« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日 (月)

オオガバス咲く

「オオガバス」が見頃を迎えたときき、曇り空の日曜日(6/28)「はままつフラワ―パーク」へ

この日は風が強く蓮の葉が風に煽られてしまい写真を撮るのも一苦労。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1030432h
B1_p1030379_2 B2_p1030378

アジサイ並木を走る「フラワートレイン」
C2_p1030431h
アジサイが色鮮やかに。
D1_p1030373h
E1_p1030419 E2_p1030404_2

風に揺れる姿が美しい「サンジャクベーバナ」。
F1_p1030396h

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

牧之原・大鐘家

掛川・本勝寺を後にして、牧之原市の大鐘家へ。

大鐘家の長屋門と母屋は約300年程前の建物で、国の重要文化財に指定されている。 (写真をクリックで拡大)
A2_p1030263h
母家は、現在も当主の住居として使われている。
B1_p1030264h

この日は地元在住の木彫家の木彫展が開催されていた。
C1_p1030269h

大鐘家屋敷には約一万本のアジサイがところせましと咲いていた。
F1_p1030344 F2_p1030347
E3_p1030332h

裏山に登ると静かな駿河湾を一望できた。
D2_p1030305h

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

掛川・本勝寺

昨日(6/24)友の車で掛川の紫陽花の名所を訪ねた。そろそろアジサイも最盛期を過ぎていたが、先ずは、掛川市川久保の「花の寺 日蓮宗本勝寺」へ。

本勝寺は寺の顔ともいうべき山門が生きてる木で造られていた。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1030260h_3
南側にマキ、北側にナギの自然立木。緑の山門の奥は本堂。

本堂でお参りした後、赤紫や青、白のアジサイが一面を埋め尽くす散策路へ。
B1_p1030252h_2

急な階段を登った山頂には日蓮宗の聖地である「七面山・七面堂」がある。
C2_p1030246h

山頂からは境内を一望できる散策路につながる。
D3_p1030225

高い所にある散策路から、これまた違う景色が広がる。
E1_p1030200h_2
はじめて訪れたけれど、今少し早ければ見事だったかなと悔やまれる。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

スイレンが見頃に(浜名湖ガーデンパーク)

花の美術館・水の庭の睡蓮がようやく見頃になってきた。
(写真をクリックで拡大)
A2_p1030112h
B1_p1030115h

池の畔にはユリやギボウシが咲く。
C2_p1030102 C3_p1030114

花美の庭は、バラが終り、煙りのようなもこもこしたスモークツリーが・・・
D1_p1030125h
バラの花にかわり色鮮やかなユリの花が彩りを添える
E1_p1030084h

花の形がメガホンのようなカラー(カイウ)、彩りもお洒落・・・
F1_p1030087 F2_p1030137

広いガーデンパークには、色とりどりの初夏の花が咲き、梅雨の晴れ間のひと時を楽しませてくれた。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

初夏の花咲く百華園(浜名湖ガーデンパーク)

「アジサイの小径」散策の後は初夏の花咲く百華園へ。

散策路を進むとすぐに落差5mの滝が目に止まる。「花湧く泉の滝」というらしい。
B1_p1020995h
滝の名前の様に水面には、きれいなスイレンの花が咲いている。
C1_p1020992 C2_p1020993
周りにはカラフルなユリの花や、ホタルブクロが咲く。
C5_p1030011 C4_p1030055
「アジサイの小径」に劣らず美しいアジサイが。
D1_p1020989h

竹林の鮮やかな緑が周の花々をより際立てる。
E1_p1030026h_3

水路沿いには、川面をバックに真っ赤なバラが。
G1_p1030043h

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

アジサイの小径(浜名湖ガーデンパーク)

今にも降りだしそうな今日、1ヶ月ぶりにウォーキングを兼ねて浜名湖ガーデンパークへ

梅雨といえば、アジサイの季節。はじめて「アジサイの小径」を歩いた。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1030168h
アジサイの傍らには、ユリが咲く。
C1_p1030155h

アジサイとユリがよりそうように咲き、美しさを競っていた。
B2_p1030148h_2
D1_p1030163h

アジサイとユリの花が梅雨の鬱陶しさを、ひととき忘れさせてくれた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

梅雨の四ツ池公園を彩る紫陽花

降ったり止んだりの雨、今日も近場の四ツ池公園に散策へ

こんな天気でも池の畔には釣り人や、散策する人が・・・・
(写真をクリックで拡大)
A1_p1020801h

色鮮やかな紫陽花が、うっとうしい梅雨を忘れさせてくれる。
C1_p1020946 C3_p1020978

雨に濡れた美しい紫陽花が、梅雨ならではの風情を感じさせてくれる。
B2_p1020823h
E1p1020829h
D1_p1020952h

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

紫陽花とササユリの共演

今日は梅雨の晴れ間。早速、初夏を彩る紫陽花とササユリの咲く奥山高原へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1020877h_3 
紫陽花が鮮やかに・・・・
A2_p1020892h
B1_p1020905 B2_p1020914
C1_p1020907 C2_p1020917

ササユリが点在して咲き、奥山の自然を可憐に彩る。
D2_p1020864h
E1_p1020853 E2_p1020860

紫陽花とササユリが美しさを共演する時季でもある。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

丘陵に輝くユリの花

今年もまた、斜面一面に色とりどりのユリが咲く「可睡ゆりの園」へ(6/10)。

木漏れ日に映えるユリの花は、癒しの彩。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1020737h
色彩豊かなユリが斜面にいっぱい咲いて。
E1_p1020727h

近くで眺めるユリも斜面の奥に咲くユリも美しい。
B1_p1020707h
C1_p1020762 C3_p1020710 C2_p1020711

清楚な白ユリが斜面一面に輝く。
D1_p1020762h

暫し、ユリの香に包まれ、カラフルなユリのグラデーションを満喫した。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

燃えるような夕焼け空

今日は梅雨前線の影響で朝から雨、昼前に止んで午後は曇天。

しかし、夕方になると雲の切れ間があらわれ、真っ赤な夕焼けに。
(写真をクリックで拡大)
A1_img_6748w
西側の窓が赤く染まり、外に出て見ると、まるで燃えるような夕焼け空が。
B1_img_6749w

明日は梅雨の晴れ間、蒸し暑くなりそう・・・
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

ネジバナ咲く万葉の森公園(浜北)

万葉の森公園に出かけるのは3ヶ月ぶり。

園内は緑濃く初夏の風情になっていた。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1020573h
曲水庭の芝生には初夏の野草ネジバナが咲く。
B1_p1020672h

園内には、ヒメユリ、桔梗、ナツツバキが咲く。
C1_p1020612 C2_p1020648 C3_p1020633

園内のあちらこちらに咲く紫陽花は見頃に・・・
D1_p102066h1

今日(6/8)東海地方も梅雨入りとのこと。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

梅雨入り間近

週明けには、梅雨入りとか。今日も朝から曇り空、午後には雨が降りだした。
午前中先週に続きまた、「はままつフラワーパーク」へ

紫陽花も一段と色濃く鮮やかになって。 (写真をクリックで拡大)
A2_p1020360h

野生アジサイ園もカラフルに。
C2_p1020382h
D1_p1020392h

梅雨の季節になり、菖蒲の花も色とりどりに咲きそろって。
E1_p1020471h_2
紫陽花と菖蒲は、梅雨の季節ならではの組合せ。
X2_p1020484h

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

ササユリ咲く(静岡県立森林公園)

6月に入り梅雨も間近にってきたけれど、午前中はカラッとしていて過ごしやすい。明日は雨の予報。急ぎ浜北の県立森林公園へ。

新緑の木陰を花を探して歩くのは気持ちのよいもの。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1020339h_3 
一週間前には、コアジサイが見頃であったが今は見る影もない。替わって、うぐいす谷親水広場近くに美しいササユリが咲いて・・・・
B1_p1020269h
C1_p1020315h
D1_p1020292h

以前は、ヤマアジサイはあちこちで見られたが、今は、あまり見られない。
E1_p1020312h
 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »