2018年7月11日 (水)

旧三井家下鴨別邸(重要文化財)

二日目の朝も降り続く雨。三千院見学を諦め、帰路に。

途中、下鴨神社に隣接する旧三井家下鴨別邸に立ち寄った。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc04293hb
玄関棟
B1_dsc04306hb
主屋の観覧は1階部分と庭園だけで、2階・3階(望楼)は非公開
C1_kyumituikebhb
御座敷からは、苔地の庭に広がる濃い緑がきれい。
D1_dsc04303hb
E1_dsc04297hb
水屋と中庭
F1_dsc04300b F2_dsc04302b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

エクシブ京都 八瀬離宮へ

京都旅行の日(7月6日)は、各地で大雨。新幹線も浜松駅で大幅な遅れ。
約束済みだったので、とにかく京都までと新幹線に飛び乗った。
A0_dsc04228hb_4
正規時刻に対し100分遅れで京都着。
京都も雨は降りつづき、まず「世界遺産・二条城」見学へ。
続いて本日の宿泊場所である「エクシブ京都 八瀬離宮」へ。
A2_dsc04289b B1_dsc04290b_2
ホテルは濃い緑に囲まれ比叡の眼下に広がる静かな自然の中に建つ。
B3_dsc04279bh
夕食は、「鉄板コース」
C1_dsc04268hb_2
D1_dsc04269b_2 D2_dsc04270b
朝食は、「和食」
E1_dsc04282hb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

世界遺産二条城

以前からの計画で、義理の兄夫婦の招待で京都エクシブへの一泊旅行。
 
午前中は、京都観光。京都駅からほど近い世界遺産「二条城へ」
 
二条城は、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所のため築城。
写真をクリックでk拡大
A1_dsc04231hb
外堀の隅には、東南隅櫓、西南隅櫓(重要文化財)が残る。
B1_dsc04257b B2_dsc04258b

唐門(重要文化財)は、豪華絢爛な極彩色の彫刻を飾る。
C1_dsc04252hb

1867年、15代将軍慶喜が{大政奉還」の意志を表明。
D1_dsc04250hb_2

二の丸庭園、寛永3年後水尾天皇行幸のため小堀遠州のもとで改修
E1_dsc04246hb
二条城は平成6年、ユネスコ世界遺産に登録された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

高野山奥の院-2

「金の川」に架かる「中の橋」から、御廟川に向かう参道は無数の石塔が並ぶ。

参道に並ぶ歴史的人物の供養塔(五輪塔)を見ているとタイムスリップしたよう。
 (写真をクリックで拡大)
A2_dsc01211w
                      杉木立に囲まれた参道
中の橋を渡り、すぐのところに芭蕉の句碑が目にとまった。
   「父母のしきりに恋し雉の声」
B1_dsc01166_2 B2_dsc01212_2
                                芭蕉の句碑
崇源夫人五輪石塔(県指定 史跡)
奥の院最大の五輪塔は徳川2代将軍秀忠の正室・お江のもの、崇源院の供養塔。通称、一番石と呼ばれている。徳川忠長が母である崇源院の追善供養のために、1627年(寛永4)に建立した供養塔という。
C1_dsc01213_2 C2_dsc01222_2

松平秀康及び同母霊屋(重要文化財建物・世界遺産)
向かって右が越前松平初代当主である松平秀康を祀る霊屋で、西暦1607年(慶長12年)に二代当主忠直によって建立された。左側は秀康自身が母公を祀るために西暦1604年(慶長9年)に建立されたもの。
D1_dsc01180_3 D2_dsc01176_2

豊臣家墓所(県指定墓所)・織田信長墓所
この墓所の正面には、豊臣秀吉とその母、秀吉の弟である大納言秀長と夫人などの豊臣一族の墓。近くには、本能寺の変で遺体すら発見されなかった信長の墓所も・・・F1_dsc01182 F2_dsc01187

御廟橋より先は撮影禁止。この先には弘法大師の霊廟がある。
H1_dsc01195w
                           御廟川

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

高野山奥の院-1

高野山の旅の終わりは、聖なる地、霊場と呼ばれる、弘法大師の御廟のある奥の院を訪ねた。

奥の院は川と橋の三重構成になっている。一番初めの橋は街中を流れる「おどり川」に架かる「一の橋」、次は「金の川」に架かる「中の橋」、一番奥の御廟川にかかるのは「御廟橋」と呼ばれている。
A1_dsc01294
B1_dsc01296 B2_dsc01283
     おどり川に架かる一の橋            弘法大師御廟に向かう参道

先ず、「一の橋」から奥の院参道を中の橋までの参道に並ぶ、歴史上の人物の供養塔をたずねた。

武田信玄・勝頼墓所(県指定史跡)
武田信玄は、好敵手上杉謙信とともに乱世に生きた戦国武将。向かって左が武田信玄、右がその子武田勝頼供養塔。
C1_dsc01270 C2_dsc01272

上杉謙信霊屋(重要文化財建造物・世界遺産)
上杉謙信、景勝の廟墓。謙信は生前、高野山を2度訪れている。「謙信」の名は高野山の僧に授けられたもの。建物は、江戸初期頃の建立と推測されている。
D1_dsc01278 D2_dsc01274_2

井伊掃部頭の供養塔
井伊掃部頭は、彦根藩の藩政を努めた後に、一躍大老にとりたてられたが、江戸幕府最後の時期と重なり、その反動的な行政は著しく当時の人々から反感をかい、遂に1860年に江戸城桜田門外で水戸の浪士の闇討ちに遭って、殺された。井伊掃部頭の供養塔の両脇には、井伊家一族の供養塔が多く建てられている。
E1_dsc01262 E2_dsc01260

中の橋を渡るとすぐ汗かき地蔵がある。
汗かき地蔵は、常に人々の犯した罪に苦しみ、その苦しみを慈悲によって代わって受け、そのため汗を汗を流しているといわれている。
H1_dsc01238w
                           中の橋
G1_dsc01239 G3_dsc01236 G4_dsc01235
        中の橋            汗かき地蔵         樹木の中の地蔵尊
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

伽藍を訪ねて

伽藍とは、僧侶が集い修行をする閑静清浄な所を意味するという。

816年、朝廷より高野山の地を真言密教の修禅の地として賜った弘法大使は、この伽藍地域に寺院の建設を始めた。人里離れた地のため建設は難航。先ず西部の小高い台地に壇上伽藍から始め、金堂、大塔、西塔、僧坊等の建立に心血を注いだ。
 (写真をクリックすると拡大)
_3_2
                   伽藍堂塔配置
金剛峯寺から東塔東側付近までのびる小道「蛇腹路」を過ぎると伽藍地域となる。
A1_dsc01072 A2_dsc01070 A3_dsc01076
        蛇腹路              東塔               三昧堂
大塔は、816年から50年かけ、真言密教の根本道場におけるシンボルとして建立された。現在の建物は昭和12年再建されたもの。金堂は高野山の総本堂で年中行事の大半がここで行われる。
B4_dsc01083 C1_dsc01091
           根本大塔                       金堂
御影堂は、「弘法大師御影像」を奉安し、御影堂と名付けられた。高野山で最重要の聖域であり、限られた人しか堂内に入ることができない。
D1_dsc01112 D2_dsc01097 D3_dsc01098
        御影堂             准胝堂               孔雀堂
F1_dsc01104 F2_dsc01106 F5_dsc01103
        山王院             御社                鐘楼
西塔は887年、真然僧正が大塔に続いて建立。現在の塔は、天保5年に再建された。
G1_dsc01107w
                       西塔

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

高野山金剛峯寺

金剛峯寺という寺は、もとは豊臣秀吉が亡母の菩提を弔うために、この地に建立した青巌寺という寺である。
明治2年神仏分離令で、青巌寺の西にあった興山寺と合わせ金剛峰寺に改称された。それ以来、金剛峰寺は高野山真言宗の総本山となった。

石畳の参道を上っていくと、金剛峯寺正門がそびえている。
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc01008w
                       金剛峯寺正門
境内に入ると正面に東西54m、南北63mの大主殿がどっしりとした構えを見せている。この寺は、大主殿の他に、別殿、新別殿など、後庭には真然大徳廟などさまざまな建物がならび、輪奐の美をなしている。
B1_dsc01330 B2_dsc01348 B3_dsc01014_2 
       大主殿           大玄関と小玄関             鐘楼

C2_dsc01331 C1_dsc01019_2 C3_dsc01024
      大広間             主殿大廊下         柳の間(秀次自刃の間)
D1_dsc01026 D2_dsc01027 D5_dsc01030
       上壇の間                                中庭

E1_dsc01052 E2_dsc01058 E3_dsc01061
        奥書院      真然大徳廟(大師の甥)         台所(主殿裏)
主殿大広間前の大廊下を通り抜けると蟠龍庭に出る。蟠龍庭は石庭としてはわが国最大の庭。雲海の中で雌雄一対の龍が、奥殿を守っている姿を表わしている。
F2_dsc01034_2
                      奥殿と蟠龍庭

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

高野山で泊った宿坊

宿坊天徳院は、金剛峰寺の南、高野山大学の西にあり、重要文化財の庭園を持つ。
天徳院は、加賀百万石・前田利常公夫人珠姫(徳川二代将軍秀忠の娘)の菩提を弔っている。
 (写真をクリックで拡大)
A1_img_2466 A2_dsc01157
        天徳院山門                         お堂

山門横には、前田家の剣梅鉢の御紋の入った提灯が立ち、塀には由緒をあらわす五線の白い筋が入り、高い位の寺院であることがわかる。

客室は小堀遠州作「天徳院庭園」を囲むように建っている。残念ながら庭園は非公開のため部屋から眺めるのみ。
A3_dsc01158_4 D2_dsc01151_3 D1_dsc01153_2
      玄関             奥に見える庭園       
B1_dsc01145w
                    重要文化財「天徳院庭園」

朝六時半からは、本堂で行われるお勤めにも参加でき、日頃の生活とは異なる体験もできた。
C1_dsc01149 C2_img_2469
           本堂                          本堂内部

精進料理は、夕食は三の膳、朝食でも二の膳まで。高野山の旅にふさわしい料理を味わうことができた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

ヒメシャガ咲く寺

数千株ものヒメシャガが咲き、寺の境内を埋め 尽くしていると聞き、高野山三宝院へ。 
  (写真をクリックで拡大)
B1_dsc01321 C1_dsc01302_2
          高野山三宝院                   境内に咲くヒメシャガ

山門に入ると小さく可憐なヒメシャガが咲き誇っていた。
A0_dsc01310
遠慮がちに咲いて・・・
C4_dsc01318_2 C3_dsc01304

ヒメシャガ咲く庭では、ドウダンツツジ”もたくさんの赤い花をつけていた。
G3_dsc01313w

一時絶滅寸前だったヒメシャガを、住職が裏山に自生する10株を境内に移植。今では境内を埋め 尽くす様になったという。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

高野山の入口「女人堂」

小雨降る中、高野山を旅してきた。
三十年前。小学生の子供たちを連れ訪れたことがある。
2度目の旅は、徳川家霊台、金剛峰寺、檀上伽藍、奥ノ院などの地区をまわった。

高野山駅前から南海りんかんバスに乗ると最初のバス停が女人堂前。
明治5年まで女人禁止であった高野山へはここより山内に入ることができず、女人道を通って大師御廟へお参りをしたという。
かっては山内に入る七ツの入口にそれぞれ女人堂が建っていたが、今は不動坂にあるこの一つだけが現存する建物。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc01142w
                           女人堂

女人堂前から坂道を10分ほど下ると、少し奥まったところに、徳川家霊台と呼ばれる重要文化財がある。
このあたりは、昔、高野山の聖方の本寺にあたる大徳院という寺があったという。その裏山に、徳川三代将軍家光が創建した2棟の御霊屋がある。
C1_dsc01139 C2_dsc01138 C3_dsc01131
正面の石段を登ると、その上にさらに2棟の小さな堂が建っている。向かって右が家康霊屋、左が秀忠霊屋。
B1_dsc01133w_2
                徳川家康と秀忠を祀る東照宮(徳川家霊台)

こじんまりした霊廟建築。細部にいたるまで彫刻や飾り金具で技巧をこらした装飾が施されている。建造に10年の歳月をかけて、寛永20年(1643)に落成したとのこと。
D2_dsc01132 E2_img_2453
            家康霊屋                  家康を祀った薬師堂
D1_dsc01136 E1_img_2456
           秀忠霊屋                 秀忠の位牌を納めた位牌堂

両堂はそれぞれ透塀で囲まれている。その透塀を透して、外装の見事さを味わうことができた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧