2010年4月 1日 (木)

函館への旅~その8(大沼湖)

函館駅からJR函館本線「スーパー北斗」に乗り20分ほどで大沼公園駅に着いた。駅舎は大沼湖と小沼湖の間にあり、2~3分歩けば大沼湖畔に・・・
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc05030 A4_dsc05067
        大沼公園駅                      駅前に残る雪

雪一色に覆われた湖面と駒ケ岳山頂のコントラストは、素晴らしかった。
B3_img_5636 E5_img_5673 D3_dsc05048
                                                                                
大沼湖は、駒ケ岳の噴火で流出した泥流が山麓の渓流を塞ぎ、河水を塞き止めてできた湖。駒ケ岳は、度重なる火山爆発による荒々しい山頂部となだらかに広がる裾野も持つ山。
E2_dsc05058
             荒々しい山頂の駒ケ岳と凍りついた大沼湖

大沼湖畔から駒ケ岳を望む場所に、“「千の風になって」名曲誕生の地”という文字を刻んだプレートが設置されていた。今も湖面を千の風が吹きわたっているのだろうか。
C3_dsc05056 C2_img_5655

          大沼湖畔                    湖畔にあるモニュメント

函館からひと足のばしての旅だった。春まだ浅い北海道ならではの雄大な自然を満喫することが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

函館への旅~その7(立待岬)

立待岬は、函館山の南東端にあり北に函館市街、天気がよければ津軽海峡を望むことができる景勝地。
(写真をクリックで拡大)
A1_img_5616 A3_img_5618
          立待岬                        岬の海   
B1_dsc05016_5
                             北に函館の市街を望む

市電の終点、谷地頭から岬に向かう途中に、石川啄木一族の墓がある。その隣りに宮崎郁雨、砂山影二の歌碑がならぶ。立待岬には与謝野寛・晶子夫妻の歌碑もあった。

石川啄木一族の墓
C1_img_5602_4

石川啄木が函館に住んだのは明治40(1907)年5月から9月までの短い期間。離散していた家族を呼び寄せるなど、明るく楽しい生活を送っていた。「死ぬときは函館で・・・・・」と言わせたほど函館の人と風物をこよなく愛したが、明治45年4月病魔におかされ27歳の生涯を閉じた。ここに、啄木と妻、3人の愛児と両親が、津軽海峡の潮騒を聞きながら眠りについている。
墓碑には「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる」と記してあった。 
                       
影二の歌碑
C2_img_5604_2砂山影二は啄木を深く崇拝し、その短歌に傾倒していた。人生に懐疑的であった影二は、大正10年、青函連絡船から身を投じ、弱冠20歳の命を絶った。

「わがいのち この海峡の浪の間に 消ゆる日を想ふ 岬に立ちて」の歌碑がものがなしく立っていた。
                                 
郁雨の歌碑
C5_img_5607_2宮崎郁雨は啄木に物心両面にわたって暖かい援助を続け、明治42年、啄木の妻節子の妹ふき子と結婚した。
郁雨は家業の味噌製造業を継ぐかたわら、短歌づくり続け、昭和37年に亡くなった。

「蹣跚(まんさん)と夜道をたどる淋しさよ酒はひとりし飲むものならず」

与謝野寛・晶子夫妻の歌碑
C4_img_5612
浜菊を郁雨が引きて根に添ふる
  立待岬の岩かげの土     寛

啄木の草稿岡田先生の顔も忘れじ
  はこだてのこと         晶子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

函館への旅~その6(元町公園周辺)

元町公園を中心にしたエリアは、かって函館の行政の中心地だった。周辺には、各国の領事館や様々な宗派の教会・寺院が点在している。

函館山山麓の坂の途中には、歴史的建造物が点在している。それを眺めながら散策していると、往時の国際色豊な街の佇まいを垣間見る思いがした。 
(写真をクリックで拡大)
A1_dsc05001_2 A2_img_5564
       八幡坂からの眺め             映画やドラマの舞台となる八幡坂

旧函館区公会堂は、函館港を見下ろす高台に建っている。明治43年に建てられた左右対称のコロニアルスタイル。ブルーグレーとイエローの色が特徴的で美しい(重要文化財)。
B1_img_5568_2

                       旧函館区公会堂
B2_img_5575 B3_img_5577 B4_img_5569

  二階130坪の大広間       記念撮影の女性        元町公園からの眺望

元町公園は、江戸時代、松前藩の藩所や箱館奉行所が置かれていた。明治維新後は開拓使函館出張所や函館県庁函館区役所等が置かれ、常に行政府の中心となっていた。
C1_img_5583 C2_img_5582

  旧函館奉行所跡に函館支庁庁舎             開拓使函館支庁書籍庫

旧イギリス領事館は、函館が国際貿易港として開港した安政6年から75年間、ユニオンジャックをかかげ続け、異国情緒あふれる港町函館を彩ってきた。
D1_img_5585 D2_img_5589

       旧イギリス領事館                 再現された領事執務室

坂を下ると、大正5年に再建された相馬株式会社(旧米穀商)、大正15年に建てられた北海道最古の警察庁舎と函館市内で最も優れた土蔵造り店舗である太刀川家住宅店舗(明治末期の開港場の商家)が目にとまった。
E1_dsc05010 E2_img_5693 E3_img_5695
相馬株式会社(旧米穀商)     旧函館西警察署庁舎    太刀川家住宅店舗(重文)

函館山の麓は、海に向かって下る幾筋もの坂道があり、函館ならではの美しい景観に魅了された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

函館への旅~その5(元町教会群)

函館元町地区の高台に、古い教会が並ぶ一角がある。カトリック元町教会、聖ヨハネ教会、ハリストス正教会のなどが、ひと際異国情緒を感じさせてくれる。

なかでも一番存在感があるのがカトリック元町教会で、六角形のとがった塔や風見鶏のあるゴシックスタイルの建物。聖堂内部の祭壇は、日本で唯一ローマ法王ベネディクト15世より寄贈されたもの。 (写真をクリックで拡大)
B1_img_5520 
                      カトリック元町教会
B5_img_5515 B3_katoric_mot

           聖堂                     正面祭壇(教会パンフから)

近代的なデザインは、聖ヨハネ教会。白壁には十字架があしらわれ、茶色の屋根を上空から見ると十字架に見える建物。明治7年にイギリスの宣教師が伝道のためできた教会。現在の建物は大正4年に再建され、昭和54年に改築されたもの。
C2_img_5534

                      聖ヨハネ教会

ハリストス正教会は、1859年(安政6年)に初代ロシア領事館の付属施設として建立されたことに始まる教会。1907年(明治40年)の大火で類焼したが、1916年(大正5年)に聖堂はロシア風のビザンチン様式で再建された。国指定重要文化財。
D2_img_5555

                     ハリストス正教会
D1_img_5552 D4_harisutos_h

    ハリストス正教会正面                     祭壇(教会栞から)

ここは、旧函館区公会堂と函館山ロープウェイ山麓駅の中間付近に位置し、眼下に函館港を望む景色の美しいエリアだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

函館への旅~その4(トラピスチヌ修道院)

湯の川温泉街の近くに、日本初の女子修道院「函館・トラピスチヌ修道院」がある。
日本にある五つのトラピスチヌ修道院うち、最初(明治31年)にできた修道院とのこと。

修道院の入口を入るとすぐ「聖ミカエル像」と、やさしい眼差しの「聖母マリア像」が出迎えてくれた。 (写真をクリックで拡大)
A1_img_5495 A4_img_5496 A3_dsc04976 
     聖ミカエル像          聖母マリア像            修道院全景

修道院の庭に、「ルルドの洞窟」を模したものがある。・・・1858年、南フランスにある「ルルドの洞窟」で、近くに住んでいた14歳の少女の前に聖母マリアが現れた。少女が聖母のお告げ通りに地面を手で掘り返すと、泉が湧き出し、その水によって多く病人が癒された。
C1_dsc04977_2
 ルルドの洞窟は、祈りをささげる少女と聖母マリアとの対面シーンを模したもの。


「聖テレジア像」と、赤レンガの修道院。建物のやわらかな曲線が印象的・・・
C2_dsc04979_2 D1_img_5509_3 D2_img_5500_2
     聖テレジア像            司祭館        修道女の生活する建屋

修道院の庭から見える湯の川温泉街と函館山・・・
E2_dsc04981 E1_dsc04982_2

現在、60数名の修道女が、俗世から離れた世界で祈りと自給自足の生活を送っているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

函館への旅~その3(摩周丸)

以前本州と北海道を結ぶ海の拠点だった函館。その痕跡が函館駅周辺に残っていた。
   
岸壁に係留されている、かっての青函連絡船摩周丸と旧函館駅所在地の碑である。
 (写真をクリックで拡大)
A1_img_5450 A2_img_5453 A3_img_5491
      函館駅             駅改札口前              市電
  
青函連絡船は、鉄道連絡船で青森と函館を結んでいた。昭和63年3月13日、青函トンネル開通とともに終航となり、その後、函館港にて展示船となった。
B1_img_5456
                函館市青函連絡船記念館・摩周丸
C1_img_5464 C2_img_5474 C3_img_5462
       操舵室              船室                  サロン
C4_img_5463 D1_img_5465 D2_img_5477
       資料室               甲板             摩周丸の表示
   
函館駅から摩周丸への途中に旧函館駅の記念碑が・・・
E1_img_5482 E2_img_5483
        旧函館駅の記念碑             函館本線0マイル地点記念碑

かつて、函館駅のホームが現在の摩周丸近くのところまで延びてきていたと言う。当時の賑わいは今はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

函館への旅~その2(五稜郭)

函館では幕末、蝦夷地の守りを担う城となった五稜郭を訪れた。

五稜郭は、伝統的な日本の城郭とは異なる西洋式星型の城。旧幕府軍と明治新政府軍による、函館近隣を戦場にした箱館戦争の舞台となったところだ。
 (写真をクリックで拡大)
A1_dsc04953 A2_dsc04952 A3_dsc04965
    五稜郭跡の碑        五稜郭史跡案内板       五稜郭タワー(107m)

五稜郭タワーは、五稜郭の堀の外側に建つ高さ約107mの展望台。眼下に星型の城郭を見ることができた。
B1_img_5370
                        タワー展望台から見える星型の城郭
C1_img_5438 C4_dsc04964
            外堀                    箱館奉行所は工事中

タワー1階ロビー休憩所には・・・
D1_img_5407_3 D2_dsc04968_3

             大砲                    土方歳三の立像

タワー展望台を一回りすれば、函館山、函館市街、周辺の山々、海の向こうには半島も・・・
E1_img_5378_2 E2_dsc04970_2

      函館山(左側は立待岬)            山頂(函館山)のアンテナ 
F1_img_5372_2 F2_img_5376_2 F4_img_5375_2

   雪の眩しい山々             街並み         海の向こうに半島が・・・

この日はことのほか風が強く、寒さが一段と身にしみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

函館の旅~1

3月とはいえ、いまだ雪の残る函館の旅を楽しんできた。天候に恵まれ、市電を利用し観光スポットをゆっくり巡ってきた。 (写真をクリックで拡大)
A1_img_5363_4 A3_img_5490_2
 東京に向かう新幹線からの富士山                函館市街

函館山からの眺望
B1_dsc05083

函館の数々の歴史や文化遺産を知ることができたらと思いつつ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)