« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

秋の湿地①(浜北の森林公園)

前回、浜北の森林公園、三番池近くの湿地を訪れたのは、厳しい暑さの8月初め、「サワギキョウ」が咲き始めたころだった。

今は、「シラタマホシクサ」が湿地を白く彩る。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1050406h
スイランの鮮やかな黄色が湿地を明るくし「アザミ」には蝶が飛び交う。
B1_p1050382 B2_p1050389

「サワギキョウ」は満開、濃青紫の花は、秋の色。
C1_p1050415h

湿地の片隅に咲く「アケボノソウ」は花びらの斑点がとても印象的・・・
D1_p1050392h

湿地の周辺には、「ヤマホトトギス」も咲いていた。
F1_p1050385h

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

雨上がりの万葉の森公園

午前中、降っていた雨も、昼近くには止み、用事で半田町へ行った帰り、万葉の森公園へ。(9月25日)

雨露に濡れた曲水庭園の緑がきれい。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1050250h

周りには秋の花「フジバカマ」「桔梗」等が咲く
C1_p1050253 B2_p1050232 C2_p1050239

「ヤマハギ」が秋風に舞う。
E1_p1050227h

ケイトウや、ツリガネニンジン、そして彼岸花に雨粒が光る
D1_p1050241 D2_p1050245 F1_p1050229

風になびくススキの根元には、「ナンバンギセル」が顔をだしていた。
H1_p1050248h
G1_p1050224h

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

初秋の葦毛湿原

初秋の葦毛湿原を代表する花、「シラタマホシクサ」。

「シラタマホシクサ」は、湿原のあちらこちらで見られるが、個々の群落がさらに大きくなるともっと見栄えがするのだが。ちょっと残念。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1050362h_2
B1_p1050278 B2_p1050277_2

「イワショウブ」が実を付ける準備をしている。
C1_p1050311h

「スイラン」の黄色や、「サワシロギク」の赤く色付いた花が湿原に彩を。
D1_p1050299 D2_p1050267
「キセルアザミ」や「サワヒヨドリ」が咲き、湿原も秋の装いに・・・
E2_p1050296 E1_p1050266

葉には、赤トンボが止まり、近づいても逃げない。
F1_p1050289h

「ミミカキグサ」の3mm~4mm程の小さな花が一際目を引く。
G1_p1050316

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

庭の草刈りに

豊橋駅近くに、結婚後6年程暮らした家がある。浜松に転居。今は、空き家に。

それからは春と秋に、ご近所への挨拶と、家の清掃と庭の草取りに出かける。

今年は、春先の入院で、三ヶ月程遅くなり、昨日となってしまった。

家は、豊橋駅から5分程のところにある。  (写真をクリックで拡大)
A1_img_6975h

作業は1時間半程で終り、豊橋駅へ。
駅近くには、真新しい「穂の国とよはし芸術劇場プラット」がある。
B2_img_6979h

近くのヤマサちくわの直営店「ねりや花でん」で軽い昼食をとり、帰路に。
C3_img_6986_2 C4_img_6982

豊橋駅より大通りを望む。
D1_img_6991h


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

咲き誇るシラタマホシグサ

先日、県内の美しい風景や季節の移ろいを紹介するテレビで放映をしていた銅鐸公園へ。

北区細江町の銅鐸公園には、二段になった小さな湿地がある。
(写真をクリックで拡大)
A2_p1050215h

そこには、絶滅危惧種の「シラタマホシクサ」が開花。
A1_p1050185h
一面に咲いた様子が夜空の星を思わせることが名前の由来。
B1_p1050209h_2
シラタマホシクサを近くで見てみると・・・
C3_p1050203 C2_p1050196

湿地の周りには、サワシロギク、サワヒヨドリ、ミズギボウシ,が咲く。
D1_p1050199_2 D2_p1050192
E1_p1050189h
小さな公園だけれど、テレビを見て、訪れたいう人もちらほらと・・・
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

彼岸の墓参り(平成27年秋)

今日は、やや雲が多いものの墓参り日より、2台の車に分乗し3家族9名、豊橋まで彼岸の墓参りへ。

墓まわりをきれいにし、お花を飾り、線香を供え、手を合わす。家族全員が無事に過ごせたことに感謝。
(写真をクリックで拡大)
A1_img_6949w

墓参りの後の楽しみは食事。

豊橋の中心街、江戸時代に多くの人が行き交ったその街道沿いに店を構えて280年の菜めし田楽「きく宗」に寄る。
B1_img_6955 B2_p1250723

秘伝の八丁味噌のタレをかけた田楽はまさに絶品。
C1_p1250722h

いつまでも、家族全員がそろって、墓参りが出来るよう、健康でありたいものだ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

初秋の浜名湖ガーデンパーク

朝夕、涼しさを感じるこのごろ、 秋空には、ススキが映える季節となった。

昨日、一ヶ月ぶりに、初秋の浜名湖ガーデンパークへ。
(写真をクリックで」拡大)
A1_p1050172h

彼岸花の仲間が次々と咲き競っている。
B1_p1050126h
C1_p1050141 C2_p1050152

「シュウメイギク」が色鮮やかに。
E1_p1050090 E2_p1050092
F1_p1050160 F2_p1050161

淡い色の「アマリリス」も咲いていた。
H2_p1050170h

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

雨上がりの四ツ池に咲く彼岸花

明け方から雷雨。雷鳴で眠りを覚まされ、寝不足ぎみ。

午後は青空が出てきたので、雨上がりの四ツ池を一回り。
(写真をクリックで拡大)
C1_p1050068h

彼岸入に合わせるように、彼岸花が咲きだした。
A1_p1050047h
その周りには、ミズヒキの花も咲いていた。
B2_p1050077h

彼岸の21日は、家族で豊橋まで墓参りの予定。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

孫の祖父母参観会

下の孫の幼稚園の「祖父母参観会」へ。(9月14日)
(写真をクリックで拡大)
D1_img_6894h

一緒に紙コップと凧糸を使い飛び出す玩具を作るというもの。
B2_img_6885 B3_img_6940
C1_img_6907w
紙コップを軽く重ね、外側の紙コップを持ち糸を勢いよく下に引っ張ると重ねたコップが“ポン”と飛出す「びっくりぽん」を作り楽しんだ。

最後に孫からの蝶結びされた贈り物が手渡された。
E1_mg_6920_3

家で開けると、何と孫が書いた似顔絵だった。
A2_img_6937w 
家族の欲目か、見ていて微笑ましく、似てもいる。
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

長閑な田園風景(井伊谷)

気賀幼稚園の祖父母参観会の帰り、まだ早いかな?と思いつつ彼岸花を撮りに、井伊谷まで。

龍潭寺門前には、長閑な田園が広がる。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1050001_2

黄金色の田圃、畦道に咲く彼岸花と白鷺そして静寂。
B2_p1050004 B1_p1040992_2

間もなく秋のお彼岸。畦道は真っ赤に彩られることだろう。
C1_p1050015h

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

富幕山 秋の山開きウォークに参加して②

富幕山山頂までの中間地点、「いのしし展望台」でひと休み。

展望台からは、引佐の山々が霞んで見える。残念ながら富士山は見えない。             (写真をクリックで拡大)
A1_p1040834h
しばし、展望台からの眺望を楽しんだ後、山頂を目指す。

頂上までは、平坦な木の根道あり、急な階段あり、厳しい道のりが続く。
B1_p1040894_2 B2_p1040851
道脇には、涼しげなカラマツソウや、マツカゼソウが癒してくれる。
C1_p1040921 C2_p1040892
ワレモコウ、ナンバンギセルが、山道に彩を添える。
D1_p1040922 D2_p1040820_3

山頂に近づくにつれ、「マツムシソウ」も多く見られる。
E1_p1040864h

スタートして2時間弱で563mの山頂に到着。
G1_p1040859h_3
山頂からは、周辺の樹木の伸長により、奥浜名湖はのぞめない。

山頂で昼食をとり、帰路に。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

富幕山 秋の山開きウォークに参加して ①

秋の気配が漂い始めた昨日(9/5)、遠州自然研究会のガイドさんの案内で、富幕山の自然を楽しむことができた。

20名程度の3グループに分かれ、奥山林道を山頂に向けて。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1040792 A2_p1040795

引佐の山々の見える「らくらくコース」を進む。
D1_p1040955

薄暗い木立の森を通り抜けると程なく「いのしし展望台」
E2_p1040928 E1_p1040925

展望台周辺りには、「オミナエシ」「オトコエシ」「ヒヨドリバナ」など秋の花がいっぱい。
C3_p1040945 C1_p1040946 C4_p1040931
「マツムシソウ」には、蝶が飛び交う。
G2_p1040937h

ススキの根元の「ナンバンギセル」を見ると、富幕山に来たんだという実感が。
H1_p1040942h

一休みして、563mの山頂を目指す。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »