になった。 (写真をクリックで拡大)
A4_p1320671w

百華園のアタミザクラは満開。足元には福寿草が。
B1_p1320682 B2_p1320683

東西水路では、カモが仲良く泳ぎまわって・・・
C1_p1320702w

クリスマスローズの花も多く咲きだしていた。
D2_p1320715 D1_p1320710 D3_p1320734

南側のサイクリングロードからは、穏やかなの浜名湖の風景が広がる。
E1_p1320753w

   
            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

春の兆し(四ツ池公園)

春とはいえ、冷たい風が頬をうつが、陽差しは春の気配。

日に日に四ツ池公園の梅の蕾も大きくなり、一輪二輪と咲き始めた。
(写真をクリックで拡大)
A2_p1320604w
水仙やマンサクの花が咲き、陽ざしにキラキラ輝く。
C2_p1320646 B2_p1320644

池には、カワセミが姿をみせ、カモは活発に動き回る。
D2_p1320635 D4_p1320638

芝生公園には、ジョギングに訪れる人も。
E2_p1320617h

寒さもあと少しの我慢かな・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

梅の花ほのかに(豊橋向山梅林園)

見頃には、まだ早いかなと思いつつ豊橋向山梅林園へ。(2月16日)
(写真をクリックで拡大)
A4_p1320550w
風もなく、日差しの暖かい園内には茶店もオープン、花見客もチラホラ。
A3_p1320556 A2_p1320568

白、ピンク、赤色の梅の花が青空に映えて・・・B1_p1320573w
D1_p1320571w
開いたばかりの花は初々しく、ほのかな香を漂わせて。
C1_p1320563 C3_p1320559

今月末ごろには、見頃となるだろう? 再度きてみようかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

家族そろって厄難消除祈願

毎年、立春を迎えると、直近の休日に三家族そろって法多山に出かける。

家族の安全と厄難消除祈願のため本堂へ。途中、法多山団子を・・・
(写真をクリックで拡大)
A1_p1320428 A2_p1320439

幼稚園児の孫も、本堂に向かう石段を、軽々登るまでに成長した。
B1_p1320462w
C1_p1320478w

護摩焚きのなか、安全祈願と厄除祈願者の氏名が読み上げられる。
D3_p1320482w

孫二人がおみくじを引く。何がでたかは「ナイショ」・・・
E2_p1320486 E3_p1320497


今年も、健康に恵まれた年でありますように・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

紅梅ほころぶ池の畔(浜北の森林公園)

春はなのみの寒い朝、時おり小雪が舞うなか1ヶ月ぶりに森林公園(浜北)へ。

西ノ谷奥池ではカモが浮かび、畔では紅梅がほころび春の訪れを知る。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1320399w_2
B3_p1320385w
 
スポーツ広場では、野鳥が飛び交い、カメラを向けるとさっと飛び去る。
D3_dsc08213 D4_p1320408
E1_p1320372 E2_p1320402

時折、若者がランニング。間もなく開かれるロードレス大会の練習か?
F1_dsc08212w

木々や野鳥が春の訪れを待ちかねているようだ。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

奇祭 豊橋鬼祭

3月並みの暖かさの今日、奇祭 豊橋鬼祭の行われている安久美神戸神明社へ。

神社に着いたのは、午後一時すぎ。拝殿では神事祭が行われていた。 
 (写真をクリックで拡大)
A1_p1320171 A2_p1320177

神事祭が終わると、「厄除飴まき」が始まった。
B2_p1320197w
未だかって「厄除飴」を手にしたことはなかったが、幸運にも目の前に。

続いて「御的の神事」。13本の矢を射って災禍をはらうもの。
C1_p1320231w

最大の見せ場、暴ぶる赤鬼と、天狗との滑稽なやりとりを表わす神事。
D1_p1320262 D2_p1320313
暴れる赤鬼を天狗が退治する無言劇は天狗の勝利となる。
E1_p1320323w_2
敗北した赤鬼は若衆等と共に、白い粉とタンキリ飴をまき散らし境外に。

東三河に春を告げる祭は、国の重要無形民俗文化財であり、五穀豊穣と厄除を願うまつりでもある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

春を呼ぶ梅と寒牡丹

暦のうえでは春とは云え、昨夜の雨水も凍てつく寒さ。2週間ぶりに「はままつフラワーパーク」へ。

桜が咲くのは、今しばらく先。その間を埋めるかのように寒牡丹が添えられて・・・ (写真をクリックで拡大)
A1_p1320084w_2

空っ風の寒さを防ぐように藁で囲った寒牡丹登場。中で大輪が咲く。
B3_p1320154_2 B2_p1320098_3

梅の開花も少しづつ進み、カラフルになってきた。
C1_p1320101w
D1_p1320089D3_p1320148

2週間前には、見あたらなかった福寿草もやっと顔を出してきた。
E1_p1320109E2_p1320125_2


エントランス広場もチュリップ・菜の花そして紅梅も加わり色鮮やかに。
F2_p1320166w

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

梅が咲き桜もさいて(浜名湖ガーデンパーク)

今日は風もなく、朝から暖かな陽ざし。春の花を探しに浜名湖ガーデンパークへ。

花木園の梅林で紅梅・白梅が少しづつ咲きはじめた。
(写真をクリックで拡大)
B1_p1310983 B2_p1310992

百華園では早咲きのアタミザクラが、ピンク色の小さなん花を付けて。
C1_p1320077w
D1_p1310996 D2_p1320001

花の庭入り口付近では、福寿草が早春の陽に輝いて。
E1_p1320065w
クリスマスローズが、ようやく咲きだしてきた。
F1_p1320036 F3_p1320010 F2_p1320058

東西水路から見る風景も、ちょっぴり春めいてきたような・・・。
G1_p1320067w

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

福は内、鬼は外

恒例の節分祭・豆まきの行われる遠州森町の小国神社へ。

午後1時を過ぎる頃、烏帽子に大紋姿に鮮やかな裃をつけた節分奉仕者の姿が。         (写真をクリックで拡大)
A1_p1310943 A2_p1310914_2
節分祭・豆まき行事は130名程の年男役・年女役が参加。

拝殿での節分祈願祭のあとは、節分奉仕者、特別奉仕者の記念撮影。
B1_img_6313w

特別奉仕者は、俳優の筧利夫さんと金メダリストの米満達弘さん
D2_p1310973w

舞殿及び特別舞台では豆まき行事が・・・
C1_img_6325w

明日は立春。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »