« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月29日 (水)

夏の豊橋向山大池公園

梅雨の晴れ間を利用して、墓参りへ。(6/27)

向山大池は、吉田城築城の際に作られた広さ約40,000平方メートルの人工のため池。 (写真をクリックで拡大)
A1_p1140436h
向山緑地公園の中にあり、池には橋が架かり周囲には遊歩道が整備されている。
C1_p1140449h C2_p1140448h

樹木が植えられた遊歩道に吹く風は心地よく・・・
C3_p1140432h

樹木の根元には「アジサイ」が咲く。、E1_p1140458h
水辺には「ミソハギ」が彩りを添えて・・・
D1_p1140440h_2
暫く、ご無沙汰していたお墓も、草刈り覚悟で出かけたが、きれいになっていてホット一安心!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

ササユリ咲く「はままつフラワーパーク」

アジサイ並木から水鳥の池の「大賀ハス」の可憐な淡紅色の花を見た後、木漏れ日さす山道をローズガーデンに向けて散策。 (写真を)クリックで拡大)
A1_p1140375h

ほどなく右手に、地元学園の生徒達が植栽した「フタバアオイ」が・・・
B1_p1140391h
葉の形がおもしろい。ハート形の葉が2枚から 「フタバアオイ」の名に。

山道の斜面には白いササユリ、ピンクのササユリがたくさん咲いて。
C1_p1140386h
E2_p1140395 D1_p1140376
D3_p1140385 E4_p1140380
F1_p1140404h_2

山道の終りは、「ローズガーデン」の入口。美しいバラも既に旬を過ぎて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

静かな「はままつフラワーパーク」

「花フェスタ2016」が閉幕し、静かになった「はままつフラワーパーク」へ。

アジサイの季節も間もなく終わりかなと、「アジサイ並木」へ。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1140336h
遠目でみるアジサイはまだまだ美しく。
B1_p1140357 B2_p1140358
スマイルガーデンの今・・・
A2_p1140341h

アジサイ並木南側の斜面には、まだササユリが1~2輪と咲いていた。
C1_p1140356 C2_p1140353

「水鳥の池」では、「大賀ハス」が咲いて。
D1_p1140373h

先回訪れたのは、花ショウブが見頃の頃。多くの客で賑わっていた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

梅雨の晴れ間(葦毛湿原)

梅雨の晴れ間(6/20)、3ヶ月ぶりに初夏の葦毛湿原へ。

駐車場から、岩崎自然歩道の木漏れ日の中を10分程で、「葦毛湿原入口」に。
(写真をクリックで拡大)
A0_p1140324h A1_p1140246h

湿原には、「ノハナショウブ」があちこちに咲く。
B1_p1140292h

木道近くに、カキランが咲く。花の色が柿に似ているから付けられたとか。
C1_p1140275h

直径1cm程のピンクの花を総状に付けた「トウカイモウセンゴケ」が。
D1_p1140316h_2
近くには、白い花を総状に付けたモウセンゴケも。

絶滅の危機に瀕してる蝶「ヒメヒカゲ」が飛んでいた。
E1_p1140317h
湿原の中は、人影も少なく、鳥の囀りが聞こえるのみ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

アジサイの小径(浜名湖ガーデンパーク)

「アジサイの小径」は、ガーデンパークの浜辺沿にあり木漏れ日の中。
(写真をクリックで拡大))A1_p1140215h

美しいアジサイとユリの花が鬱陶しい梅雨空を吹き飛ばすように咲き誇る。
A2_p1140214h
A3_p1140218h
アジサイの傍らに、ユリも咲いて。
B1_p1140221h
C1_p1140210 C2_p1140209
広い園内の中、四季折々の花が目を楽しませてくれる。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

ハスの花咲く(浜名湖ガーデンパーク)

梅雨の晴れ間。暑くなる前にと「浜名湖ガーデンパーク」へウォーキングに。

百華園(水面の庭)に咲くハスの花。朝、花を開き、夕方に花を閉じるという。  (写真をクリックで拡大)
A1_p1140150h
B1_p1140152 B2_p1140147

ユリが初夏の陽に映え眩しく輝く。
C1_p1140158h

紫陽花も色濃くなり見頃に。
E1_p1140137h
D1_p1140134h

浜名湖から吹く涼風がとても爽やかだった。
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

初夏の山を彩るアジサイとササユリ②

緑いっぱいの静かな「奥山高原」の山の斜面を彩る紫陽花とササユリを満喫した後、富幕山登山口に至る山道を散策。

紫陽花の向うには新緑の引佐の山が。  (写真をクリックで拡大)
A1_p1140113h
山道の斜面にはヤマユりが優雅に。
B2_p1140108h B1_p1140104h

見え隠れする植物園には、濃いピンク色のシモツケが。
C1_p1140103h
ウツボグサやホタルブクロが。
D1_p1140032 D2_p1140089
E1_p1140100h
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

初夏の山を彩るアジサイとササユリ

梅雨の晴れ間の昨日(6/11)、紫陽花・ササユリの咲く植物園「奥山高原」へ。

園内は、紫陽花のグラデーションが初夏の山を彩り、美しい。
(写真をクリックで拡大)
A3_p1140080h
A4_p1140065h
珍しい紫陽花も・・・
C4_p1140031 C2_p1140086 C3_p1140053
C1_p1140052 B2_p1140068 B1_p1140054

園内外には、ササユリが咲き、紫陽花とササユリの共演を楽しめた。
D3_p1140036h
D1_p1140104h D2_p1140090h
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

初夏の花咲く万葉の森公園(浜北)

前回、浜北の「万葉の森公園」を訪れたのは、桜が咲きはじめた頃。

曲水庭園は緑濃く初夏の彩に。        (写真をクリックで拡大)
A1_p1130985h 
日当たりの良い芝生には、野生ラン「ネジバナ」が小さな花を付けている。
B1_p1130981h

「なつつばき」が咲き、木の周囲には、落ちた花が広がって。
C1_p1130968h

水草「アザサ」や人の顔に似た葉の「オモダカ」も・・・
D1_p1130972 D2_p1130993
ヒメユリやキキョウも咲いて。
D3_p1130965 D4_p1140021

園内のあちらこちらで咲く紫陽花は見頃に・・・
E2_p1140016h
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

梅雨空に映える初夏の花(はままつフラワーパーク)

東海地方は、4日に梅雨入りした。今朝は今にも降り出しそうな梅雨空。午前中はもつだろうと「はままつフラワーパーク」へ。

フラワーパーク正面のウェルカムガーデンは、初夏の花々で飾られて。
(写真をクリックで拡大)
A0_p1130858h
ハナショウブと紫陽花がよく調和して・・・
B1_p1130920h
ハナショウブは見頃。多くの人達が訪れていた。
C1_p1130898h
D1_p1130868 D2_p1130867 D3_p1130895

アジサイ並木も色鮮やかに。
E1_p1130942 E2_p1130940

大温室の裏の斜面には、清楚なササユリがひっそり咲いていた。
F1_p1130951h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

ハナショウブ(加茂荘花鳥園)

花菖蒲の季節、掛川の加茂荘花鳥園へ。

古い庄屋屋敷「加茂荘」の門前に咲き広がるハナショウブ園、色とりどりの花菖蒲が咲き誇る。  (写真をクリックで拡大)
A1_p1130794h

淡い色合の創りだすグラデーションが見事。
B1_p1130732h
C1_p1130837h

時の経つのを忘れ、何時までも話が弾む老女が二人。
D1_p1130847h

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

ササユリ咲く(静岡県立森林公園)

浜北の森林公園に「コアジサイ」を探しに出かけたのは1週間前。その時、ササユリの蕾を見かけた。もう、咲くころとササユリの花を撮りに。(6/1)

「うぐいす谷の道」をゆっくり下り、「うぐいす谷親水広場」までを散策。
(写真をクリックで拡大)
A1_p1130654 A2_p1130703

道のすぐ傍に一輪、斜面に一輪と淡いピンク色のササユリが咲く。
B1_p1130647h
2輪~4輪と賑やかに花を付けて。
C1_p1130658h_2
C2_p1130684h
D1_p1130664h

「うぐいす谷親水広場」には、ヤマアジサイが色鮮やかに咲く。
E1_p1130696 E2_p1130688
ヤマアジサイは以前に比べて数が減少。残念!!
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »